FC2ブログ

Post

        

ご縁のある人と、一緒にご飯食べて、リアルにおしゃべりするのって、 大事なんだよね

category - 日記
2016/ 02/ 18
                 
昨日は仕事休みで、午前中にはグラビティエクササイズの教室で運動、
午後は髪にパーマをかけて、夜は家族で久々に外食しました。

20代後半の長男長女は独身で、同じ家に住んでいますが、
食事を一緒にということはありません。
食事の支度がしてあるのを、みんな好きな時間に自分で温めて食べ、
食器は各自洗うという、食事つき下宿所みたいな感じになってます。
それぞれ帰宅時間が違うのもありますし、
私とオットは基本、離れの家で食事するのもあります。

オットとは食べに行きますが、子供たちとオットと4人一緒の外食は、
めったにしなくなって久しいんですが・・今年初めてかも。
子どもたちもそれぞれ別にはよく外食しますが、親とはね~。(笑)
やっぱりたまには家族一緒にご飯食べて会話するのもいいですね。

家族と食事の際はあまり写真を撮らないようにしているので、
写真はないんですけど、なかなかいい雰囲気のお店でした。
簡単なお任せコースが予約してあったのですが、
長男はアヒージョが、長女はエイヒレが好きで、両方入っててよかったです。



私は次の土曜日には、20年ほど会っていない友人とランチします。
昨年、高千穂旅行に行っているとき、その友人からラインがあったのですが、
その時、彼女のお兄さんが、がんの末期で、辛かった彼女がラインしてくれたんです。
それ以来、たまにラインで話すようになりました。

彼女は保育園からずっと一緒の幼馴染で、仲良しだったんですが、
結婚して子供が出来て、何となく疎遠になっていって、
年賀状だけのお付き合いになっていました。
彼女のお母様が亡くなったと知らせをいただいたときに、お葬式に行きました。
でもそれ以来、特に会っていないので、本当に久しぶりです。

ご縁のある人と、一緒にご飯食べて、リアルにおしゃべりするのって、
大事なんだよね…としみじみ思います。

実は、彼女からラインで、土曜日空いてる?とお誘いのあったおなじ日に、
職場で、30年ぶりくらいに会った昔の友人に声をかけられました。
独身時代の友人で、やはり年賀状だけのお付き合いになっていた人。
職場で名札をつけているので、似てる?!と思った友人が、
名札をチェックして、声をかけてくれたのですが、びっくりでした。

そして同じ日に、高校時代の友人からショートメールが来ていまして、
4人で一緒に会わない?という内容だったので、またびっくり。
こちらは1年ぶりくらいなんですが、最初は再来週の土曜日空いてる?との話でした。
空いてる~とお返事しましたが、その日、4人のうちの1人のお母様が亡くなり、
お食事会どころではなくなりました。

でも多分、その食事会の話がなければ、彼女のお母さんが亡くなったことを
こんなに早く知ることにはならなかったと思います。
お悔みを言うことができて、少しでも友人が癒されたら嬉しいと思いました。

3月初めにも別の友人と会いますが、彼女は昨年お父様を亡くしたばかりです。

死は忌むべきものではないけれど、親しい人に会えなくなるのは淋しいこと。
でも死んでいく人たちは、その淋しさを教えてくれることで、
限られた命の大切さを伝えてくれているんですね。

子どもたちもいずれ私にさよならするんです。
その時はやはり淋しいだろうけど、立派に命の大切さを伝えてあげたいなぁ。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
子供にいのちの喜びを伝達するには、親自身が人生を楽しい物、肯定できるものとして生活しなければいけないのでしょうね。

私は、ほとんど(まだ可能性はあるので)失敗しました。
No title
子供が大人になると(日本語ヘンかな?)同じ家に住んでても、
家庭内別居みたいになりますよね。
それぞれ生活パターンが違うから。

100歳くらいまで長生きして老老介護もあるけれど、
すごい長寿じゃなければ、親とのお付き合いって、
人生の半分くらい。
No title
おはようございます(^^)。

其々の生活が有り疎遠…仕方が無い事ですが時には会ってお喋りし共に食事を、、、素晴らしいひと時ですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s14.gif">
命の重さ尊さその人の生き方や感じ方etc共感や感動も身近で感じられますものねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s87.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s379.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s376.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
我が家でも時々息子を誘って食事に行きます。
疎遠になっている友達とはなかなか声掛けできないのが現実です。
年賀状では今年こそは会おうね!と言うのですが…
正月明けて直ぐに電話すればいいのですが…時間が過ぎると…
No title
sioさんへ

sioさんともあろう方が、何を失敗だなんて・・・。
理想が高すぎるのですね、きっと。

私も、こうも出来た、ああも出来たと考えれば、
とんでもなく欠損の多い親ですけど、
振り返ってみたら、その時の自分にはそれしかできなかったと
認めざるを得ないので、よしとしております。(苦笑)
No title
ねえねさんへ

家庭内別居どころか、本当は自活させた方がいいのだろうと思います。
私の職場の大学生の子たちは、下宿して家事して、勉強も部活も頑張っててすごいと思います。
でも、子供が自活している友人に話を聞くと、ご飯はコンビニ調達、
部屋の掃除する時間がないみたいだから、掃除しに行くという友人が数人。
ま、いっか・・・で、うちは家庭内別居状態、たまに一緒にご飯、です。
No title
みゆきママさんへ

友人とは少なくとも20年は会っていなくて、でも30年ってことはないんじゃ?と
お互い、前回いつ会ったか覚えていない体たらくでした。(笑)
でも、待ち合わせ場所で一目見て、お互いすぐわかりましたし、
すぐに話も弾んで、楽しい時間を過ごしました。
共感することがたくさんあって、価値観が似てるんでしょうね。
No title
みつきさんへ

みつきさんは、お洒落なお店でお子さんとあったりなさいますよね。
私は今回は炭火焼の、こじゃれた居酒屋さんというタイプのお店にしたので、
お会計も高額でなく、お財布にも優しかったです。(苦笑)

疎遠になっていた人と、実際に会いましょうということになるのは、
向こうは別に会いたくないかもしれないなんて思うと(私の場合)
ちょっと躊躇しますが、今回はお誘いをいただいたので。
場所は私が調べてセッティングしましたが、楽しかったです。