FC2ブログ

Post

        

布団と毛布を干す幸せ

category - 日記
2014/ 01/ 28
                 
先週の金曜日に人手不足だったので、休みを返上しました。
その代わりに休んだのが今日。
三月並みの暖かな日で、風もなかったので、
お布団と毛布を干しました。

ふっかふかでお日様のにおいのするお布団と毛布。
ささやかな幸せだけど、いい気持ち。

お日様、ありがとうございます。
そういう気持ちでお布団や毛布を取り込むと、
大きなお日様のエネルギーと小さな私の感謝のエネルギーが
お布団と毛布に宿るわよ~、きっと。

100年前の日本人は、日の出を拝んでいたらしいです。
私たち後輩日本人は、そのまま素朴に成長は出来なかったけど、
DNAには「おひさまを拝む」気持ちが書き込んであるかも。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
本当に幸せな匂いですね😄
日の出日の入りには、自然と手を合わせたくなります。
No title
お日様の匂いのするふかふかのお布団、気持ちいいですよね。
No title
子供の頃の童話にさんさん坊主というのがありました。自然の恵みの象徴だつたと思います、太陽をみるといつもさんさん坊主がやってくる気がします。
No title
寒い冬の一日、おふとんを干せる日は貴重ですね。
ふかふかのおふとん、嬉しくなります。わざわざ、家族にも~おふとんほしたから~って言っています。。
今度は、koalaさんのように太陽にありがとうと言ってみます♪
No title
もこさんへ

もこさんは、鳥の観察で、早朝に歩かれることも多いですね。
そういう生活の豊かさをしみじみ感じる昨今です。
日の出日の入りには、自然と手を合わせたくなるって、
素晴らしいことですね。
No title
ねえねさんへ

子供時代は母親が干してくれていたので、
いろいろ思い出すことがあり、ちょっとセンチメンタルな気分です。(笑)
本当に気持ちいいですよね。
No title
sioさんへ

入院生活はいかがですか?
スマホでコメントしてくださったのかな?
ありがとうございます。

さんさん坊主という童話は知りませんでした。
いいお話ですね。
自然の恵みを象徴するようなお話は、
どんどん子供時代に読み聞かせしてあげたいものです。
No title
ライムさんへ

お天気でも、風の強い日は干せないですし、
朝から忙しくて、取り込めない日も干せないので、貴重ですね。
夏に少し干し過ぎると、暑くて困るのも思い出しました。

年とともに、何もかもがありがたくなりつつあります。
No title
ヨーガにも「お日様を仰ぐポーズ」もあるし、代表的なものでは
「太陽の礼拝」が。
大勢の人が初日の出を拝もうと東へ東へ車を走らせる元旦。
私は太陽の事を「おひさん」と言ったり「おひぃさん」と呼んだり(笑)

仕事しているとなかなかお布団は干せません。特に冬は。