FC2ブログ
2015/08/19

Post

        

友人のご主人への愛情に心打たれました

category - 日記
2015/ 08/ 19
                 


今日は仕事休みでした。
午前中は、グラビティエクササイズの教室で運動して、
その後友人とランチ。

前菜が4つ選べるので、私が選んだのはこの4つ。
友人は手で友情出演しています。(笑)

いろいろおしゃべりしたのですが、隣の個室のお子さんがそれはもう大声で騒いでいて、
個室で騒ぐだけでは飽き足らず、店内を走り回る音まで聞こえてげんなり。
お母様方も注意せず、隣の個室の私たちは普通の音量では会話ができなくて、
こういうお母様が増えているとは聞いていたけど、世も末だよねと言い合いました。

そのお子さん連れの奥様達は、私たちより前に来ていました。
私たちは1時間半ほどいたのですが、その間ずっと本当に大声で騒いでいたので、
注意しに行っちゃおうかしらと思ったくらいです。
過度に神経質になるのは嫌ですが、何でも限度というものがありますよね。

友人が「ああいうお母さんは、注意しても反省なんかしないから、
余計気分悪くなるだけよね。」と言い、多分その通りなので、
食事が更にまずくなるようなことはしないで大人しくしていましたけど。

お会計の時にそのお母さまたちとご一緒になりましたが、想像通り、
誰も「お騒がせしてすみません」とお店に謝る人はいなかったです。

人様にご迷惑をかけてはいけないという教育は、いつ消えたんでしょうね。
この子たちは、お店で騒ぐのはいけないということを知らずに育つんでしょう。
というか、このお母さまたちもそうやって育ってきたのかも。

居酒屋さんで大騒ぎしている若い子、いますものね。
そうやって育った人ばかりになれば、子供はもっと黙らせるべしと思う人も減って、
トラブルはなくなるのでしょうか。
子供にずっとおとなしくしていろという気はありませんが、
大騒ぎし続けてもいいとも思いません。






お食事は美味しかったです。
ピザとパスタをシェアして食べました。
デザートと飲み物を写すの、忘れました。

うるさくてあまりおしゃべりが弾まなかったので、お店を替えました。

前のお店のデザートはシフォンケーキのフルーツ添えでした。
次のお店もシフォンケーキが有名なんですけど、
ダブルでシフォンケーキはないよね~と別のデザートを注文。

私は抹茶ぜんざい、友人はアサイーボール。



2件目のお店は、公園に隣接しているので、
帰りに公園を散歩しながらまたおしゃべりしました。
なんと、この酷暑に、バラが咲いています!










満開ではなくちらほらで、香りはあまりしませんでしたが、
この夏の暑さを思うと、頑張っているね、とねぎらいたくなりました。

友人は、朝、ご主人を送り出すときに、
ご主人が元気で働いて、無事帰ってきますようにと祈りを込めて
玄関を拭き、ご主人の靴を磨いてきたそうです。
それだけでもすごい~と思いましたが、こんなことを言うんです。

「あのね、靴の裏を拭くといいんですって!」
友人はスピリチュアルな話が好きで私と気が合うのですが、
悪い気というものは、靴の裏に着くので、
それを拭き浄めるのがいいという話でした。

ご主人のことを思う気持ちを込めて、玄関と靴と靴の裏まで拭く友人は
なんて素敵な奥さんなのだろうと思いました。

私、玄関も靴も靴の裏も拭いてないよ~。
いってらっしゃいと言うだけ。
友人のご主人への愛情に心打たれました。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
大人向きのお店に子どもを連れて行くべきではないし、もし連れて行くなら、子どもに対して、大人として振る舞うことを教えるべきだし、そのルールを守れなければ、厳しく注意するべきだと思います。注意しても守れないなら、早急に退席するようすべきではないでしょうか。
私の子どもが小さい時は、連れて行くお店を選んで行きました。
大丈夫だと思えないと時は、子どもが背長するをを待ったものでした。
今の若い頃とは、お母さんたちの考えが、時代とともに変化したんですね。
私は、大人向き、ファミリー向きと分けて出かけています。
No title
tetsumamaさんへ

後で調べたら、食べログに、個室があるから子供連れでも安心!と書き込みがありました。
個室で安心というのは、好きなだけ大声で騒いでいいという意味ではないですし、
その方たちは個室を開け放して、子供が出入り自由で騒ぎまわっていましたが、
他の客の迷惑というのは、想像すらしていないのでしょうね。
子供が騒ぐのは当たり前と思っているのでしょうか。
ブランド物のTシャツを着た小ぎれいなお子さんたちでしたが、
クソガキと見られてしまうよ~と念を送ったけど…届かないね。(爆)

常識あるお母様だっていらっしゃるはずですが、
こういうママさんも目立ちますね。
中国の人がうるさいなんて文句言えないですよ。
No title
私も昨日行った綺麗めワルン(レストラン?)で、
ママ友の大騒ぎがうるさくてうるさくて~、全く寛げませんでした。
子供はというと、幼稚園くらいなのに、子供同士遊ぶでもなく、
タブレットで無言でゲーム。バリも変わったな、と思いました。

ご友人の方、なんと心の綺麗な人なんでしょう。
No title
今は簡単に子供連れで、外食するということがなされていますね。
私の子育ての頃は、何か特別の日に家族揃って…というイメージでした。
豊かになったのかしら。
母親がリラックスできるのはいいことですが、周りに迷惑をかけてはねぇ(-_-;)
送り出す時は、「靴を磨いて機嫌よく」だけでした。
裏!!も…
No title
ねえねさんへ

お子さんでなく、お母さまたちがうるさかったのですね。
バリの皆さんでもそうですか。
お子さんはタブレットで無言でゲーム。
みんなタブレットを持っているんですね!
そしてきれいなワルンでランチする生活を手に入れているんですね。

友人、とてもご主人を大事にしているんです。
靴の裏とか、出かける前に玄関を拭くとか、私なんて発想すらなかったです。
No title
もこさんへ

子供連れで外食するのに、場所を選ばなくなりましたね。
マックが食べ物として安全だったら遊び場もあっていいですが、
いろいろわかってしまった今は、怖くて危険で、行きたくないですものね。

昔は、子供連れでも大丈夫なお店と、大人向けのお店が、
なんとなくわかれていた気がします。
そういうお店でも、子供が騒がないように、絵本など持って行ったし、
子供が騒いでも放置でおしゃべりに興じる親などはそういませんでした。
注意しますし、交代で外に連れ出したりしたものです。
豊かになったのかもしれませんね。でも、失ったものが大きい気がします。

靴の裏って、私もびっくりしました。
スピリチュアルな話なんですけど、現実にもいろんなものがついてきますから、
厄落としの意味もあるんですよね。