FC2ブログ
2016/02/26

Post

        

頑張れ、シュウトメちゃん

category - 日記
2016/ 02/ 26
                 
昨日、シュウトメちゃんの施設に行く途中にある踏切で、
駅の横の踏切で、電車の通過を待っていたとこのこと。
遮断機の棒が遮断機の信号に引っかかるアクシデントが!

電車の運転手さん?が降りてきて、一生懸命に外そうとしたですが、外れません。
発車時間が少し遅れたと思いますが、大幅に遅らせるわけにはいかないのでしょう、
その運転手さんはどなたかに連絡して、電車をまた発車させていきました。
仕方ないですよね。

その後、6つくらいの電車が行き来したと思います。
ここを通る時は、最徐行くらいのスピードでした。




わかるかな?
遮断機の棒が引っかかっています。




こちらの画像は、棒が外れたところ。
間違い探しみたいに見ていただけるとわかると思います。

連絡を受けたらしい方たちが、外そうと奮戦されて、何とか、棒は外れました。
それで一件落着かと思いきや、センサーの故障か何か知りませんが、
全部降りた状態になった遮断機の棒、今度は全く上がらなくなりました。
4本すべての遮断機の棒は降りたまま、遮断機のカンカンカンという警告音は鳴りっぱなし。

最初は、これってみんなで車から降りて、手伝ったらどうなのかな?なんて思いましたが、
奮戦している方の様子を見る限り、誰かが手伝えるということではないようでした。
任された人も、外れないよ、どうしよう、でも頑張るしかないよな?って
思っているのだろうなと、車の中から、頑張って~と口にはしないけどエールを送りました。

最初は、急ぐわけではないので、時間は気にしていなかったのですが、
遮断機の警告音で、頭が痛くなってきました。

私は遮断機の一番前に止まっていたので、身動き取れませんでした。
後ろから来た車は、Uターンして、踏切を避けて違う道に行けたのですが、
先頭から3台分くらいは、身動き取れません。

何とか、遮断機は上がり、警告音から解放されて、ほっとしました。
音が大音量で辛いと思い始めてから時計を気にして、10分経っていたので、
全部で15分くらいは、カンカンカンという警告音を聞いていたのだと思います。
付近の住民さん、何事?と思われたでしょうね。
私ももし時間が決まっている急ぎの道中だったら、さぞイライラしたと思います。

最初に電車から降りてきた運転手さんも、どうしたら?!と思ったでしょうね。
遮断機の棒が信号に引っかかった際にはこうしましょうなんてマニュアルが
あるとは思えないですからね。私も初めて見ました。
後で同僚やご家族に、びっくりしたよ~なんてお話したんじゃないでしょうか。

想定外のことが起きることがある、というのを目の前で見せていただきました。
人身事故とかでなくて本当に良かった・・・。
轢死を見ちゃうのと、遮断機の棒と奮戦してくれる人を見るのとでは全然違います。



シュウトメちゃんは、少し胃の調子が快方に向かっているようでした。
私が結婚して一緒に暮らし始めたころから、胃の不調はすでにあって、
「たくさん薬を飲んでいるから仕方ない」って言っていましたから、
それから30年以上経って、胃の不調が突然消えるなんてことはまずありえないので、
吐いたり、食欲が失せたりという事態が無くなっただけでも、
薬を変更していただいた効果ありだと思いました。

シュウトメちゃん自身は「すっきりしない。」と不満げだったのですが、
「おばあちゃん、悪いけど、私が嫁いできた時からずっとそう言ってるから、
ある程度は仕方ないかもしれないね。『わしはたくさん薬を飲んでいるから
胃がずっと悪いんだ』って、32年前に言ってたよ。」と言うと、
「そうだったかな。わしは薬で生きされてるようなもんだからな。
ご飯は食べられるようになって、元気も出たから、歩行練習もできるようになったし、
少しはよくなったかな」と答えていました。

そう、シュウトメちゃんは、なんと、歩行練習ができるまでに回復したんです。
立ち上がるのが少し大変にさえなってきていたのに。
85歳の復活、すごいですよね。
シュウトメちゃんには「暖かくなったらいったん家に帰る」というのが大きな目標になっていて、
それがあるから頑張れるというのです。

すごいなぁと思います。
家に帰るって、そんなにすごいことなんですね。
私みたいに諦めの早い性格だったら、さっさと歩けなくなっている気もします。
「家に帰れるように頑張ってね」とはっぱをかけてきました。

帰宅したら大変なんですけど、ここまで思われたら応援したいです。
でないと、あっという間に老けて、弱って、寝たきりになって、呆けちゃいそう。
頑張れ、シュウトメちゃん。

シュウトメちゃんに、来る前に、踏切で遮断機の棒がね・・・と説明したんですが、
全く理解できないのがわかる生返事をしていました。(笑)





スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おはようございます(^^)。

どちらも良かったです(笑)。
姑さんが歩行練習…嬉しいですね!人間は気力が一番大事です、どうぞ励まし続けて上げて下さいませhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s376.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
おはようございます。
遮断機のお話ビックリですね!(^。^)初めてお聞きしました。

シュウトメちゃん歩行訓練が出来るようになってよかったですね!
長生きしていただくには、自分で歩けるようになるのが一番良いですから…
でも、85歳くらいの方の復活力には驚きます。
お医者に見放されても復活してらっしゃる方多いです。(^。^)
義兄ももう駄目と言われて、5月で、1年たちます。
No title
シュウトメちゃん素晴しいですね。
気の持ちようという事はよく耳にしますが、
目の当たりにすると人知の及ばないことはまだまだ多いと思いますね。
戻られたら戻られたで大変でしょうが、ここは私も一緒にエールを送ります。

遮断機のアクシデントは不思議な気がします。
構造上、棒と信号が交差するなんて。
宜しくお願いいたします。ほど強い風でもふいたのでしょうか。
No title
おはようございます。
お姑ちゃんが家に帰りたくて、歩行に励まれて~大変だけど、嬉しいですね。koalaさんの心配りが伝わっているようで、お姑ちゃんは気力が湧いておられるんですねhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/088.png">
No title
シュウトメさん、カッコいいです。
前向きな姿に拍手を贈りたいです。
No title
遮断機は大事にならず良かったです。

お姑さん、すごい!頑張れ~~!!
人間の気力って免疫力ぜったい上がりますよね。
応援してます!
No title
みゆきママさんへ

ありがとうございます。
シュウトメちゃんはこのまま立てなくなっていくと感じていました。
歩行練習だなんて!
夜にオムツになったのが、逆にカンフル剤になったのかもしれません。
とにかく、頑張る気力が湧いてきているのがありがたいです。
No title
みつきさんへ

遮断機の件は私もとても驚きました。
どうなるんだろう?って思いましたし、
カンカンカンというあの音、ずっと聞いているとあまりに大音量で、
頭は痛くなってきて困りました。

義兄さんも、頑張っておいでですね!
私の父も、あと6か月と言われて3年弱、母も3か月持たないと言われて
1年7か月生きながらえました。
オットのいとこは1年と言われてから30年ほど経ちますが、そこそこ元気です。
人体は不思議ですね。
No title
悦子さんへ

シュウトメちゃんは、よく言えばとても頑張り屋さんなんです。
悪く言えば、とてもしつこくて諦めが悪いんです。
何十年も前のことでも、頭にきたことはずっと根に持っています。(笑)

物事の良し悪しなんて、見る側面で変わるっていう見本のようです。

老人ホームと違って、リハビリの専門家のいる老健なので、
毎日、運動の時間があって、リハビリを励ましてもらえます。
とてもありがたいです。

遮断機は大謎です。風はあまりなかったんですよ・・・。
No title
ライムさんへ

冷たいようですが、夜はオムツになってしまったし、
年も年だし、足も弱ってきたしということで、
このままだんだんオムツになっていくのかなと思っていました。
老健のお友達が、転んで骨折して、立ち上がることが出来なくなったので、
自宅に帰れなくなってしまったんです。
自分はまだ自宅へ帰りたい!と頑張りだしたのかもしれません。
No title
まきちゃんさんへ

ありがとうございます。
歩行練習をしていると聞いて、一瞬、耳を疑いました。
老健は、みんなが集まって、見守りの中、リハビリするんですが、
スタッフさんも上手に励ましてくれるので、有難いです。
No title
ねえねさんへ

遮断機、田舎の駅なので、もちろんイライラした人もいたでしょうが、
みんなで渡ってしまえ~!なんてことをする人は1人もいなくて、
大人しく長いこと待っていたので、よかったんですよね。
その時はそれが当たり前と思いましたが、そうでない可能性もあったと
後で思いました。そうしたら事故になっていたかも。

シュウトメちゃんの気力はすごいですよね。
大したものだと思いました。