FC2ブログ

Post

        

あの猫ちゃんの話

category - 日記
2015/ 02/ 21
                 
猫の保護活動をしていた友人が、やめたほうがいいと思うと言った、
一番の理由はお金でした。

この猫ちゃんを引き取るにあたって、今までかかった治療費などを
ご負担くださいというのが、その方の属している保護の会の方針で、
その方だけではなく、他の方も同様でしたので、
私はそれが良くあることだと思い、特に問題には思いませんでした。
この猫ちゃんの場合、17000円ちょっとでした。
避妊手術代が野良猫料金で格安になっています。
私が病院に連れて行って手術し、ワクチンをうてば、
そのくらいのお金は必要ですので、仕方ない範囲かと思っていました。

応募した後に、1月に済ませたワクチン代が加算されたのには、
正直、ん?と思いましたが、忘れていたのだなと思い直しました。
しかし、友人によると、こんな話は聞いたことがないと言います。
自分たちの保護グループは、自己負担ですべて払い、
飼ってくれることになった人に、寄付金を頂くこともあったけれど、
それは向うのご厚意で、請求したことはない、
避妊手術代だけでなく、今までかかったワクチン代、検査代、
ノミ、ダニ予防代などをすべて請求するのはおかしいと言うのです。

そうなの?と思って、アトランダムに、猫の里親さん募集の猫ちゃんを
クリックして調べてみたら、最初の10件は全部無料でした。
愛知県に絞ったら、普通はみんな請求するのかも?と思って、
更に調べてみても、同じケースはありませんでした。
1万円のご寄付をお願いしていますというのはありましたが。

保護主さんの名誉のために書き足しますと、この方の属する団体では、
私が調べた範囲では、このことは普通のことでした。
ただ、この猫ちゃんは、引き取り手がいない期間が長いことと、
避妊手術代を肩代わりしてくれる基金の利用が出来なかったためという
2つの理由で、他より高額になってしまったのでした。

友人は、今までこれだけかかったので、飼う以上全部負担してという感性では、
それに応じるような相手に、ご寄付をと今後も言ってくるかもと
心配してくれたのですが、私は別の意味で、なんとなく思ったことがありました。

全然違うよって言われるかもしれませんけれど、
この保護主さん、本当はこの猫ちゃんを手元に置いておきたいのでは?
そんな気がしたのです。

この猫ちゃんは、警戒心がとても強くて、里親さんの家に預けられると固まってしまい、
前の里親候補さんが1か月試しに飼ってみて、それでも返されてしまった、
筋金入りの、馴れにくい猫ちゃんです。

その猫ちゃんを、本当に、誰かに引き取ってほしいと思ったら、
引き取りやすいように、私なら請求金額を下げると思います。

飼いにくいです、高いお金がかかります、では、里親希望は少ないでしょう。
里親希望が現れなければ、ずっとこの猫ちゃんを飼い続けることになり、
エサ代、ワクチン代、猫砂代などはずっと保護主さん負担です。
お金のことを言うなら、高額な費用を里親さんにお願いするよりも、
無料でもいいので、他の人に飼ってもらった方が結果は負担が少ないと思います。

しかし、無料というのも、難しいことです。
猫を虐待するために引き取るという、鬼のような人も実在するので、
無料でない方が安心なような気もするのですよね、私は。
例えば、5000円のご寄付をお願いしております、ということにすれば、
17000円払ってくださいというより、かなりハードルが下がる気がします。

単に会の規則で出来ないのかもしれませんが、
この方はハードルを上げることによって、この猫ちゃんを手元に置いているかもと
そんな気がしたんですよ。
他の猫ちゃんもたくさん飼っていて、その上で保護猫ちゃんも預かっているので、
ちょっと最初は考えにくいことでしたけど、私の中ではそれが一番しっくりする考えでした。

そういう、保護主さんにとって大事な可愛い猫ちゃんを、もしも私が飼って、
玄関のドアを毎日20回も開け閉めしている生活で、ある日注意してなくて、
がらっと(引き戸です)開けたとたんに、この猫が家出したら??

保護主さんが保護して1年もかけて警戒心を少しずつほどいていった
きっと幼少期にとても怖い思いをして、もともとの性格も怖がりなこの猫ちゃんが、
体の大きな野良猫の多いこの地区で、世にも怖いという経験をしたら??

猫ちゃんの気持ちと、保護主さんの愛情を思ったら、
この想像は恐ろし過ぎて、とても私の住環境で飼うことはできないと思いました。

遠くから、この猫ちゃんと保護主さんの幸せを祈るだけです。
すっかり飼う気になっていたので、会ってもいないのに猫ちゃんに情が移ってます。
フクちゃんに雰囲気が似ているし。

フクちゃんはもっとワイルドな猫だったんですが、
甘やかされるの好きだけど、愛情を乞うなんてしないわよ、
抱っこされたくない時は、するっと逃げるわよ、みたいな猫でした。
多分この猫ちゃんも、そんな部分があるんじゃないかなと顔を見て想像していました。


スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
動画を何度か見て、保護主さんではなく、この子自身が「此処に住む」と決めているように感じました。
うちにいる保護猫たちも思い返せばそうでした。
チビに至ってはハンガーストライキをしましたし
一緒に帰りたくて様子を見に行ったワタシのバッグに入ろうとしましたからね。
猫は二ヶ月もすると元の飼い主を忘れるといいますので
三ヶ月近く訪ねるのを遠慮していたんですよ。
本気で決めた子は何処へ行っても馴染むどころか拒否してしまうようです。
No title
ステップマザーさんへ

すごい。さすがです。
そういわれて動画を見たら、本当にそんな感じに見えます。

チビちゃん、ハンガーストライキしたんですね。
なんて可愛くてけなげなんでしょう。
ずっとステップマザーさんと生きていくと決めたんですね。
あの猫ちゃんも、この人と今の家で生きていきたいから、
よその家にトライアルで預けられたらずっと引きこもって抵抗したんでしょう。

全然気が付きませんでした。
ありがとうございました。