FC2ブログ
2020/06/09

2020年06月09日

        

スズメバチの巣が・・・!

category - 未分類
2020/ 06/ 09
                 
DSC_6107_(2)_convert_20200609091656.jpg

日曜日、仕事から帰ると、咲き始めた黄色いランタナが丸刈りにされていました。
白い葉っぱは白妙菊で、ランタナに押されつつも生き延びてますが、やはり丸刈り。

夫は以前から、ここは伐採した方がいいと自分が思うと、丸刈りにしてしまう癖があります。
これから咲く紫陽花たちや、大事にしていたクリスマスローズたちを丸刈りにされた苦い経験があります。
その周辺が雑草がいっぱいだったから一緒に丸刈りにしたという理由でした。

私はひどい!と思って、これからは聞いてからにして!雑草に手が回らないけど、丸刈りにされるくらいならきちんと雑草抜くから!って抗議したんですけどね。

夫は長年、どんなに庭に草が茂っても、決して手伝ってはくれませんでした。
55歳で役職定年になってからは、時間が出来たのと、少し家にも目が向いて、やってくれるようになった結果の伐採です。

抗議は全く無駄だったと悟るしかありません。
一応、抗議した場所で同じことはしないんですが、違う場所ならやはり聞かないで思いのまま伐採しちゃう。

夫は、庭をきれいにしてやった、暑い中、頑張って伐採した、感謝されるべき、と思っています。
抗議はしなくても、切られて悔しい気持ちはあるので、ありがとうとは言わなかったわ~。
ランタナ、寒い時期に結構短く切ったんだけど、夫の感性では、その切り方は全く足りなかったんでしょう。

私は花を勝手に切られるのが嫌で、夫は思い付きで花を切れないのが嫌。
奥さんの気持ちを優先してくれるダンナさんもいるだろうけど、まあこれは許容範囲内だと諦めるほうが平和。
過剰な期待をしないのが、熟年夫婦円満のコツ??

若い頃は絶対そんな風に思えなかったな~。
…そんな気持ちで他の花を見ていたら・・・げげげ!!

DSC_6106_(2)_convert_20200609091553.jpg

すみません、閲覧注意です。

DSC_6105_(2)_convert_20200609091621.jpg


夫を呼んで、蜂の巣が家にあるかも?!
探して駆除しないと!とお願いしました。
  ネット友がこれはアブだと教えてくれました。
  蜂とアブの違いも判らない私~、失礼しました。
蜂の巣の駆除は、早朝にやるのがベストなので、見つけたら明日の朝にでも、と思っていました。

でもね、なんと「小さかったけど、スズメバチの巣があったよ」と言うじゃありませんか。
「え?どこに?」
「ここにあったんだけど、もう取ったよ」
「スズメバチの巣なのに?なんて危ないことを・・・」
画像はありませんが、とても小さかったのは間違いありません。でも小さくても、あの独特の模様の巣でしたよ。
蜂の巣ジェットをいっぱいかけて、ビニール袋2重にして入れました。
1匹のスズメバチが戻ってきたけど、夫が蜂の巣ジェットで狙い撃ちしてくれました。

まさかスズメバチの巣が我が家に出来るなんて思っていなくてドキドキしました。

ランタナ伐採の時には言わなかったありがとうですが、スズメバチに関してはありがとう!と言いました。
でも、普通の蜂の巣もまだほかにあるのかも。
よく探してみなくては。

ランタナのことで怒っていた気持ちは溶けて、ズズメバチに誰も刺されなくて良かった~という安堵の気持ちが広がりました。

DSC_6109_(2)_convert_20200609091638.jpg

昨日の晩御飯、とうもろこしは糖質いっぱいだろうとは思いますが、旬のものは食べたいですよね~。

カリフラワーと鶏肉のカレー味炒め、厚揚げとしし唐の甘辛炒め、サーモンのお刺身ちょっぴり、サラダとビワ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
            
スポンサーサイト