FC2ブログ
2014/11/30

Post

        

奈良旅行 その3 談山神社

category - 日記
2014/ 11/ 30
                 
紅葉の名所、談山神社の紅葉のピークは1週間前。
それは美しかったそうですが、その代わり、人がいっぱいで、
駐車場に入るのに2時間待ちだったとか。

色あせはじめではありましたが、充分きれいでした。



朝から歩き回っているので、少しこの階段が太ももにこたえてきつつありました。(笑)



談山神社は、大化の改新の談合が行われた場所だったとか。
中臣鎌足が蹴鞠の会で中大兄皇子とお近づきになったのもここ。
談合の場所とされているのは、もっと山の上の方でした。
(物好きなkoala夫婦は、後でそこにも行ってきました)








この後、本殿に上がって撮影しました。






神社の風情と紅葉って、本当によく似合いますよね。






十三重塔と紅葉。
ここの紅葉は、日当たりがいいためか葉が散る度合が高くて少し残念。







散った銀杏の葉の黄色が、目に鮮やかでした。







こういう景色にうっとりした後で、大化の改新の談合場所に上って行きました。
プチ登山でしたが、大した距離ではなかったです。



この後も、もう少しプチ登山しまして、展望台に行きました。
いい景色が見られましたが、写真はありません。
手前が山の木々で暗く、下を見下ろす景色は明るすぎたので、
私のスマホのカメラではうまく写せないと思い、撮影しませんでした。




すっかり歩き疲れたので、目の前のホテルにチェックインしました。
お部屋は3階でしたが、ちょうど目の前が十三重塔になっていい景色。

「多武峰(とうのみね)観光ホテル」といって、名前はホテルなんですが、
昭和の旅館のにおいがぷんぷん。
私が子供の頃は、今のようなお洒落なホテルなどあまりなくて、
こんな感じの旅館だったんですよ~。

私たちの部屋担当の仲居さんが決まっていて、
お部屋のお茶を持ってきてくださるのも、食事の時間を聞くのも、
食事の際、説明したり、お肉を焼いてくださるのもその仲居さん。

特に子供時代などは、高級な旅館など全く縁がなかったので、
気取った上品な仲居さんではなくて、親しみやすいおばちゃん風の仲居さん。

そう、この雰囲気。

タイムスリップしたみたいで、懐かしい雰囲気でした。

子どもの頃に旅行して泊まったのは、ほとんどが父の会社の保養所だったので、

保養所以外に泊まること自体が珍しく、記憶に残っていたのでしょう。

どこの場所だったのかは全く記憶にないんですが。(笑)




部屋からの景色。
こうやって見るとやはりかなり落葉していますね。

ライトアップを見に行こうと思ったのですが、お風呂に入ったら、
疲れが出てきたのと、部屋からもライトアップがそこそこ見えるので、
チェックイン後は、部屋でグダグダと過ごしました。



夕食は「義経鍋」というシンプルなお料理で、
この形は義経の刀のつばをモチーフにしているのだとか。
真ん中がお鍋で、周囲は焼き肉ができます。
ちょっと笑っちゃったけど、やってみると、これはなかなかナイスです。
余分な脂は六面ある焼きプレートのそれぞれの受け皿に落ちるし、
鍋と焼き肉を交互にも食べられるし。

この画像で焼いているのは、鴨とイノシシとウズラのモモ肉。
仲居さんが焼いてくれました。
この感じも懐かしかったです。

昔はもしかしたらつきっきりでお世話してたんじゃないかな、昭和には。
今はそれをすると却って嫌がられますもんね。

お肉を焼きながら、地元には猟師さんがいますのでとおっしゃる。(笑)
これだけ山に囲まれているのですから、鴨もイノシシも獲れることでしょうと言うと、
昔はキジなんかもよくお出ししたんですよとおっしゃる。
今はキジ肉でなく、豚肉と牛肉が出てました。
鴨もイノシシもウズラのモモ肉もとても美味でした。


食べ始めてから写したので、ちょっと減ってます。(笑)

お料理はシンプルで、目の前にはポン酢とこのホテル自慢との焼き肉のたれ。
いろんなお味の料理が次々と出るのに慣れちゃっていたので、
ここは違うんだねえと話しながら、写っていないけど、ビールで乾杯。

この盛り皿というかお膳というのか、これも年代を感じますね。
この間、母の夢を見たばかりなので、おかあさん、昔こんな感じの旅館があったよね、
あれはどこだったのか覚えてる?と心の中で話しかけたけど、
当然ですが、返事はありませんでした。(返事があったらびっくりです。)

お風呂も、昔の大浴場という感じのお風呂でした。想像通り!



翌朝、ホテルの5階から撮影しました。
雨が降ったりやんだりで、すこしけぶっていますがきれいでした。





スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
素晴らしい風景の中のお宿で、ゆっくり紅葉を堪能できましたねぇ。(^_^)/
koalaさんは、「ハレの日とケの日」がしっかりあることに気づきました。
エネルギーをうまく補充されていますね。
私は、毎日が日曜日のようで、毎日が平日のようで…(^_^;)
No title
こんばんは!
イイご旅行ですねぇ~!!

写真がとってもキレイで上手に撮ってらっしゃいますね!スゴイです!
No title
もこさんへ

もこさんの生活も素敵で憧れます。
お仕事もリタイアされて、生活を大事にしていらして、
バードウォッチングに余念なく、カメラを楽しんでいらっしゃる。
私の職場は65歳が定年なので、それまでは働こうと思っていますが、
リタイアしたら遊べるように、しっかり足腰鍛えておかないと。(笑)
No title
ミセスRさんへ

紅葉のピークの一週間後なので、少し残念でしたが、
駐車場に入るのに2時間待ちだったと聞いて、
気を取り直しました。(笑)
日本人はやはり桜と紅葉を見るのが大好きなんですよね。
No title
物好きなkoala夫婦だからこその旅のような気がします。

型にはまらず自由な感じがとっても素敵https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s17.gif">

見頃が過ぎたとはいえこれだけの紅葉。

あまり人の気配が在りませんね。

ほんと、いい時期に行かれました。
No title
悦子さんへ

大化の改新の打ち合わせをした場所に上ろうと考えたのは、
私たちだけではなくて、そこそこいたんですよ。(笑)
少なくても10人くらいとはすれ違いました。

今の政治家なら、高級料亭で打ち合わせしたことでしょうに、
山の上で、このままでは日本は・・・なんて話してたのね~と思うと、
中大兄皇子と藤原鎌足が身近に感じられるから不思議。