fc2ブログ
post image

友人の検査結果が正常値に!

私のパソコンの横で寝ているのはこゆきちゃん。窓の段差が枕になっている様子です。ナナちゃんはキャティオの中で、やっぱりお昼寝。しかしこの姿勢は、おっさんが入ってるよ、ナナちゃん。で~ん!寝返りをうったナナちゃん、頭が日陰から少し出ちゃってます。まぶしくないのかな?病気を治療中だった友人から手紙が届きました。検査結果が正常値になったそうです!大丈夫とは信じてきましたが、やはり、しっかりした結果が出ると...

post image

三重旅行2日目 その3 伊雑宮(旅行記最終です)

伊勢神宮は密かも?と思い、伊雑宮(いざわのみや)にやってきました。伊勢神宮内宮の別宮のひとつですが、特に格式の高い別宮です。私は3回目ですが、いつも空いています。この木は「きんちゃくぐす」と呼ばれています。不思議な風格のある木で、見とれてしまいます。きちんと式年遷宮も行われるのですよ。屋根の上の鰹木、女の神様ですから偶数です。ミニ知識。(笑)木木に囲まれて、厳かな雰囲気です。倭姫が命じて作らせたと...

post image

三重旅行2日目 その2 横山展望台とさとうみ庵ランチ

ホテルを出て、横山展望台に向かいました。たまたま人がいなくなった時に写しましたが、人気のスポットらしく、そこそこ賑わっていました。展望台からは、英虞湾の美しいリアス式海岸が眺められます。ハイキングコースが作られていて、もう少し小さな展望台がいくつもありました。暑い日でしたが、景色のいい木陰を歩くので、暑さから少し救われました。横山展望台は、警官が素晴らしく、完全に無料で、お弁当持参でピクニックに来...

post image

三重旅行2日目 その1 ランドカーで散策

ホテルのコロナ対策はしっかりしていました。お風呂のロッカーキーはフロントで管理、入浴時にはフロントへ行って、バスタオルとタオル入りの袋、ロッカーキー、スリッパを止めておくクリップを受け取ります。タオル類はお風呂場の規定の場所に返しますが、お風呂から出たら、返しに行きます。フロントでは、常時、今何人の客がお風呂場にいるか把握できますし、離れたロッカーキーを渡すことでも密を防げます。夕食も朝食も、ソー...

post image

三重旅行1日目 その3 ホテルの庭を散歩

この日は良く歩きまわりましたが、夕食前に宿泊棟の近くを少し歩きました。白い屋根の部分は、ヨガテラス。有料のヨガレッスンがここで受けられるそうです。ヨガテラスの横には広いパターゴルフ場。お天気がよければ、ここから見える夕焼けはきれいだろうなって思います。雲が多くて、こんな感じでした。雨が降らなかっただけでもありがたかった一日。夕方の風が吹き抜けて、気持ちよかったです。ハンモックも設置してありました。...

post image

三重県旅行1日目 その2 志摩地中海村

地中海村は、宿泊施設ですが、500円で一般の人も入場できます。そして、村内の500円分の金券をくださるので、無料のようなもの。私たちの泊まるホテルのすぐお隣のホテルだったので、行ってみました。以前からあるのですが、若い人向けの場所と感じて、行ったことはなかったです。この建物も宿泊棟なんですよ。コロナでなければ行かなかったであろう地中海村。時々、幼い子を連れたご家族とか、若いカップルとすれ違うくらい...

post image

三重旅行1日目 その1 レッドヒルヒーサーの森と松坂牛ランチ

自粛解除されたので、密にはなりそうもない場所を選んで、夫と1泊旅行をしてきました。最初に行ったのは、三重県津市にあるレッドヒルヒーサーの森で、我が家からは一時間ちょっとで行ける場所です。お天気が心配でしたが、奇跡的に、食事処へ向かう間と食事中だけ雨に降られて、あとはそこそこいいお天気でした。元気に旅行を楽しめるのって、本当に有難いことです。コロナウイルスのことで、いろいろ注意は必要ですが、これも慣...

post image

出来たら降らないで欲しい~

明日は久しぶりの旅行です。梅雨時なので、雨に降られるかもしれませんが、楽しんできます。最初に、レッドヒルヒーサーの森、というところに行きます。聞いたことない方が多いのでは?と願っています。(笑)伊勢神宮や鳥羽のあたりは人がいっぱいみたいなので、なるべく密になりそうもない場所を考えました。楽しみなのは、土曜日に予約してある海女小屋ランチ。14時からだと空いていて、お値段もお得になるコースがありました。...

post image

オージービーフでローストビーフ

昨日、ブログを書いてから、私のやりたいことは何かな~?ん~、とりあえず今はローストビーフ作りたいかも?と思いました。小さなことでいい、やりたいことを見つけて楽しんでやっていこう。何しろ昨日は「役に立たない日々」を読み返してテンション上がっていました。佐野洋子さんは、がんが骨に転移したことが分かって先生とこんな会話をしました。「あと何年もちますか」「ホスピスを入れて2年位かな」「いくらかかりますか死...

post image

やり残してることはないかな?私は何がしたいかな?

「役に立たない日々」は、「100万回生きた猫」で有名な故佐野洋子さんのエッセイです。佐野さん、書名よりも、谷川俊太郎さんの3度目の元奥さんの方が有名?「役にたたない日々」っていうタイトルがまず素晴らしい。随分前に読んだ本ですがたまに読み返しています。前にもこのエッセイのこと、ブログを書いたことがあったような・・・と思ったらやはり書いていました。役にたたない日々 佐野洋子 その1役にたたない日々 佐...

nanakoala
Page top