FC2ブログ

Post

        

「天上の虹」 完結しました

category - 日記
2015/ 05/ 26
                 
知る人ぞ知る(笑)歴史漫画、天上の虹。
主人公は持統天皇で、幼少期から亡くなるまでが描かれています。
ポチしてから結構待ちましたが、やっと届きました~。

最終回(23巻)は、持統天皇の晩年と死を描いていて、とてもよかったです。
登場人物がとても生き生きと描かれていて、
みんな一生懸命生きたのだという思いが湧きました。

この当時の、天皇の重責を担って生きるということは、
半端でない濃い人生だったのだと改めて感じました。

作者である里中満智子さんのあとがきにこんな言葉がありました。

「昔は今と違う」なんて大間違い
どの時代でも、人は一生懸命
「現代」を生きて
「未来」を築こうと努力している・・・

実在の人物たちは
「本当はこうだった」と
言いたいことがいっぱいあったはず



私がこの漫画を知ったのは、昨年の秋でした。
奈良に紅葉を見に行くので、下調べしていた時に知ったのです。

もともと歴史には詳しくないので、紅葉の名所、談山神社に行き、
目の前の旅館に泊まるというプランを立ててから、
談山神社が大化の改新の談合が行われた場所だと知りました。

ちなみに大化の改新を起こした中大兄皇子は、
漫画の主人公、後の持統天皇の父親です。

この辺の歴史がややこしいのは、天皇家の系図が、
慣れていない人間には、ややこしいためもあるかと思います。

持統天皇は後の天智天皇(中大兄皇子)の娘であり、
後の天武天皇(大海人皇子)の妻ですが、天智天皇と天武天皇は兄弟です。

当時の天皇(男性)はたくさんの妻を持ち、たくさんの子を持つのも重要なことで、
天武天皇も10人くらいの妻を持っていましたが、
妻の中の4人は、兄である天智天皇の娘で、持統天皇もそのうちの1人です。
それぞれが子供を産み、その子が結婚し・・・と
登場人物の家系図がどんどん複雑に入り乱れていくのですが、
漫画で読むと、顔が違いますからわかりやすいの。(笑)
それでも歴史音痴の私など、あれ?どうだっけ?と脳みそぐるぐるになりますが。

しかし、そんな脳みそぐるぐるがあってもなお、この漫画は面白いです。
描くのは大変だったと思いますよ。
完結までに30年かかったというのは本当のことみたいです。
途中で連載誌が休刊になったり、考古学的発見があって検証し直したり。
しかし、30年かけて一つの漫画を完結させるってすごいなぁ。

歴史物というのは、時代検証が大変ですし、諸説ある中で、
自分としては、こうだったのではないかと思う、という
確固とした解釈を持たないと面白く描けません。

奈良時代の真実など、闇の中と言っても過言ではないですが、
登場人物はどういう性格だったのだろうか、どういう思いを持っていただろうか、
時代検証と推測をまとめて、自分の解釈はこうだ、というのを示す、
それが漫画という形で表現されて、本が出るわけですから、
本当に壮大な話だと思います。



ラストで参考にした本の書名を記すつもりでしたが、
ざっと数えても1500冊以上になったので省略します
すみません

あとがきにはこんな言葉もあり、絶句。

あの解釈はおかしい、などという批判の手紙も多く届いたそうですが、
それだけ熱心に読んでいただいてありがたいと大人の対応。

そもそも、持統天皇とその周辺の人の思いなど、誰にも検証できません。
みんなそれぞれ、自分の眼を通した解釈が生まれて当然です。

里中満智子さんだって、これは私の解釈ですとおっしゃっているはずで、
これが真実です、と断言などしておいでのはずはありません。

思い付きで、歴史検証もしないで、作り話を描いたならともかく、
1500冊以上の本を参考にして、自分なりの肉付けをして描いた作品に、
自分の解釈と違うからと言って、批判の手紙を書くなんて。
私はあそこはこう解釈しています、では気が済まないってどうよ。

それだけ熱心に読んでいただいてありがたいと書かれた里中満智子さん、
本当に大人でかっこいいわ、と私は思ったのでありました。

確かにその通り、批判文を書いてきた方たちも、歴史的人物たちに、
深い思い入れがあるからこそ、熱くなっているのですよね。

ちなみにこの「天上の虹」読後には、同じ作者、里中満智子さんの
「長屋王残照記」「女帝の手記」もお勧めです。
この2作品は「天上の虹」の少し後の話です。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おはようございます(^^)。

良い本は良いですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s376.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s377.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s377.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s377.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">
No title
私は小学生の頃から読み始め、やっと『完結』をみるコトが出来ましたよ~♪
長かった~https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s319.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s319.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s319.gif">
でも里中満智子先生の解釈は気持ちが良いので、大ファンですよ。
「あさきゆめみし」も大好きです。

あとは、ガラスの仮面の完結をみれるコトが目標です(≧∇≦)
No title
里中さんは才能の塊というだけでなく、人間としてもとても大きな器の方でもあります。
今から45~6年前、人気マンガ家として最も多忙を極めていた頃に出版社の知人カメラマンになにげなく友人の為にサインが欲しいナァと呟いたら…友人の名前だけでなく、その子が好きなキャラクターを彩色付きで描いた色紙が届きました。
カメラマンが担当編集者に貰えるなら貰ってと軽く頼んでおいたら、当時書いていたマンガの主人公ではなく、脇キャラのファンという事に感動して…実は里中さんにとってもそのキャラが一番のお気に入りという隠れエピソードもあり、異例のことだったとか。
今回のkoalaさんの書かれたエピソードに思い出してしまいました^-^
No title
そんなに長い漫画をやっと読み終えられたんですね~!スゴイ!!
私はDVDがあれば見たいなぁ~って思いました。
No title
歴史が好きなことは旅行記で分かっていましたが、長編マンガまで読むとは?
これだけ多彩な趣味をもつと一時も無駄にするのが惜しい感じがすることと思います。これは充実した人生を過ごすことができる最高の資質でしょう。
No title
みゆきママさんへ

いい本なんですよ。

最終回、持統天皇の死に方も、里中満智子さんの解釈がとても素敵で、
素晴らしい最終回だったと思います。
No title
CIBさんへ

あさきゆめみしは源氏物語でしたっけ?
私、未読なんですが、そんなによかったの?読んでみようかな・・・。

ガラスの仮面の美内すずえさん、私も大好きです。
「アマテラス」って知ってますか?
私はあの続きが読みたいのですが、読める日が来るのかな・・・
アマテラスに関しては、描けない、発表できない理由が
それもかなりスピリチュアル的な理由があるのだと思うので、
出せないなら仕方ないと諦めていますが、できるなら読みたいわ~。
No title
ステップマザーさんへ

すごい話ですね!
里中満智子さんの熱い気持ちが伝わってくるエピソードです。

脇役がとても気に入っていて、そのよさをわかってくれたファンに
気持ちを込めて、超多忙なのに、彩色付きで描いた色紙を・・・
いい話を教えてくださってありがとうございます。

歴史上の人物の一人一人に感情移入して、こういうことをする人というのは、
どういう思い、どういう思想を持つ人だろうと思いを巡らせ、
丁寧に描かれた漫画です。誠実なお人柄と視野の広さが伝わってきます。
No title
ミセスRさんへ

漫画が特別長いというわけではないので、
読むのが大変なわけじゃないんですよ~。

細かい時代検証が必要で、
こういう事実があったということから物語を膨らませて、
実はこうだったのではないか、とか、こういう思いを抱いての行動だったのではとか、
当時の時代事情の解説も織り込みながら描くので、
幼児期から死までの物語に、30年もかかってしまったということなんです。

持統天皇の死の場面、感動的でした。
No title
sioさんへ

もしかしてsioさんは、漫画は読まないタイプですか?
私は結構漫画が好きで、行きつけのお風呂屋さんでも、
岩盤浴の休憩ルームで漫画を読んだりするんです。
「暗殺教室」も途中まで読みましたが、あれも面白いですよ。

女流漫画家さんは、」けっこうしぴリチュアルな方が多くて
今回の漫画の里中満智子さんも、大昔から、生まれ変わりのこととか描いていましたし、
美内すずえさんに至っては、この人は何者だろう?というほど
スピリチュアルだと思います。
とここまで書いて、sioさんに女流漫画家の名前を挙げても
全くご縁がなさそうと気が付きました。すみません。(笑)