FC2ブログ

Post

        

自宅の取り壊し問題

category - 日記
2014/ 08/ 24
                 
昨日は土曜日、夫婦で鍼の日。(爆)

鍼治療の後、軽トラックを借りに行き、実家に行きました。
実家の木の枝を、お盆休みに剪定したのですが、
木くずを整理して持ち帰ることまではその時出来なくて、
昨日することにしていました。

折悪しく、東海地方の天気は大荒れで、
庭の低い部分に水が溜まってしまいました。
仕方ないので、雨具を着て剪定ゴミを軽トラックに乗せ、
燃えるゴミの処分場に運んできました。
2往復する予定でしたが、1回にして、切り上げました。
残りはまた私が軽自動車で運べばいい量でしたし。

実家も空き家になって6年目です。
実家の隣にあった叔母の家まで空家になっています。

お隣の方の我慢も限界になってきたようで、
いつまで空家にしておくつもりかと聞かれます。
空き家に放火でもされたら困るのです。当然です。
、実家を取り壊すと言うのは、仏壇の処分を意味します。
家を壊すのも淋しいことですが、仏壇の処分を思うと心が重いです。

今年の12月は、母の7回忌ですので、
お坊様に相談しようかと思います。
私としては、もう少し・・と思いますが、
実際に、嫌な思いをなさっているお隣の方の気持ち、
何もおっしゃらないけれど、近くに空家は困ると
思っていらっしゃるに違いないご近所の方の気持ち、
いろいろ考えるのですが、結論が出ません。

母の13回忌まで家を壊さずにというのはあまりに迷惑なのか、
2年後は父の13回忌なので、それくらいがめどになるか、
もっと早く、母の7回忌を機会にすべきなのか、
何度となくオットと話してきたのですが、優柔不断で気持ちが決まりません。

叔母の家も一緒に壊すことになるでしょうが、
本人はずっと家を壊したくないと言っています。
でもねぇ・・・野中の一軒家じゃないんですから、
いつかは壊さないといけませんし、
叔母があの家に帰って住む日はもう来ないのですから、

了解してもらわないといけません。


自宅のリフォームが済んだら、実家の片づけを進めていこうと思います。

とりあえずいつ壊すことになっても、片づけは必要ですし、

業者に任せて全部廃棄処分ね、というのは楽ですが、

出来る範囲で、私が心を込めて片付けてあげたいと思っています。






スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
実家を処分するには、それなりの覚悟が必要ですよね。
お隣さんの気持ちもわからないではないですが、
全く放置しているわけではないので、もう少し、
温かい目で見てくれたらと願います。
No title
妻の場合には、妻の実家の仏壇は、私がいって我が家の仏壇に移動しました。日本の文化では、血縁でないものも一緒に祀ることもありますので、抵抗はありませんでした。
男兄弟と両親を亡くしていますので、一緒の位牌に統合しようと考えています。(仏壇が狭いので)。

家は売却が決まりましたが、家にあったものは、心をこめて処分しました。妻の両親が大事にしていたはん入り紫陽花や菊は挿し芽で我が家に受け継ぎました。

こころを込めて整理なさるという話を聞いて、とてもうれしいです。実家に一度も来ずに業者に処分させるということが身近に二度も起こっていますが、寂しい限りです。
No title
ご実家の件が出る度に考えさせせられます。
空き家問題は全国区に広がる一方なんですよね。
東京なんぞもガラガラで・・・でも家賃は下らない^^;
放置しておくより貸したほうがマシなのにと思うのは賃貸暮らしの身勝手な発想なのかしら。

叔母様が住んでおられた家に仏壇を移して、本宅を貸すというのはやはり考えられませんか?
他人に踏み込まれたくないという気持もわからなくはありませんが、シュウトメちゃんの入所費用もこれから嵩む一方ですし、なにより資産運用でお墓のメンテなど活用できることは多いと思うのですが・・・。
それに脅かすつもりはありませんが、いつまでもパートを続けられるとは限りませんもの。
副収入は大切だと思います。。。

プライベートなことでメールしましたので、あとで読んで下さいね。
No title
tetsumamaさんへ

ありがとうございます。
最初の3年くらいは優しかったのですけど、
だんだんね・・・仕方ないのかも。
でも、本当に、処分っていうのはなかなか切ないので、
すっと決断を下すのは難しいです。
No title
sioさんへ

こういうことに抵抗のないsioさんの自由さは本当に素晴らしいです。
地域的なものもあるかもしれません。
このあたりの田舎ではありえないことなんです。
ですので、私もいずれは仏壇をお寺にお願いして
処分する決断はしております。
でも、それが今かということになると、心情的には、
もう少しお仏壇のお世話をしてあげたい気持ちが強いです。

奥さまのご両親が大事にしていらした紫陽花や菊を
挿し芽で受け継いでくださるような立派なご主人は
そういらっしゃるものではありません。

実家には両親と過ごした時が刻まれていますので、
感謝の気持ちを込めて、自分で整理してあげたいです。
No title
ステップマザーさんへ

きっとこれは都会の人と田舎の人間の違いかなと思いますが、
両親と過ごした家を人に貸して・・・という気持ちは
ちょっと起きないんですよ。
確かに副収入にはなるでしょうが。
私が年老いて、子供がそうしたいと言ったら任せますが、
ホントは、子供が2人いるんだから、そのうち一人が
こっちに住まないかなぁというのが本音。
まあ、強制することではないです。いいなぁという願望です。