FC2ブログ

Post

        

昨日の日記の補足 飯田史彦氏「これでいいのだ」前書き

category - 日記
2015/ 01/ 27
                 
前に「これでいいのだ」という日記を書いた際に、
飯田史彦さんの「これでいいのだ」という本を見つけたのでポチしたと書きました。

その本の前書きに、昨日の日記の「欠け」通じるところを感じたので、
ここに書かせていただくことにします。

---------------------------------

はじめに ~読んでいただきたい人、いただきたくない人

世の中には「これでいいのだ」と思うことのできる人々と、
「これではいけない」と思ってしまう人々がいます。
もちろん、人生のあらゆることについて、その全てを
「これでいいのだ」の一言で済ませるわけにはいきませんから、
私たちの生活は「これでいいのか?」という疑問の数々で満ちているものです。

しかし、私の長年にわたるカウンセリング経験に基づけば、少なくとも、
次のように指摘することができるでしょう・・・・
「最も悩み苦しむ人生を送るのは、何事においても、『これでいいのだ』と
思うことのできない人々である」と。

ところが、私の見るところ、世の中では「これではいけない」と
自己変革していただきたい困った方々ほど、「これでいいのだ」と自己満足なさっており
逆に、「これでいいのだ」と自己肯定して楽になっていただきたい
素晴らしい方々ほど、「これではいかん」と悩み苦しんでいらっしゃるのです。
ああ、なんと、皮肉な現象なのでしょうか。

しかも、私のもとに相談においで下さる方々の多くは、その真面目さゆえに、
世の中にはびこっている「自己変革の人生論」をむさぶり読み、
「今のままの自分のままではいかん、何とかして変わらなければ!」と
自己否定することで、ますます、「悩みごとの底なし沼」にはまってしまわれているのです。

そのような悲惨な状況の方々を、ぜひとも、「悩みごとの底なし沼」から
救い出して差し上げたいと願って、本書が生まれました。
そのため、本書は「これでいいのだ」と自己肯定して、
もっと楽になっていただきたい素晴らしい方々にこそ、ぜひともお読みいただきたい内容です。
したがって、逆に、「これではいけない」と自己変革していただきたい困った方々は、
決してお読みになりませんよう、重々お願い申し上げます。(笑)

引用はここまでです。

---------------------------------

言葉は生き物で、どんな人にもぴったりする真理の言葉などない
いつも賢者テラさんが書かれています。
これは「これが普遍的な真実の言葉」という罠に読者が落ちないためと思いますが、
飯田史彦さんのこの前書きも、同様の意図で書かれたものだと思います。

「今の自分は×でなく○」「これでいいのだ」というのは、
「そのままで何も努力しなくていい」とイコールではないんですよね。

他者重視の視点は不要ですが、、自分が良ければいいわけではありません。
自分は○!正しい!以上!の人には、「これでいいのだ」は向かないんです。
(↑この言葉、日記の後半に出てきます。)

「これでいいのか?」という内省の言葉が向くのでしょう。

人それぞれ、いろんな環境で育ち、いろんな経験をして、今に至っています。
いろいろな智慧のある言葉の中にも、今の自分に必要な言葉は人それぞれ。

極端に走れば、「欠けがあるから生きている値打ちがない」とまでいってしまう感覚、
そこでいう「欠け」は幻ですからね、問題があるように見える状態が起きる、
波乱万丈に見える、それ自体が人生が順調な証で欠けではなく○ですからね、
幻に騙されないで、他者との比較でへとへとにならないで、
さてこの人生で、自分はどうしたい?何を選択したい?
この思いにエネルギーを注ぐか、人からどう見えるかにエネルギーを注ぐか、
あなたはどちらを選択しますか?後者でしょ?それを始めるのは今でしょ?
他者との比較視点から、自分視点にシフトしましょうよ、という話だと思うんです。

今の自分は○。この欠けのない私というしっかりした土台の上に
私が建てたい家はどんな家?
育てたい気はどんな木?
咲かせたい花はどんな花?
底なしの穴を埋めるんじゃなくて、土台の上に何か作ろうよということだと思います。
○だからずっと昼寝でもして楽してていいよということじゃなくて。
もちろん昼寝が必要な時は必要なだけ昼寝していいんですが。

土台の環境にケチ付けないのも大事かと・・・。
雪の降る寒い土地には、モルティブの水上リゾートコテージは不向きだし、
寒さに弱い木や花は枯れてしまうので、環境にあったものがいいんです。

その環境でできることがあるから、私たちはその環境に生まれたのでしょう。
まあ、ついないものねだりの気持ちもわきますけど、
こういう願望があるんだな、私~って気が付くのも面白いですよね。
ないものねだりして「欠けてる!」って被害者にならなければいいかなって思います。

---------------------------------

前書きにある「『これではいけない』と自己変革していただきたい困った方々」
これ、私は他人事には思えませんでした。

私は自分の「世の中を見るメガネ」を通して世界を見ているのですが、

基本的に「自分は正しい」という前提で見ています。

シュウトメちゃんや義姉などが、そのメガネから見て
「とんでもない」と見える言動をすると、「自分は正しい」という思いは
強化されていったように思います。

目の前で見ている事柄が、シュウトメちゃん、あるいは義姉と、
同じものと思っていたから。
でも、みんなメガネが違うんです。
同じものを同じように見ているようでいて、実は違うのでありました。

違う風に見えていたんだ!と言うことに気が付くと、
「自分は正しい、シュウトメちゃん(あるいは義姉)は間違っている」
その思いも違っていたんだと気が付きました。

みんな、自分のメガネで見えものにふさわしい反応をしているだけでした。

自分のメガネで見えることだけが真実だという思い込み。
これはまだまだ私の中にたくさんありそうな気がします。

自分は○!正しい!以上!の人って、私自身でもありました。
自分は○、でも相手は×
めちゃくちゃ傲慢なことですよね。(苦笑)

「『これではいけない』と自己変革していただきたい困った方々」

それは実は私自身でもありました。





スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
おはようございます(^^)。

絶対がないからこれで良いのだと(爆笑)思う私ですhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s377.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s377.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s377.gif">

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょう。
No title
「これではいけない」って思い悩んできた人は時として
美しいものを生み出してます。芸術・文学の殆どはそうでしょう?
それによって人々は慰められてきたから、これではいけないって思うこともいいのだ~(笑)。
No title
「自己変革の人生論」を貪り読む・・・私のことですね。それにより、「悩み事の底なし沼」にはまり込んでいるなんて、考えてもみませんでした。
No title
みゆきママさんへ

みゆきママさんには爆笑が似あいます。
笑う門には福来たる
みゆきハウスの皆様ともども、今日もいい日でありますように。
No title
ねえねさんへ

もちろんこれではいけないと思って生きていってもいいですが、
やはり苦しいことです。
神経をすり減らすと思います。

芸術家、文学者の自殺は昔から多いような気がします。
神経をすり減らす傾向がなければ、自殺もしなかったけれど、
芸術家や文学者になっていなかった方も
もしかしたら多いのかもしれませんし、
芸術家や文学者に自殺が多いというのは私の思い込みかもしれませんけど。

「これではいけない」という思い自体が悪いわけではもちろんないですよね。
向上心の表れで、その中から生まれた価値あるものも多いと思います。
No title
tetsumamaさんへ

「私がもっと○○だったら」という思考はドツボに入りますよね。
「もっといいお母さんだったら、子供はきっとこうなっていた。
あれもこれも、至らない母親であった私が悪い」
「あの時、よく気が付く人だったら、この点を疑問に思ったはず。
私がもっと気が付く人間だったら、結果は変わったはず」などなど
どんどんこんな例文が作れますよ、私は。(爆)

どの例文の「私」も、心にあるのは反省と自分を責める気持ちなのだけど、
(あの時の私には今の私の考えが浮かばなかったけれど、
あの時にできる範囲で一生懸命だったことを褒めてあげよう。
あの時気が付かなかったことを、今なら理解できる。
そんな成長した自分も褒めてあげよう)と
自分に甘くしてもいいんじゃないかなと思います。
自分に厳しいことと、甘いことも、バランスが大事かなと思う今日この頃です。