FC2ブログ
2021/06/18

2021年06月18日

        

義母さん、誤嚥性肺炎で入院

category - 未分類
2021/ 06/ 18
                 
2021061807554606c.jpg

施設で夕方むせてしまったという義母さん。
その後、嘔吐、発熱があり、翌朝には下がったそうですが、誤嚥性肺炎の疑いがありますとの連絡が入りました。

朝10時くらいに電話連絡を頂いて、「今日の午後3時くらいに○○外科病院に連れていっていただけますか?」とのこと。
とりあえず、施設に直行して、お話ししました。

午前でも間に合うのに、午後の受診というのは、車椅子を載せられる車両の手配が出来ないからかと思ったのですが、そうではなかったようで、午後まで待たないと無理なんですか?と聞くと、今から行っていただけるなら、手配しますということでした。

義母さんが少しだけでもつかまり立ちできていた頃は、私の車に座らせて、車椅子を後ろに積んで、受診してきたものですが、今は私一人ではとても無理です。
私は自分の車で、義母さんは、車椅子ごと乗れる施設の車で病院に向かうことになりました。

○○外科病院は、義母さんのかかりつけ病院ではありますが、今の特養に移る時に、診療は、特養を経営するクリニックに移します、という書類を、主治医の先生に書いていただいたのでした。

そして特養を経営するクリニックは内科なので、私としては、何か異常があったら、すぐにそちらのクリニックで見ていただけるものだと思っていました。

でも聞いてみれば、そういうことではないらしく、クリニックは小さくて混雑しているので、以前からかかっている○○外科病院の方がスムーズだと思いますと言われました。

義母さんは5月18日に1回目、6月8日に2回目のコロナワクチン接種をしていますが、大丈夫とは限りません。
受診時には平熱に下がっていましたが、当日の朝3時の時点では高熱がありました。
発熱患者用の待合室に行き、抗体検査を受けて、コロナではないと判断していただいてからの受診になりました。

コロナではないのがわかってよかったのですが、ワクチン2回目接種後9日で抗体検査が陰性っていうのは普通なんでしょうか?接種すると、抗体ができると思っていたんですが。
よくわからないので、詳しい方がいらしたら教えて欲しいです。
お医者様に聞けばよかったのに、という話ですが、後で??となってので・・・自分の脳の回転の遅さを実感。

義母さんは、やはり誤嚥性肺炎を起こしていて、個室での入院が決まり、抗生物質の点滴が始まりました。

一時高熱だったとはいえ、受診時に熱は下がっていたので、ほっとしての受診だったのですが、90歳で体力が落ちているところへの誤嚥性肺炎は、かなり怖いことだというのが、先生の説明でわかりました。

入院は、正確には分からないけれど、と言われましたが、とりあえず1か月の予定と書類には書かれていました。

すっかり弱ってしまった義母さん。
むせることはよくありましたが、今までは、むせることで異物が肺に入らなかったのだと思います。
今回は、むせて、嘔吐しても、異物は肺に入ってしまったと言う事なのかな。

パジャマはレンタルもありますし、お洗濯代行もあるのですが、パジャマは持参して、洗濯も、私が洗ってきますと言いました。
そうすれば、持って行った時に、様子とか聞けますしね。

昨年の5月にも発熱して、その時も、コロナではなく、尿路感染症を起こしていて、入院しました。
痛いこと、苦しいことばかり起きて、可哀想です。
よくなりますように。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
            
スポンサーサイト