FC2ブログ

Post

        

懐かしのお店に行って連想した子供時代の外食のこと

category - 日記
2014/ 12/ 30
                 
昨日が仕事納めで、今日からしばらくは仕事は休みです。
小掃除なりの仕上げをして、それなりの年の区切りをつけました。

長男は仕事なので、オットと長女と3人で実家に行きました。
実家は空き家ですが、お仏壇があるので、お参りに。

--------------------------------------------

帰りに食事をして帰ったのですが、
結婚前はよく行った「仔馬」というお店が少し変わっていました。
昔は各テーブルに小さな花瓶と花を欠かさなかったのに
それはなくなっていました。好きだったのに。
1輪でもいいんですけど、やはり無駄?
時の流れなのかな。

そしてハンバーグ焼きのセットに豚汁が付いていました。
ここは洋食のお店で、暖かい汁ものを注文するなら、
コーンスープかコンソメスープだったのに。
単品でもあるの?と思って、メニューでチェックするとありました。
「豚汁(ご要望により)」なんて書いてあったのが面白かったけど、
お得意さんに「豚汁食べたい」と言われたのか、
何人もお客様に、セットに味噌汁くらいつけてと言われたのか。
ハンバーグは昔と同じ味で、山盛りの野菜炒めも健在でした。
外食すると、野菜不足になりがちですけど、ここは安心。

--------------------------------------------


仔馬は私は好きなおみせでしたが、お肉がメインになるので、
お肉の苦手な母は困ったはず。
でも、たまには家族で連れてきてもらったことを思い出しました。

お肉の嫌いな母が何を食べていたのか、思い出せません
一番よく行ったのは弟が大好きだった焼肉屋さんでした。
ここでは母はシーフードと野菜の焼いたのを食べてたっけ。
父の好きなのはお寿司屋さんでしたが、母は生魚もダメでした。
卵とかアナゴとか食べていたのでしょうけど、記憶にありません。
天ぷら食べてるところを今ふっと思い出しましたけど。

母の大好物を食べに行った記憶もそういえばありません。

お魚の焼いたのとか煮たのとかが好きでしたから、
海辺に行けばそんなお店、いっぱいあったのにね。
母もそういうところに行きたいなんて言いませんでした。

家族みんな、母が好きだったのに、母に思いやりがなかったです。
父は仲間と飲み歩くのが好きでしたけど、
母と食べ歩きなんかしてなかったと思います。

母のした食べ歩きは、末期のスキルス胃癌と言われてから、
私とあちこち出かけてした、あの食べ歩きだけかもしれません。
末期のスキルス胃癌って、食べ歩きには最低の状況でしたが、
楽しいね、ありがとうね、と言ってた母。

多分母は、「仔馬のハンバーグとアイスを食べたい!」と娘が言ったり、
「焼肉がいい!」と息子が言ったりした時に、それを聞いてあげたくて、
嬉しそうな顔で食べている顔を見て、幸せだったでしょうね。

元気な母親に、子供は、気を使わないといえばそれまでだけど、
やっぱりごめんねと思いました。
昭和一ケタの父も、気の付かない子供を持ったのだから、
「今日はうまい魚を食べに行くぞ」って連れてけば良かったのに。
子供は海老フライでも食べさせておけば上機嫌だったに決まってるのに。
(死んだあと、こんな風に文句言われる父も可哀想?笑)
「たまにはお母さんの好きなものを食べに行くか?」くらいは言ったかもしれませんが、
母は「いいよ、子供の好きなお店に行けば」と言ったでしょうし、
父としては一応聞いたんだからと、それっきり・・だったかも。
記憶はないけれど、何だかそんな気がします。

--------------------------------------------


義姉たちから連絡があって、1月3日に来るそうです。
良かったね、シュウトメちゃん。娘に会えるね。
生きているうちに親を喜ばせてあげたほうがいいに決まってる。

今年のお正月は4日に来る予定だったのに、
寒冷蕁麻疹の出たシュウトメちゃんは、来る前にギブアップで
施設に戻ってしまい、義姉たちは、施設に行ってはくれなかったのでした。

明日からはシュウトメちゃんのお世話もあるので、
今日は後は少しのんびりしようかなと思っています。
大掃除しようと思えばそれなりにできるけど風邪ひいてるし。
風邪は言いわけかも。(爆)




スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
良い思い出があってよいですね。よき思い出がいかに生きる糧になるか、私の歳になるとよく分かります。

お母様は、きっと子供の喜びが自分の喜びと重なっていた時代に生きた母親としてとても良い人生を送ったと思います。

それにもっとも心が弱い最晩年をkoalaさんの優しさに包まれていきたのですから、思い残すことはなかったのではないでしょうか。
No title
仔馬!懐かしいです。まだそのままなんですね。
豚汁、私は苦手だからコーンスープのほうがいいんですが、もうないのかな?またご一緒しましょうね。

私は正月はほぼ一人ですが、日帰りで実家に戻ろうと思っています。
ただちょっと風邪気味なので・・・。
年を取ると、風邪がなかなか治らなくなりますね。お大事に。
そして、良いお年を。
No title
なんだか光景が目に浮かびます。
昭和の幸せ家族って感じ♪

お風邪お大事に~(☆∀☆)
No title
お母さんの思い出、気持ちの優しいお母さんをこうして思い出されて、何よりの供養ですね。生き方、心がkoalaさんに伝わっているんですね。いいお話です。

佳いお年をお迎えくださいhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s106.gif">
No title
外食するといえば、子どもの要望が第一でしたよね。
お母様が優しいまなざしでkoalaさんたちを見つめている光景が心に浮かびました。
さぞや優しいお母様だったことでしょう。
大きくなった娘とお出かけできて、お母様も嬉しかったことでしょうね。
私は、今、母に何をしてあげられるだろう・・・・
何もしてあげてないので、これから考えてみようと思います。そして、一緒にお出かけしたいと思いました。

よいお年をお迎えください。
No title
sioさんへ

お優しいコメント、ありがとうございます。

子供と言っても、小学校高学年とか中学生になれば、
「たまにはお母さんの好きなものを食べに行こうよ」くらいのこと
言える想像力があってもよさそうなものだと思うのですが、
自分にそれがなかったことを残念に思います。
実際にそうすることよりも、子供にそう言ってもらえるだけで、
母親はとても幸せになることが出来ることを知っているので余計に。

想像力が足りないkoalaだこと、と思いつつ、娘の食欲を
楽しんでみていたとは思いますが。
No title
たぬきねこさんへ

コーンスープはまだあったと思います。
豚汁はおまけにセットでついてくるのです。
プラス200円でコーンスープに変更できます、とかだと嬉しいのにね。

私たちが懐かしい仔馬は、もうずいぶん前に建物を壊して、
なくなってしまいました。
今回行ったのは、自宅から車で5分の秋葉公園の近くにある仔馬です。
他にも南安城駅近くの仔馬がありますけど。
今は刈谷駅の近くにもできたらしいです。行ったことないのですが。

また今度、いきましょうね。

懐かしいお店がなくなっていくのは仕方ないけど寂しいことですね。
No title
ねえねさんへ

昭和の思い出はいくつもありますよ。(笑)
ねえねさんはお若いから、スーパーの屋上にミニ遊園地があった時代を知らないかな?
母は運転ができなかったし、父は一人で出かけちゃう人だったので、
幼い子供たちに日曜だからどこかに連れてって~と言われると、
ユニーの屋上に連れて行ってくれたものでした。
No title
ライムさんへ

母は優しかったけれど、子供は自分勝手だったわ。(苦笑)
でも、今ねえねさんのコメントに返信していて思い出したけれど、
ユニーの屋上に連れて行って子供たちを安い遊具で遊ばせてから、
お昼に食べに行ったのは、ラーメン屋さんかおうどん屋さんだった記憶が。
母は麺が大好きなんですよ。
安い早いというのもあったけど、母なりにラーメンやうどんを楽しんでいたかも。
そう思ったら嬉しくなりました。
No title
tetsumamaさんへ

亡くなった親は多少理想化してもらえるんですよ。(笑)
母は優しかったけど、けっこう衝突もしてました。
世代のギャップもあったし、価値観の相違もあったし。
もっと理解のある親がいいと思ったこともあったし。
今は、このパターンの母娘の経験をすることに
決まっていたのかも?なんて思ってます。

tetsumamaさんとお母さまがいい時間を過ごせますように。