FC2ブログ
2020/07/03

2020年07月03日

        

「片方の目のない方の猫だ!」

category - 未分類
2020/ 07/ 03
                 
DSC_6409_(2)_convert_20200703075837.jpg

朝ドラはコロナで撮影ができないために、回顧画面ばかりになっています。
仕方ないですよね。
朝ドラの子役たちにはいつも感心しちゃいます。
それに回顧画面には出てきませんが、志村けんさんの演技も素晴しかった・・・

朝ドラを見始めたのは、「あさが来た」からです。
NHKオンデマンドで「ちゅらさん」を見たというきっかけから見始めました。
子育ても介護も手が離れてきたという状況も大きいです。
それまではテレビの前に座れる時間帯じゃなかったですもん。
BSで見ると、時間も早めで、過去の朝ドラもすぐ前の時間帯に放映するのを知って、「おしん」も見られたし、今は「はね駒」を見ています。

責任が少なくて、のんびり楽しめて、幸せなアラカン時代を送っていられてありがたいです。

幸せかどうかは自分の気持ちが決める部分も大きいので、「ありがたい」「幸せ」と繰り返すのがよろしい、という話を読んだことがあり、とても納得したので、実行しています。
「ありがたい」と言うと、脳は「ありがたい理由」を考えてくれるので、ヘンな方向に暴走しないんだそうです。

だからつじつまは合わなくても、「ありがたい」と口に出してから、自分のできることを考えたらいいという理屈です。
例えば「転んで痛かった、ありがたい」というのはつじつまが合わないのですが、脳ってとにかく無意識の間もずっと何かを考えるのが仕事なので、「ありがたい」理由を考え続けてもらっていたほうがいいんです。
「転んで痛かった、私はついてない」なんて言っちゃうと、脳は「ついていない」理由を考え続けてしまいます。

馬鹿々々しく聞こえそうですが、1円もかからないし、数秒で言えることですし、損はしませんのでお試しを。(笑)



DSC_6406_(2)_convert_20200703075802.jpg

高い所が好きなナナちゃん、今日はひさしにはいませんでした。
ど~こだ。

DSC_6405_(2)_convert_20200703075819.jpg

コタツの下のヨガマットにいました。


DSC_6408_(2)_convert_20200703080111.jpg

こゆきちゃんは家の中からお外を見上げています。
小学生の子たちが通学で通り過ぎる時、こゆきちゃんを見つけて、「片方の目のない方の猫だ!」とおしゃべりしていました。

こゆきちゃんは、目がぐちゃぐちゃになった赤ちゃん野良猫で、我が家のエアコンの室外機の下で鳴いていました。
獣医さんに行ったけれど、病気か生まれつきかカラスに食べられたか、とにかくこちらの目はもうダメですと言われました。

子供たちが、片目のない猫が元気で暮らしているのを見慣れてくれてよかったなぁと思いました。

見慣れないと、怖かったり気持ち悪かったりします。
「片方の目のない方の猫だ!」という声に、嫌な感情がこもっているのは感じられませんでした。
ただ事実を口に出しただけというさらっとした感じでした。
こゆきちゃんを見慣れた子供たちが、今後の人生で、片目のない猫を見ても、子供の頃、通学路で同じような猫を見てたなぁと、単なる事実として見られる人に育ってくれますように。
ハンディキャップってそういうものだよ。

DSC_6407_(2)_convert_20200703075853.jpg

昨日は新鮮ないわしが半額だったので、いわしの天ぷらにしました。
8匹で300円。脂がのったぴかぴかのいわしです。
こういうのを2匹食べるとくどいので、残りは今日食べます。

久々にアボガドのサラダ。
アボガドは2個買ってあって、食べごろだと思って1個皮をむいたのですが、若干早い感じでした。
だから1個だけ使って、やはり残りは今日使うつもりです。
同じような食材が続いちゃうけど、まあいいか。
いつものことだわ。
夏はナス、ズッキーニ、ゴーヤが多いし。(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

            
スポンサーサイト