FC2ブログ

Post

        

昨日は忘年会でした

category - 日記
2015/ 12/ 08
                 
昨夜は職場の忘年会でした。
仕事が6時までで、いったん帰宅し、さっと着替えて、
7時からの忘年会に車で行きましたので、お酒はパス。

今月職場を去る人が3人もいたので、送別会を兼ねるような形になり、
いつもとは違う雰囲気の忘年会になりました。

1人は出産準備の若いパートさんで、ご実家に近々帰られるそう。
2人目のお子さんがお腹にいるのですが、今って、保育園事情が大変だそうですね。
長いこと実家にいたりすると、保育園に行かなくても、大丈夫な環境とみなされて、
実家から帰ってから1人目の保育園復帰が難しくなるそうです。
ですから、本当は少し実家でゆっくりしたいけれど、早々に戻ってくるんですよ、
実家は九州だから大変、と言っていました。

日本って、少子化対策、全然できてないのね。
2人目、3人目が生みやすい環境からは程遠いです。

このパートさん、とってもきれいで可愛らしい女性で、
また戻ってきますね~と言ってくれています。
彼女はもう退職しましたが、忘年会に出てきてくれました。
あと2人は、年内はとても忙しいということで、今年末までお仕事してくれます。

正社員さん1人、準社員さん1人も辞めるので、職場の打撃は大きいですが、
正社員さんは、ご実家の家業を継ぐため、準社員さんは、
正社員での雇用がよそで決まって、という新しい旅立ち。
もっと職場の条件が良かったら、留まってくれたかもしれない2人。

仕事のよくできるベテランの2人なので、新天地で力を発揮した方が、
本人たちのためにもいいよねという気持ちでいました。

諸行無常というのをしみじみ感じます。
全ては変化し続けていくんだなぁって。

辞めていかれる社員さんと準社員さんには、いろいろ仕事を教わって、
指示を仰ぐことも多かったです。

他の社員さん、準社員さんに引き継ぎはされているので、
パートの私に大きな影響はないのですけど、
長年一緒に働いてきたので、心は揺れちゃいますね~。


スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ゆく年くる年ですが、人もまた同じですね。

さまざまな感慨があります。寂しさ、悲しさを含めて、生きることはしみじみいいものです。
No title
おはようございます(^^)。

時は流れてますものね、、、止まってはいません、良い流れに乗りましょうかhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s379.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
別れあれば出会いあり~ですね。

長年一緒に働いてきたお仲間なら、尚更寂しいですよね。
No title
去ってほしい人に限って…仕事がデキる人に限って…職場あるあるですね。
働く側からすると仕事もデキて人徳もある働き手を何故もっと大事にしないのかって思いますケド
会社側の捉え方ってまったく次元が違うんですよね。
歯車でいいそうです。
デキが悪くてもとりあえず稼動すりゃいいそうです。
それが日本における価値観であり、企業の取り組み方とか。
だから衰退してどうにもならなくなっているというのに
まだ大丈夫、復活できるなんて根拠のない迷走をし続けている。
経済破綻して30年近く経とうとしているのに…ホント、不思議な国です。
No title
日本の少子化問題は、なにも手を付けられていないですね!
外国にお金をばらまく前に、子供の出産無料とか、保育園の整備とか、義務教育無料とかにしたらよいのにって、言っていますが・・・なかなか進みませんね!
職場の仲間とのお別れ、淋しいですね!
No title
sioさんへ

ありがとうございます。その通りですね。
全てを含んでこその人生で、私は生きています。
有難いことです。
No title
みゆきママさんへ

私は普段、そのことをつい、忘れています。
大きな変化が起きて、そのことを思いだします。
No title
ねえねさんへ

2人とも、責任感が強く、真面目な努力家なので、
新境地で頑張っていかれることと思います。
お世話になったので、やはり淋しいですね。
No title
ふっちいさんへ

本当にね、歯車扱いですよね。
経営者側の考えでそれは当たり前、という常識が、
少しずつでもひっくり返る社会になればいいなと思います。
難しいですよね。
私を含めて、購入者側は少しでもいいものを安くと願うんですから。
No title
みつきさんへ

おっしゃる通りだと思います。
少子化対策が聞いて呆れます。
子育てする母親をサポートできなくて、
何の少子化対策なんでしょうか。
子供たちが国の未来なんだという意識が欠落しすぎです。
No title
俺ならもう忘年会は誘われても行かないと思います。

何だかんだ言って、「年跨いだら何だっつってんだろ!」としか思えませんので。
No title
現実主義者さんへ

今まで、自分の人生は悲惨だと感じ、
毎日辛さをかみしめることが多いので、
それが今後もずっと続くのだと思いこんでおられるようですが、
この日記に書いたように、全ては変化し続けて行きます。
変化していないように感じても、多分、同じではないです。
いつか、今日の気分を思いだして、あんな日もあったけれど、
生きていてよかったと、幸せな気持をかみしめる日が来ますように
微力ながら、祈りますね。
あなたは祈りなんか嫌いでしょうけど、もしかしたらいいことあるかもよ?