FC2ブログ

Post

        

昨日の日記の続き

category - 日記
2014/ 05/ 20
                 
昨日の日記、賢者テラさんの話の続きです。

私が本や講演会(あ、ライブね。笑)の要約を日記に書くと、
まるでそれが全部私の意見のように思われがちなのですが、
なるべく、そういう誤解が生まれにくいように、
テラさんはこう言った、という文章と、
私はそれを聞いてこう感じた、という文章、
これはどちらの文章かがわかるように書きたいと思います。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h068.gif

-------------------------------------

テラさんは、人生は映画を見るようなもの、と言いました。
人生は全部決まっているということです。
あみだくじのようにジグザグに生きる必要がないのは、
他の選択をした、別のたくさんの人生も生きて経験するから。

これ、面白いなぁと思いました。
53歳まで生きていると、「まさか?!」と驚くようなことが
いろいろ起きてきました。
慣れないうちは、取り乱しました。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h350.gif

最近は慣れてきて(?)「そうきたか」と思うようになってきました。
映画館で映画を見ていると思っていたら、
最初から「そうきたか。ふふふ・・・」http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h264.gifと落ち着いていられたのかも。
でもこれはねぇ、取り乱す経験も必要だったと思います。

-------------------------------------


テラさんが言いました。
「ガッツ石松と松阪桃季の朝日新聞のCMで、
タブレットで新聞を読むようになったガッツ石松が、
「人生が360度変わる」というようなことを言い、
松阪桃季が「え?360度?」と突っ込むシーンがありますね。
あのガッツ石松のセリフ、いいと思います。」

いろいろあって、360度人生が変わって、元に戻ってくる。
テラさんがホワイトボードに丸を描いたとき、
私の中に小さな衝撃が走りました。
私は360度回って戻ってきたんだ、と感じたのです。


-------------------------------------


若い頃から臨死体験の話などが好きでしたが、
苦しいことがあったから、拍車がかかりました。
シュウトメちゃんとの生活は息がつまりそうでしたし、
その中で生まれた長男は先天性の病気を背負っていました。
子供が苦しむ姿を見守ることはとても苦しいことでした。

たくさんの子供がいれば、一部には先天性の病気の子が生まれます。
それは理解していました。
妊娠中に大姑の介護などしていなかったら病気で生まれなかったかも。
シュウトメちゃんとの度重なるストレスがなかったら・・・
もっと上手な子育てが出来ていれば、こんな風には・・・
あの時、こういう視点が持てていたら・・・
長男が苦しみをたくさん背負うことが、避けられたかもしれないのに
不注意な母親である私は、避けてあげられなかった。

そんな苦しい気持ちの日常がスタート地点でした。
当時の私には、苦しみは避けたいものでしかありませんでした。

それからたくさんの気づきや納得がありました。

起こることは起こり、苦しみを感じるものは感じる、
人生は、そういう経験もするように出来ていると理解し、
大事なのは効率などではない、失敗という人生はない、
比較は必要ない、役に立つことが一番大事なのではないなど、
いろんなことがわかってきました。

-------------------------------------

360度人生が変わって、自分の生活を普通に、大事に生きるという
実にシンプルな始点に戻ってきました。

私の前世は?とか、どうしてこんなことが起こる?とか
そんなことを考えなかったところまで戻ったのです。

死後の世界も、前世も、あると思っていますが、
今、詳しく知る必要もないと思っています。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h415.gif

振り返って思うと、私がスピリチュアル大好きになったのは、
長男が苦しまないような方向に進むためのHOW TOが
そこにあると思ったから、だったんですね。
気が付かなかっただけで。

今は、人はそんなHOW TOを超えたものに包まれているので、
じたばたしないで、現状を生きるほうがいい、
都合の悪いことから逃げ回る必要はなくて、
宇宙を信じて、そこを生きる覚悟があればいいと思っています。
(このあたりは私の気持ちであって、テラさんの話ではありません。)

-------------------------------------


どうして私がこんな目にhttp://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h350.gifの謎解きもどうでもいいです。

被害者意識は必要ないですし、因果律はあると思いますが、
が生じたのは過去のこと。
果として現れた現象は、現れるべくして現れたこと。
原因探しなどは必要ないと感じています。

今、この世で肉体を持って生きていること、
青空が美しく、夜の月が、星が美しく、
家族におはようと言える日々が終わっていない、
私の映画がまだ終わっていないことが有難いです。

ヘタレなので、あまり苦しかったら有難くないと文句言いそうですが。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h317.gif

-------------------------------------

陽と陰はワンセットhttp://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h415.gifという話もありました。
この場合の陽は、だれが考えてもそれは幸せ、と思うようなこと。
気持ちいい、都合のいい感じで物事が進むことで、陰はその逆。

陰だけを否定して、陽だけを求めてもそれは無理。
例えがまたテラさんらしくジャイアンとジャイ子でした。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h068.gif

「ジャイアンが陽、ジャイ子が陰だとすると、
ジャイアンの機嫌はしっかり取って、ジャイ子はいじめたとする。
そうしたらジャイアンは、自分には機嫌をは取って来る相手だから、
ジャイ子がいじめられても怒らないか?と言えば、
よくも妹をいじめたな!と殴ってくるでしょう?
ワンセットなんですよ。
ジャイアンもジャイ子もワンセットで切り離せないものとして
受け入れないと無理なんです。」


この話もね、私がしみじみ実感していることとドンピシャでした。
まあ、ありふれた話だからと言えばそれまでなんですが。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h264.gif

都合の悪いこと(普通の人が、こんな風でなければいいのにと
思うようなこと)が自分に起きないことを願っても無駄だと思います。
そうでなくて、そういうことが起きたときに、
自分に起こる反応を変えることが出来る、それが大事だと思います。

-------------------------------------

ラッキーな事ばかりが起きることを願うのではなく、
普通に辛いことが起きてきても、振り回されないこと。
外側に自分を変えてしまうものがあるわけではないのを知り、
宇宙と繋がっていられること。
それが大事かなと思う今日この頃です。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h068.gif


「映画は最後まで見ましょう。
何が起こるかわからない。
何かが起こる。」
テラさん、素敵なライブをありがとうございました。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h415.gif

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
随分いろいろな内容が詰まっていた講演ですね。
最近、つくづく感じますが、スピリチュアル、仏教、哲学や思索などさまざまな分野の人がさまざまなことを言っていますが、内容の90%以上は重なり合っている。残りの10%が大事だといえば大事なのですが、(例えば、前世の存在を認めるか認めないかなど)、一つの考えを信奉しない私のような立場の人には、同じことを表現を替えて言っていると思えます。
だから、共通する90%の部分に真理があるのではないかと思えます。もちろん、この考えも一つの偏りがあるとは思いますが。
No title
人生は映画を見るようなもの>だったら私~もっと違う映画が良かったわ~。シンデレラストーリーとか(笑)。
半分冗談で半分本気(笑)。

記事を読んで、賢者テラさんのおっしゃってること、バリヒンドゥーとほぼ同じです!
ラッキーなことばかりなんてないですよね。
アンラッキーなことが存在しないと、ラッキーも感じられないです。

所詮人間なんて、今目の前に起こってることに、対処することしか
できないです。
まぁイマイチ気に食わない「自分映画」ですが(笑)、
楽しむことにします。

苦悩・困難のストーリーの映画は、最後まで観ると
感動的な深い映画であることが多いですよね!
No title
おはようございます。

とても深いお話で、簡単には感想を書くことができないのですが、生きる覚悟があればいい~と思うkoalaさん。。常に内観されておられる日々、いいなぁーと思いましたhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s106.gif">
No title
sioさんへ

前世は信じなくても、集合的無意識を信じていらっしゃるのでしたら、
私の感覚では、お仲間です。(お嫌かもしれませんが。笑)

ああいうスピリチュアル系の話に集まる人というのは、
苦しい経験があってという人が多いのですが、
自分は悟りというものが分かっているという優越感を示したい、
それはそれで別にいいんだけど、相手するのは面倒、と言ってました。

優越感を感じたいのではなく、知的興味で悟りたい人も多いとか。
とにかく、いろんな人が「悟りたい、悟りたい」と願って、
テラさんのようなスピリチュアルを説く人に寄ってくる時代みたいです。

スピだけでなく、宗教界でも同じかもしれませんね。
仏教の座禅会とか、説法会も人気があるそうです。
もっともな現象ですね。

「上も下もないよ。みんな本当は悟ってる、知ってるんだよ。
でもそれを認めてるかどうか、強烈な体験をしたかどうか、
その辺の違いだけ。強烈な経験なんかしなくても悟ってますよ。」
テラさんが言ってました。
No title
ねえねさんへ

シンデレラストーリーの映画は、きっともう見ちゃったので、
同じでは退屈だわと、今度は波乱万丈編を見てるんじゃないですか?(笑)

>記事を読んで、賢者テラさんのおっしゃってること、バリヒンドゥーとほぼ同じです!
そうなんですか?!
人生は愛だ、と語るスピリチュアルメッセンジャーが多いのですが、
陽だけを愛とみるのではなく、陰もまた含めた愛でなければとも言っていました。
陽だけの世界がやってくる、なんて言ってるスピリチュアルメッセンジャーが
いるけれど、そんな世界、来ないですからねとも。(笑)

これはテラさんが言っていたわけではなく、私の妄想ですが、
あらゆる生きる可能性を生きている人が、世界中にいて、
自分が受け持ったのが、今の映画だと思うんですよ。

能力的特徴も同じで、慎重さを受け持った人、おっちょこちょいを受け持った人、
チビ、デブなどの身体的特徴、男女、生まれた国の環境、その他もろもろ、
私たち一人一人は、その条件を生きることを「請け負った」
映画の主人公なのかもって思いました。不思議な感覚でした。
No title
ライムさんへ

怪しすぎて感想が書けないのかもしれませんね。(笑)
でも、読んでいただいただけで、とても嬉しいです。
なにこれ?気持ち悪いブログ~と感じる方もいらっしゃると思うんですよ。
感性は人それぞれですので、仕方ないのですけどね。

今、テラさんの話がいろいろ私の中で発酵していて、
新しい感覚が自分の中に出てきていますので、
また近いうちに、怪しい日記を書くような気がします。
No title
今の私は「嫌なコトから回避」したい気分で一杯かも知れませんhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s319.gif">
私が受け入れないと次男も受け入れないのかな…https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s366.gif">
次男と私なら「乗り越えられる俳優」と言う感じに思えば少しは生きやすくなれるのでしょうかね?(笑)
私の映画の名脇役者は、長男に決定ですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s352.gif">
No title
CIBさんへ

例のお子さんですね。
う~ん、難しい問題ですね。

お母さんを下の子に取られてしまって、自分もかまって欲しいし、
自分よりかまわれている子を見ると、邪魔したくなるのでしょう。
でもほかのお母さんたちも、自分の子をその子の暴力の被害から
守るのに精いっぱいで、代わりに充分かまってあげるなんて
不可能ですし・・・・いい方法がないかしら。