FC2ブログ

Post

        

シュウトメちゃんの帰宅週間(9日~16日)が近づいています 

category - 日記
2016/ 05/ 04
                 
今日の仕事を乗り切れば、明日はお休み。
明後日と死の次は仕事だけど、日曜日はお休み。
そして月曜日から次の月曜日まで、シュウトメちゃんの一時帰宅です。

シュウトメちゃんは、施設は嫌な人もいて、気を遣うんだよと強調します。
家はいい、気を遣わなくていいから、すごく楽だ、とも言います。
その代り、嫁が気を遣っているのですよ~とは言えませんけど、
紙パンツの上げ下げや、尿取りパッドの交換も嫁の仕事なのに、
気を遣わないでいい、と言い切れるシュウトメちゃんって、ある意味すごい。(笑)
まあ、変に気を遣われて、卑屈になられても困るので、それでいいですが。

私が気を遣うのは、とにかく骨折させたら寝たきりまっしぐら、という点です。
トイレまで自力で車椅子をこいで行くことができるのですが、
そこから先、立ち上がって、パンツを下げるというのがほぼ無理。

だから、トイレまで自分で行かないで、行く前に呼んで、というのですが、
この「ほぼ無理」の「ほぼ」が曲者なんですね。
施設では自分で出来ると言い張って、自分で行ってしまうんです。

そうならないように、なるべく頻繁に「トイレはいいですか?」って声をかけるのですが、
「大丈夫」と答えた10分後に、行きたくなることだってありますよねぇ。
でも私としては、「トイレはいいですか?今からご飯を作るので、その前に行っておく?」
と聞いて「大丈夫」と言われたら、せめて30分くらいは大丈夫かと思って、
キッチンにこもっていると、その間にトイレに行ってしまったりします。

トイレの中で困ってしまって、私を呼ぶのですが、
キッチンとトイレとの間にはシュウトメちゃんの部屋があります。
耳の遠いシュウトメちゃんの部屋ではテレビが大きなボリュームで音を出していて、
シュウトメちゃんの声はそれに対して小さいのです。
おまけにキッチンではジュウジュウフライパンが音を立てたり、
換気扇の音がしていたりします。
シュウトメちゃんの声なんて、聞こえない環境です。

そろそろ見に行かないと、と部屋に行くと、シュウトメちゃん不在。
ということは・・・とトイレに行くと、案の定、トイレで怒っています。
「ずっと何回も呼んだのに」と言います。

トイレに行くのも、キッチンに行くのも、距離は変わらないんだから、
私に声をかけてくれたら、怒鳴らなくていいんだよと言っても、
もしも自分でトイレに行って、無理に立って転んだら、
骨が折れて寝たきりになっちゃうかもしれないんだよ、と言っても、
施設では自分の部屋のトイレで用を足せている、と答えるシュウトメちゃん。

でも家ではできないんだから、家では私を呼ばなくちゃいけない、
寝たきりになったら、どんなに後悔しても遅いんだよとまで言うんですが、
どうもその理屈が脳みそに浸透しないらしいのです。

たった7日間の帰宅ですし、その間はずっと仕事は休みにしてあるので、
気をつけて頻繁に見に行けば、多分大丈夫なんですけど、
寝たきりになるかもしれない、それは私の注意に掛かっていると思うと、すごく気が重いです。
シュウトメちゃんの想像力では、そういう私の気苦労を想像するのは無理でしょう。

そもそも、そういう想像力がないので、私が実家の母のことで忙しかった時に、
義姉たちにしつこく愚痴の電話をして嫌われてしまいました。

愚痴のごみ箱にされる気分を想像できないから、義姉たちを愚痴のごみ箱にしちゃったわけです。
実の娘の気持ちを想像できていたら、そんなことは出来なかったでしょう。
嫁なのに毎日実家に行ってしまう私の愚痴が多かったようですが、
実の母が末期がんで余命宣告されたので、毎日実家に行っていたのです。
私の気持ちが想像できたら、毎日愚痴が湧いてくることもなかったでしょう。
私をかばったオットにもさんざん罵倒の言葉を浴びせたのですが、
どのケースも、自分の感情のコントロールが出来なくて、
小さなことに過剰反応して、感情をダダ漏れさせることしかできなかったシュウトメちゃんです。

それは脳卒中を経験した際に受けた脳のダメージがそうさせたのかもしれません。
長い時間接してきた経験から、今はそう思えます。
それだけじゃなくて、性格も大きいとは思いますが、性格だけじゃないかもしれません。

上の義姉は、こんこんとシュウトメちゃんに説教し、
下の義姉は、上の義姉の話にうなづきます。
結婚以来専業主婦の下の義姉は、自活して苦労している上の義姉を尊敬しています。
最近、そのことに気が付いた私は、とりあえず、姉妹は仲がいいと安心しています。

シュウトメちゃんは下を向いて神妙にしていますが、多分あまり話を聞いていません。
施設に会いに来ない代わりに、自宅に戻ったら会いに来ると義姉たちは言うので、
いつからいつまで帰宅か、オットから連絡してもらっています。

今回の連絡をまだしてくれないので、私はそれを思うと、ストレスで気持ち悪いのです。
私はこの件にはかかわらないと決めているので、ストレスを感じなくていいのですが、
実の姉に電話もしたくないオットの気持ちもストレス、
頼んでもすぐに電話しないオットもストレス。

シュウトメちゃんの下の世話、食事の世話、着衣の世話、愚痴を含む話し相手、
市役所やデイサービスやケアマネさんや施設の相談員さんとの打ち合わせ、
全部私がやってて、オットは電話するだけなのに、それから逃げるわけ?という
気持が渦巻いて、ストレスになっているような気がします。
小さいなぁ、私。

義姉たちからは、GW明けに帰るのがわかってて、決まった?というメールもないんだぜと
オットは自分を正当化しますが、そんなのずっと前からのことなのに今更それが何?
今夜オットの帰宅が遅くなければすぐ電話してもらおうかな。
昨日は帰宅が遅かったんですよ。今日も遅ければ明日、見てる前で電話してもらおう・・。

このブログが、愚痴のごみ箱にならないように気をつけなくてはいけないかも。
でも、ブログっていうのは、嫌なら読まないということができるので安心です。
あと、私はわりに冷静な方だと思うので、過剰反応してヒステリーという道は、
たどらないで済んでいくような気がします。これもちょっと安心なポイント。

さあ、お天気のいい祝日になりました。
勤務先はきっと混むことでしょう~。
お客様の祝日が素敵な1日でありますようにという気持ちで、
勤務に励みたいと思います~。

このブログを読んでくださるどなたをも、私は愚痴のごみ箱になどしたくありません。
ブログは私にとって、客観的に自分を見つめる大事なツールです。
ご不快な気持ちになられた方がいらしたらごめんなさいね。


スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
koalaさん、ちっとも小っちゃくないですよぉ~。
お気持ち解りますわ~。むしろ大きいです。

結局、義姉さん達も、koalaさんに丸投げ状態みたいですよねぇ~。施設にこそ面会に行ってあげたらいいのに、と思いますわ。

うちのオットも自分のお母さんのことなのに、他人事みたいでした。ジェスチャーだけだな、と思ってみていました。そんなことがストレスでした。

koalaさんにしてみたら、そんな温度差がストレスですよね。
No title
何もかも一人で背負っていらっしゃるのだから、それはストレスがたまるでしょうね。
誰からも感謝の言葉がないでしょうから余計ですね。しかし、こういうことは見る人は見ている(まあ、神様ですが)に違いありません。

愚痴をいいながらでもオシュウトメサンの面倒を見たいるのは、人間として大したものだと思います。
No title
おはようございます(^^)。

人間には適度なストレスは良いのですが過剰になると大変です、どこかで少しは良いんじゃないでしょうか?
兎に角介護・介助は本当に大変です「ありがとう」の感謝の言葉が欲しいものですが。。。
人間の脳はそれ程単純なものでも有るのですhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s379.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
ミセスRさんへ

うちのオットとミセスRさんのご主人って、
少し似たところがありますよね。

もっとこういう母親ですいて欲しかったのに
現実は違って淋しいのかななどと想像していますが、
現実の義母さんだって、自分のできる範囲で頑張って来たのでしょうけどね。

電話もまだしてくれないんです。
頼んでるのに。(涙)
No title
sioさんへ

意外に思われるかもしれませんが、
私は特に感謝の言葉はいらないんです。
言葉としては、文句が出なければそれで十分です。

でも、嫁の仕事だと思っているのを見ると、
親孝行が仕事?っていう違和感が沸いて疲れます。
No title
みゆきママさんへ

シュウトメちゃんは、昔から家で何回もら転倒しています。
骨折して入院もしまして、その度に足が弱くなり、
リハビリして復活というコースをたどってきました。
でももう86才で、ただでさえ歩けない、
立っているのも短時間しか無理という状態なので、
今度骨折したら寝たきりでしょう。
私が注意を怠るとその可能性が高まるというのはかなりのストレスです。
義姉たちはもちろんオットもそのストレスとは無縁で、理解できないでしょうけど。