FC2ブログ
2015/04/24

Post

        

シュウトメちゃんのショートステイ入所と友人とのおしゃべり

category - 日記
2015/ 04/ 24
                 
今日はシュウトメちゃんのショートステイ入所日。
午前中はばたばたと忙しく過ごしました。
一緒に荷造りして納得してもらえば、
後から持って行く服を足したりしないだろうという私の目論見は、
大誤算であるとわかりました。(笑)

特に今回シュウトメちゃんが不安だったのはジャケットらしく、
20日のショートステイ用のジャケットが8枚も入っていました。

「ジャケット用のハンガーを4つしか用意してこなかったけど、
ジャケット、4枚じゃ足りないかなぁ・・・。カーデーガンとベストもあるし、
洗濯したら持ってくるし、足りそうかとも思うけど・・・」と相談してみると、
「4枚でいいかもしれないな」と答えてくれたので、
「もし足りなかったら電話してね。とりあえず持って帰っていい?」と
お願いして、持って帰ってきてしまいました。

備え付けのクローゼットに入らない分は、袋のままクローゼットに入れましたが、
それでも入りきらない、床に置く袋は、1つで済みました。


さて、シュウトメちゃんを施設にお願いしたら、私は友人とランチへ・・・




サラダとパスタのセットを注文。ドリンクはなし。

美味しいパスタをいただきました。
向かい側のは友人のパスタ。






お店を変えて、ケーキセットを。

私は上、友人は下のスイーツをいただきました。

いろいろおしゃべりして、有意義な時間を過ごしました。

私は言ったほうがいいことを黙ってしまうことがあるタイプで、
彼女は言わなくてもいいことを言ってしまうことがあるタイプ。

「いつも誰が見ても適切な言動が取れる立派な人」に
なりたいけどなれないタイプという意味では似ています。

友人が凹んでいる様子だったので、
「いつも誰が見ても適切な言動が取れる立派な人」なんて

めったにいなくて、私たちみたいなおっちょこちょいは、

割といるものだと思うよと言いました。



もちろん適切な言動を取るように注意することは必要だと思います。

それとは別問題として、おっちょこちょいなタイプの人間は、

どの社会でも、多分、一定数いると思うんです。

この世には、ありとあらゆるパターンの人間がいるんだもの。


おっちょこちょいだという自分の欠点に凹んだ経験は、

他の人の欠点に寛大になれるという利点もあると思います。

少なくとも、同じような失敗を上から目線で責めることはないですし。

しつこいけど、利点があるから欠点はそのままでいいという意味ではないです。


欠点は、自分はここに気を付けたほうがいいという気づきなのだから、

気を付けたほうがいいに決まっています。

利点もあるので、そのことで自分をいじめない方がいいと思うだけ。


友人を車で送って行く途中に、ミササガパークという公園の近くを走ったので、

「ここは芝桜と薔薇がきれいなんだよ」と教えてあげました。

「じゃあ、今度行こうね」なんて会話をした帰り、

薔薇はこれからだけど、芝桜って今では・・・?」と気になって、

帰り道に寄ってみたら、やはりそうでした。

これは満開の手前なのか、満開を過ぎてしまったのか、どちらなのかな・・・?









薔薇はまだまだ先という感じで、たまに咲いている程度。



ナンジャモンジャは満開でした。
この花、母が好きだったので、よくデンパークに見に行きました。
好きな花を子供に言っておくといいですね。
いい思い出だもの。
この花を見るたびに、母が好きだったなって思います。

家に帰ってから、夕食つくりの前に、今流行だというジャーサラダを作りました。

煮沸消毒した瓶にドレッシングを入れ、固い野菜から順にカットしたものを入れ、

上の方はシャキシャキ感が欲しい葉物にして瓶のふたを閉めます。

冷蔵庫に保管して、1日程度置いてから、食べる前に振り、

ドレッシングを馴染ませたらサラダボールに入れて食べるそうです。

冷蔵庫で4~5日保存出来て、作り置きで野菜不足をカバーできるすぐれもの。


明日の朝ごはんでとりあえずいただく予定。

欲張って人参、キュウリ、新玉ねぎ、コーン、アボガド、ミニトマト、キャベツと

7種類入れてみました。

ハムや茹で海老を入れたり、マカロニ入れても美味しそう。


盛りだくさんの一日で充実していました。
明日はウフフのミュージカル。
マンマ・ミーアは、映画でしか見たことがありませんが、曲は大好き。
ただ、知っている歌詞はアバの歌詞であって、劇団四季の歌詞は全く知らないです。
ミュージカルは久しぶり。楽しんできます~。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
素敵な1日でしたね。

ジャーサラダって初めて聞きました。
保存が効きそうですね。
No title
私も言わなければいけないことを言わないタイプです。
そのくせ、後から言えばよかったと、後悔。言わなかったことをしつこく悔やんでしまうという、ネットリした性格で、嫌になります。
これじゃいけないと、言うこともあるのですが、上手く言えないというか、言わなくてもよかったことを言ったりしたりとかでこれまた後悔してしまいます。言うべきことと、言わなくてもいいことの取捨選択が上手に出来ないんです。それなら黙っていようと思うのですが、言わないと、言いたかったとネチネチ考えて・・・・・もうどうしようもない負の連鎖となってしまいます。
No title
適切な言動のできる人…プロの政治家でも大学の教授でもなかなかお目に掛かったことはありません。
言えた、言えなかったは結果論ですものね。
とりあえず、言わない選択肢は悶々としますが、外に対しては正解なんでしょう。
言われた人はいつまでも記憶していますからね。

シュウトメちゃんは相変わらず裏切らないと申しますか、ネタ満載で…お世話する側は大変ですが、若い頃できなかったおしゃれを愉しんでほしいと思ってしまいます。

ジャーサラダってわざわざボウルに移して食べるの!?
てっきりそのまま…モノグサですみません^^ゞ
No title
適切な言動の出来るひとってなかなかむずかしいものですね。
私はオットが特別よく発言するほうなので、いつもさえぎられて、黙るしかない生活なので、だんだん、しゃべる方法や表現力が落ちてる気がします。
もっと話をしなくては、とおもいます。
No title
有意義な1日ですね!
そして今日はミュージカル。。。良いですね!(^。^)

昔はいいたこと、私の意見として話していましたが、人の何気ない言葉で、
自分が傷ついて、何気ない言葉で、傷つく人もいるかもって思ったら、
数人の中では意見言わなくなりました。
一対一だったり、仲良しとは話しますが…
その他は意見言わないので、言えばよかったと後で後悔すること、多いです。
No title
ねえねさんへ

ジャーサラダとか瓶サラダとか呼ばれているサラダですが、
我が家の場合、朝ごはんに最適!と思って。
朝、冷蔵庫からジャーサラダを出して、
サラダボールの上で瓶を開けて出すだけっていうのがいいでしょ?(笑)
No title
tetsumamaさんへ

あるある・・・と思ってコメント読ませていただきました。
年とともに、負の連鎖にはならないで済むようになりましたが、
この言葉は不適切だった!とか、黙っていないでこう言ったほうが良かった!とか
その時点での言動を振り返って反省することとは縁が切れません。

自分も、他人の不適切な言動で嫌な思いをすることがあるので、
お互い様だと思える図々しさが出来ると楽になりますよ。

何で言わなかったんだろうと振り返ると、私の場合、
私がこの嫌な気持ちを少し我慢すれば丸く収まる、
そんな自分を大事にしない気持ちが原因のことが多いかなと思うので、
いや、自分の気持ちを感情的にならずに言葉に出すことは
とても大事だから言うことにしようと最近よく思います。
No title
ステップマザーさんへ

言われた方はずっと覚えていますよね。
自分が言った立場でも、言われた立場でも。
ただ、黙っていた=その事態を受け入れたと解釈されることもあり、
それは不本意だと思うので、もう少し言うようにしたいと思っています。

ジャーサラダ、そのままでは食べにくいですよ。(笑)
野菜はなるべく新鮮なものを切ってすぐ食べるのがいいと思っていますが、
時間がない朝にはこれはとても便利だと思います。
No title
ミセスRさんへ

そうでしたね!ミセスRさんの場合、特殊事情が・・・。
私も似たようなもので、長年、どんなに言葉を尽くしても、
曲解するばかりのシュウトメちゃんの相手をしてきましたので、
話すことはややこしくなるだけ、というのがしみ込んだ部分がありました。
他の人相手にはそういうことはないと思っていましたが、
やはり、沁みつくと影響があるんですよね。
勿論シュウトメちゃんとミセスRさんのご主人は、全然違うタイプではありますが、
自分が言葉を抑えないと収拾がつかないことが多々あったという意味では、
私とミセスRさんは、同じかなとふと思いました。
お互いにがんばりましょう。
No title
SONIAさんへ

どういう言葉をどのように受け止めて傷付くかは、
人によってかなり違うので、難しいですよね。
何気ない一言でも、相手を傷つけたり、逆に傷ついたり、
とても悪意のある言葉でも、深く傷つくこともあれば、
それほど傷つかず、スルーできることもあります。
難しいですね。