FC2ブログ

Post

        

保護主さんから連絡がありました

category - 日記
2015/ 02/ 19
                 

保護主さんからお返事があり、詳しい説明をしていただきました。
猫を完全室内飼いにするために、外出のたびにゲージに入れるというのは、
私の勘違いだったことがわかりました。

保護主さん宅から私の家に移るにあたって、不安がいっぱいになるので、
新しい場所での生活の音や人の動きに慣れさせるために、
2週間、ケージだけの生活をさせるそうです。

その2週間の間は、ゲージから出し入れするのではなく、ずっとゲージで、
水やえさ、トレイ掃除の際に、撫でてあげるのだそうです。

2週間ほどすると、家が変わった事にそれなりに慣れるので、
ケージのドアを開けたままにしておくのだそうです。

猫は、ゲージに痛ければいるし、部屋の中を歩きたければそうするので、
玄関のドアの開け閉めの際に気を付ければいいそうです。

それ程脱走に神経質にならなくてもいいのかな・・・
でも心配。フクちゃんは時々、私が帰宅してドアが開くのを待っていて、
ダッシュで外に遊びに行ったっけ。

今、話が進んでいる猫ちゃんは、ものすごく警戒心が強すぎて、
里親になろうと申し出たおうちで引きこもってしまい、
うちでは飼えませんと保護主さんのところに2回帰ってきた猫ちゃん。
それほど怖がりな猫ちゃんは、ダッシュで脱走などしないかな・・・。
とりあえず、ゲージに入れっぱなしなのは最初の2週間で、
その後の心配は必要なかったみたいです。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ああ良かった。

私はゲージで猫を飼ったことがないので、私も混乱していました。
最初はアメショーでしたが、叔母の家で生まれはるばる加古川からJRでやってきました(勿論叔母が連れて)
その次はボランティアの犬猫の会からでしたが、生後一か月いったかどうかのところ。
最初から頭のいい、トイレもすぐ出来机も上がっていい机、駄目な机がわかる猫でした。
今の二人は三代目で、外に出たがるものの「駄目よ!」というと扉の前から動きません。
猫って結構頭が良いみたいですよね。

楽しみですね~
No title
ゲージは、そのように使う為のものだったのですね。
よかったですね。
とはいえ、警戒心が強くて二度戻されたとは・・・・大変かもしれませんが、koalaさんの家なら、寛ぐことが出来るのではないでしょうか。
人も猫も、ご縁ものと考えています。互いにご縁があれば一緒に生活できると思います。
No title
悦子さんへ

私もゲージというのはペットショップの売り物の猫ちゃんが
入っているものという印象がありました。
2段、3段のゲージというものもあるんです。
2週間くらいは固まっているので、生活空間はケージくらいで十分、
特にこの猫ちゃんは広い空間は苦手だとのこと。

玄関の開け閉めの少ない専業主婦さんの家がいいんじゃないかな・・・
私の家では、脱走の危険性が高すぎると感じました。
外は図体のでかい、オスの野良猫たちがのそのそ歩いてるし、
脱走して、怖い目にあって、パニックになったら、
せっかく保護主さんが年月かけてほぐした心がまた閉じてしまいそうです。

うちでも大丈夫そうな猫ちゃんをもらうように努力してみます。
No title
tetsumamaさんへ

なかなか抱っこさせてくれないとか、そういうレベルでは
私は待てるし大丈夫と思って応募したのですが、
玄関の開け閉め回数などを考えると、我が家は不適格だと感じました。
フクちゃんに雰囲気が似ている猫ちゃんで、そこに惹かれましたが、
今は逆にフクちゃんに似ている猫に怖い思いをさせてはいけないと思います。
日記でお騒がせしてしまってごめんなさいね。