FC2ブログ

Post

        

寒がりが治った?シュウトメちゃん

category - 日記
2016/ 05/ 21
                 
施設のシュウトメちゃんに会いに行きましたら、
あの寒がりのシュウトメちゃんが「薄手のパジャマを持ってきて」とおっしゃる。

ここに少し入ってますよ、と入所時に持ってきたパジャマ入れから
薄手のを出すと、「ああ、そこにあったのか」と答えました。
入所時に説明したんですけどね、忘れちゃったのね。
忘れても、探せばあったのに、ないと思いこんでいたのでしょう。

外気温が28度で、私は半そででも暑かったときも、
暖房を30度にして、長袖シャツ・長袖(薄手)セーターの上に
長袖のカーディガンをはおっていたシュウトメちゃんが、
やっと「薄手のパジャマが欲しい」という気持ちになりました!よかった!(笑)

「パジャマだけでなく、服も薄手のを多めに持って来ましょうね」と答えました。
パジャマ限定で、薄手のを、と頼むのが少し腑に落ちなかったのです。
昼間の方が暑いですよね??

今日も夏日で暑かったですが、シュウトメちゃんの服は、薄手のセーターでした。
「服も、もっと薄手の方がちょうどいいんじゃない?」
そう言うと、「じゃ、今から着替える」とシュウトメちゃん。
え?と思いましたが、セーターに、ついさっきお茶をこぼしました、みたいなシミを発見。
すぐ洗った方が良さそうですし、本人も着替える気持ちになっていたので、
「ついでにシャツも替えますか?」と聞くと、替えるとのこと。

シャツも長袖でしたけど、半袖の方が・・と言いかけてやめました。
夜は多分そんなに暑くないし、パジャマは薄手のを着るのですから、
急に半そでにしない方がいいかもと思い直したんです。
「半袖シャツはここに入っているから、暑い日にはこれを着てね」と言うだけにしました。

家にいる間、温室みたいな温度の部屋で厚着していたのですが、
あれってもしかして「家は寒い」と思いこんでいるせいだったかも??

実際は古い和室を洋室にリフォームして、気密性は増しているし、
サッシの窓もペアグラスにしているし、寒い部屋ではないんですが、
長い間、古い和室に住むことに固執していたので、
その間は、気密性の低~い部屋で、寒かったんです。
イメージの威力の結果だったかも?(謎)

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
母もようやく昨日になって「半袖のシャツにしょうかな」と言っていました^_^;
寒がりなんですよね。
思い込みが強くって。
だんだんそうなるのかしら^_^;
No title
おはようございます(^^)。

歳を重ねると外温が感じなくなる?どのお年寄りも感覚が少しづつ鈍るようですね。。。

楽しい日曜日を!!
今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
温度調節がうまく行かなくなるんです。
機能劣化ですから仕方ありませんね。

それにしても相変わらずきめの細かいお世話ぶりで、オシュウトメサン感謝しないといけませんね。
でも感謝を受けなければ、それだけkoalaさんは、天に得を積み上げることになるので結構なのですが。
No title
もこさんへ

年を取ると、新陳代謝も落ちるので、寒がりになりますよね。
ただ、シュウトメちゃんのは、夏日に部屋で30度で厚着という
ちょっと度を越した感じだったので・・。

思い込みを訂正するのは、脳の柔軟性が必要なので、
個人差が大きいとは思いますが、思い込みは強くなりがちかと思います。
No title
みゆきママさんへ

どのお年寄りもそういう感じですよね。
車椅子で過ごすということは、歩かないということ。
足が冷えるんです。血行不良です。
それにしても度を越していて、ケアマネさんが熱中症になりますよ!と
大きな声を思わず出したくらいでした。
南国は、老後に優しいですね。
No title
sioさんへ

今更、義姉やオットが介護に手を貸してくれるとは思いませんが、
介護生活が長いので、疲れが出てるのは否定できません。
叔母とダブルになってからでも、もう10年ですし。
これも運命でしょうか。

きめ細かいとは言えません。
例えば、実母の時は、よく家で足湯をしていました。
20分、時々熱いお湯をバケツに足しながら、
バケツ足湯をしてあげると、身体がホカホカするんですよ。
実母の時は進んでやってあげたいと思い、シュウトメちゃんだと面倒くさいと思う
自分の思いと直面したのでありました。