FC2ブログ
2020/02/28
2020/02/27
2020/02/26
2020/02/24
2020/02/23
2020/02/21
2020/02/20
2020/02/18
2020/02/16
2020/02/15

2020年02月

        

きょうから義母さん一時帰宅

category - 未分類
2020/ 02/ 28
                 
DSC_5462_(2)_convert_20200228100223.jpg

テレビをつけると、コロナウイルスの話でもちきりです。
手洗い、うがい、マスク、栄養と睡眠。
出来る範囲で予防しないとね。

今日の夕食を施設で頂いてから、義母さんは自宅に帰ってきます。
今は嵐の前の静けさ。(笑)
今回は、どこにも出かけません。
とにかくコロナとインフルにかからないようにして、無事に施設に帰れますように。

さて、私は居間に180×45センチというキッチン用サイズのカーペットを買って敷きました。
私のちょっとしたストレッチ用ですが、柄が気に入ってます。可愛いでしょ?(笑)
もっと厚みがあって格安のもあったんですが、毎日目に入るものだから、気に入った柄を探した方がいいと思って選びました。

以前はヨガマットが敷いてあったのですが、猫がヨガマットで爪とぎするのが大好きでボロボロになりました。
削られたヨガマットが小さなゴミになってしまうので撤去。

ヨガマットも敷きっぱなしにしないで、ストレッチする際に出せばいいのですが、その辺、私は不精なんです。

敷きっぱなしだと、今、ちょっと1分だけやろうかな?という気持ちになれて、毎日の積み重ねで、やらないよりましなことになりそうなんですが、ヨガマットを敷いて、終わったらしまって、という作業、(さっとできるのにね)を考えると、またまとまった時間取れる時にやろうかなとストレッチをスルーしちゃいます。
敷きっぱなしならさっと1分だけ、というのが3分になったりしますしね。(低レベルの時間ですね・・・恥~)

私は23歳で嫁いで以来、介護の経験を重ねてきました。
出来たら、私自身は、介護の負担を人にかけさせたくないと思っています。
もちろん、そうなっちゃたら仕方ない、運命ですけどね、防げるものは防ぎたいという思いは、介護経験のない人より強いかもしれません。

動きの癖という物は誰にでもあると思いますが、それは体のねじれ、ゆがみに繋がります。
私は何度かぎっくり腰を繰り返し、その後、椎間板ヘルニアだと言われました。
痛みの強かった時は、仕事もできず(直立もお辞儀も、痛くて不可能でした)、家事にも支障がありました。

接骨院に長く通いましたし、足の裏側の筋肉を伸ばすといいと言われ、10年以上、毎日前屈は欠かしません。
強い痛みが出る前のメンテナンスが大事と思い、本当はもっと運動するといいのだけれどと思いつつも、不精な私にできる範囲で運動しています。

自立神経整体のクリニックと出会って、今は2ヵ月に1回だけそこに通っていますが、最近、3ヵ月に1回くらいのサボり気味になっていました。
私は骨盤がゆがんでいるので、毎回調整して頂いていますし、その時調子の悪い場所を調整して頂いています。

先日、グルーポンというサイトで知った別の整体で、施術を受けてきました。
格安のお試しチケットをグルーポンで買ったんです。
80分のコースのチケットで、初回カウンセリングを含めると2時間弱。
じっくり調整して頂きました。
自立神経整体もかなりいいですが、ここもかなりよかったです。

じつは長いこと通ってきたアロマオイルマッサージの先生があまりにも副業に凝ってしまい、そこに通うのを辞めたのですが、2ヵ所の整体にそれぞれ隔月で通おうかな?似たようなことをしてくれるんだけど若干アプローチの仕方が違うし、それぞれ隔月なら月1回で予算的にも続けられそう・・・という気持ちになっています。保険がきかないのでそこそこお金がかかるんです。

調整は先生任せと言うのではなくて、自分で直すやり方も聞いているので、それをもっと真面目にやって、それで調整しきれない分をプロに任せて。

痛くなってから対処するのでは遅いと、強い痛みにかつて苦しんだ身としては思うのですよ。
わざわざ痛くなるまで待つなんておかしくない?って。
そう思いつつも、ストレッチをすぐサボる私なんですが。

でもマットも敷いたし、コロナ騒ぎで自宅にいる時間は長いし、ちょっと頑張れそう。
義母さん帰宅中は無理ですけどね。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

ラテンのリズムでズンバ

category - 未分類
2020/ 02/ 27
                 
DSC_5461_(2)_convert_20200227121818.jpg

今日は公民館でダンベル&エアロビ教室がある日。
散々迷って、結局、参加することにしました。

先生からお手製のマスクをいただきました。
10回洗って使えるからねとのこと。

普通の使い捨てマスクを洗って熱湯消毒して使っている人もいるみたいです。
高熱でウイルスは死ぬので、いざとなったらその手を使います。

参加者はいつもより少なめでしたけど、そんなに規模の大きな教室ではないので、自己責任で参加しました。
今から出勤です。

教室では、いつものエアロビの部分をズンバに変えてやってみようという試みがありまして、なかなか良かったので、次回からもズンバで行きましょうという話になりました。

ラテンのリズムで腰を動かして笑って踊りましょう、とのことで、笑うのも免疫力を高めてくれるかなと。

出は仕事に行ってきます~。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

コロナウイルス、早く収束して欲しいですね

category - 未分類
2020/ 02/ 26
                 
DSC_5459_(2)_convert_20200224090427.jpg

庭の水仙が見ごろです。

DSC_5458 (2)

このミニ水仙は、切り花になりませんが、可愛くて気に入っています。

DSC_5457 (2)

我が家で一番多いのはこの水仙。
お仏壇やお墓のお供え花の定番です。

愛知も千葉も、スポーツクラブでのコロナウイルスの感染がありました。
インフルエンザだったら、感染者がスポーツクラブにトレーニングに来るなんて考えられませんけど、コロナウイルスは違うんですね。
知らない間に感染して、感染を広げる可能性があるというのは怖いですよね。

お出かけ大好きだけど、自粛しております。
でも今日予約したマッサージ(接骨院)と、明日のダンベル&エアロビ教室(公民館)は行くつもり。

気休めかもしれませんけど、その前後に、ティーツリーの入っているアロマを吸い込んでおきます。
私の持っているのは、ティーツリー(殺菌効果)とラベンダー(鼻と喉)を合わせたアロマで、100均のスプレー容器に入れた水にアロマを垂らしたものをいつも持っています。
ちょくちょくマスクにスプレーしてます。
インフル予防と花粉症対策なんですが、コロナには効かないかな・・・
猫にはアロマはタブーなので、我が家では部屋にスプレーはできないんですが、何も飼っていない方、お好きな香りのアロマオイルを水道水に1滴2滴混ぜてお部屋にスプレーすると、乾燥防止にもなっていいですよ~。

話をコロナに戻します。
私は産直で働いています。
昨日は出勤した最初の仕事は、お客様用カートの持ち手の消毒でした。
タイムカードの横には体温計が置かれるようになりました。
こめかみから少し離れたところに当てるとすぐに測れるタイプの体温計で、出勤時に測ります。
お客さまも、出入り口のアルコール除菌を使う方が増えているように感じます。

職場では、毎日何度も手をアルコール消毒しますが、手が荒れますので、ハンドクリームも欠かせません。

来月は学校が春休みになるじゃないですか。
うちは関係ないけど、旅行の予定を組んだご家族の中には、やっぱり出かけるという人も多いはず。
早く収束してくれないかな・・・

嘘か本当か知りませんが、こんな記事を見つけました。
あり得ると思います。ウイルスや細菌の動物実験に使った牛や豚や牛乳を横流しした人が逮捕された記事も読みましたし、何があってもおかしくないですよね。
考えても仕方ないので、自分なりの対策を講じるだけですが。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

ありがたい、ありがたい

category - 未分類
2020/ 02/ 24
                 
DSC_5454 (2)


DSC_5456_(2)_convert_20200224090524.jpg

ブロ友さんが素敵なクリスマスローズをアップしていました。
クリスマスローズ、可愛いですよね。

我が家のクリスマスローズは、柿の木の根元に植わっていて、下は柿の木の枯れ葉に埋もれているのですが、構わずアップすることにします。

話は変わりますが、昨日のこと。
私は午後パートなので、朝礼ならぬ昼礼を受けてから仕事に入ります。
昼礼してくれる社員さんに「おはようございます!」と言うと、「koalaさんは、いっつも笑顔だよね。」と言ってくれたのですが、そのあとに「どんだけストレスが溜まってるかと思うとちょっと怖い」って言うじゃないですか。
ええっ?!そんな風に見えてる??
若い子(はたちです)の感覚ってそうなのかな~??

「溜ってないですよ~。私の頭の中、お花畑なんです。」と言うと、近くにいた、少しだけ年上の事務の女性、Aさんが、「koalaさんは、ちゃんとスルー出来るの。というか、年を取ると、わざわざ嫌なことをほじくり返さないでスルー出来るんだよ。」と言ってくださいました。なんて適切な答え方でしょうか。見習いたいです。

「そうなの?」って聞くから、「そうなんだよ!こんなの思い出しても不愉快になるだけと思ったらスルーしちゃえばいいの。そうするととっても楽なの。」と2人して、ちょっと熱く語ったんだけど、彼は、はたちですから、ふ~ん・・って。

私とAさんは、顔を見合わせてちょっと笑っちゃった。

嫌な気持になった時には、そこに怒りとか恐れがあると思います。それはどんな怒り?恐れ?と考えて正体を見ればいいだけ。
幽霊の正体見たり枯れ尾花、って感じになることが多いです。
嫌な気持になった経験を思い返すことは、もう自分には不要ですよね。

根底にある怒りや恐れは、私はそういう気持ちなんだね、と受け入れるけれど、あの時、こんな嫌なことを言われて悔しくて・・というような、過去の経験自体はもう終わったことでとらわれなくていいと思います。
今はそう思えるけれど、若い頃は無理でしたね~。
特に結婚後の義母さんの暴言や無茶ぶりは、かなり長期間、ストレスになって、ストレスは溜まりっぱなしでした。

今は施設のお蔭でストレスが溜まる要素も激減、高齢になった義母さんのエネルギーも落ち着いて丸くなり、ありがたいばかりです。

私も家族もそこそこ元気で、仕事に行けて、ご飯が美味しく食べられて。
いろいろなことがあったけれど、今の、幸せに感謝する日々は、本当に有難いです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

猫を飼ってきた日々は、猫に癒されてきた日々

category - 未分類
2020/ 02/ 23
                 
blog_import_5c92288416943.jpeg

昨日は2月22日、猫の日でしたね。

これはまだこゆきちゃんが男の子と思われていた頃の画像です。
保護して一週間。元々が生後2~3週間と言われていたので、生後1か月も立っていない頃の画像です。

2人の獣医さんが揃って「男の子じゃないかなぁ・・・・」とおっしゃったので、「じゃないかなぁ」には重きを置かず「2人の獣医さん」に重きを起きた結果、「小次郎」と命名したんですよ。
上の画像はその頃のこゆきちゃん。
その頃のブログはこちら↓です。

ぼくの名前は小次郎らしい 20170517           


こういう時に、ブログってとても便利ですよね。
「小次郎」で検索したらすぐに出てきて読めちゃう。
その後の成り行きも、タイトル見ただけですぐ、そうだった~と懐かしくなります。
興味のある方は少ないと思いますが、私自身が懐かしむ意味もあって、記事に飛べるようになっています。

わたしは子猫  20170528


小次郎ちゃんが少しずつ成長して、女の子だとわかって、こゆきちゃんになっていったのは、2017年のこと。

blog_import_5c922bc60bafa.jpeg

最初の画像は2017年の5月で、この画像は11月。
半年でこんな風に大きくなっていったんだなぁと改めて愛おしい。(←猫バカなので)
この頃、耳以外は真っ白だったこゆきちゃん。

ナナちゃんと出会って・・・

blog_import_5c922be4059e0.jpeg

猫パンチの洗礼を受けて・・・

なんて優しい猫パンチ  20171107


DSC_4515_(2)_convert_20190717165418.jpg
時々けんかもするけれど、それなりに仲良くなっていきました。

よりそう二匹  20190719


猫を飼ってきた日々は、猫に癒されてきた日々です。
ナナちゃん、こゆきちゃん、koala家にきてくれてありがとう。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

昨日の帰宅は深夜1時

category - 未分類
2020/ 02/ 21
                 
DSC_5452_(2)_convert_20200221075355.jpg

早いもので、義母さんが施設に帰って3週間経ちました。
4週間で一時帰宅なので、来週の金曜日から2泊3日の帰宅になります。

今回の義母さん一時帰宅用のDVDは、都はるみさんのコンサートのDVDにしました。
コンサートの録画の方が臨場感があるし、曲も義母さんが知っていると思われるヒット曲がたくさん入っています。
アンコ椿は恋の花とか、涙の連絡船、大阪時雨、好きになった人など。

今更ですが、義母さんは、コンサートなんて一度も行ったことがないんじゃないかなと思いました。
まだ自分で歩けるくらい元気だった頃に、連れていけそうな演歌のコンサートを探して、連れて行ってあげればよかったなぁと思いますが、それは今だから思いついたこと。

その頃の私は、義母さんに、もっと旅行に連れていけ、外食に連れていけと言われて、表面はにこにこしていましたが、義母さんは注文が多くて、こちらは子供連れで、お金も全部こちら持ちで・・・と悪条件が多く、心の中でうんざりしていたので、そんな発想はなかったのです。

演歌が好きと言っても、義母さんは、好きな歌手もいないと言います。この歌が大好きとか、この俳優さんが大好きとか、このドラマが大好きとか、そういう言葉を義母さんから聞いたことがありません。
自分の楽しみにうつつを抜かす主婦なんて、義母さんから見たら不良主婦だったんだろうなぁ。

今、ふっと思ったのだけど、多分、2人の義姉さんたちもコンサートなんか行ったことはないと思います。
もしかして、義母さんの教育の成果なんだろうか・・・
別にコンサートなんか行ったことなくても問題ないけど、自分の楽しみにうつつを抜かす=悪っていうのは、ちょっと怖いです。
私がバッシングされたのは、その辺のことも大きかったかもしれません。


昨日は友人からラインが入り、夜に温泉に行きませんか?と誘われました。
この友人は、ご夫婦でうどん屋さんを経営しているので、仕事が終わるのは夜の9時過ぎです。
「ええよ~♪」と即答するのは私ぐらいかも。(笑)

9時過ぎから身支度する友人と出かけて、帰りに24時間営業?のスーパーに寄るので、いつも帰りは翌日になってしまいます。
深夜1時とか、そんなものですから、朝帰りと言うほどではないですよ~。

DSC_5453_(2)_convert_20200221081409.jpg


こんなのも帰りに買ってきちゃったのだけど、眠かったので飲まずに寝ました。

いつも、義母さんの2泊3日は疲れるからと、夫と気分転換お出かけするのですが、コロナ騒ぎで自粛。
昨日一緒に温泉に行った友人は、義母さんが骨折してしまい、別の持病での受診もあるので、毎日仕事と家事と義母さんで大忙し。
お互いの健闘を祈りあって「またね~」と別れました。

健闘するのは大事。
自分の楽しみにうつつを抜かすのも大事。
そう思いません?


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

2匹とも寝てる、koala家のにゃんこたち

category - 未分類
2020/ 02/ 20
                 
DSC_5446_(2)_convert_20200218110551.jpg

いつも何も置いてない場所に移動して、ぬいぐるみを撮ってみました。
そしたらナナちゃんが近寄ってきて、でも警戒して、なかなかお気に入りの場所に来ません。


DSC_5447_(2)_convert_20200218110535.jpg

あ、来ました!
・・・と思ったらわずか数秒。
やっぱり落ち着かなかったナナちゃんは、ここからの猫パトをやめて、去って行きました。

こゆきちゃんはどこだろう?
探すと・・・多分これです。

DSC_5449_(2)_convert_20200220112018.jpg


このふくらみの中にいると見た!

DSC_5451_(2)_convert_20200220111942.jpg


めくってみたらやっぱり、こゆきちゃんの身体がありました。
めくられても寝てるのかな?
起しちゃ可哀想なので、そっとしておきます。

ナナちゃんはどこ?

DSC_5448_(2)_convert_20200220112000.jpg

南側のキャティオの中に発見しました。
ナナちゃん、これはもう猫パトじゃなくてうたた寝だよね。

2匹とも寝てる、koala家のにゃんこたちでした。

いいなぁ。私はあと1時間で出勤だよ~。
あなたたちの大好きなちゅ~る代を稼ぐために・・・??(笑)

ナナちゃんもこゆきちゃんも、今日も元気でいてくれてありがとう。癒されるわ~。

元気で働ける自分の身体にも感謝。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

自虐に聞こえたら見苦しいから注意しなくちゃ

category - 未分類
2020/ 02/ 18
                 
DSC_5445_(2)_convert_20200218110840.jpg

毎晩のメニューのメインを何にするか、ここ何年もの間、
私は買物する時に考えています。計画性がないです。

午後1時からの勤務なので、出勤前に副菜を準備することは多々あり、副菜で和洋中はほぼ決まりますけれど、メインまで作ってくることはあまりありません。
行き当たりばったりです。(笑)

先日、職場で魚とワカメを買った時のこと。
煮物はできているし、ホウレンソウがあるから胡麻和えにして、お味噌汁にお魚。完成図を思い浮かべた私。ちょっとさっぱりし過ぎていないか?という気持ちが湧きました。
レジで支払いの時に、バイトの大学生さんの前でつい「老人食だ~。」と声が出ました。

それを聞いたバイトのA君、「え?koalaさん、それ、言っちゃあかんやつですよ。ヘルシーってことでいいじゃないですか。」
あ、フォローさせてしまったか…。

もし、私が同年代の友人と買い物に行って、「老人食だ~」って言ったら、お互いケラケラ笑うところなんだけど、若い子に言ったら、相手は返答に困るという視点が、私にはなかったのです。
こっちはケラケラ笑ってくれてオッケーなんですか、向うはそうわけにもいかない立場。
そりゃ困るよね。「確かにこれは老人食ですね」って言うわけにもいかないですよ。

このバイトの大学生の子、いつもはっきり自分の意見を言えて、いい子なんですよ~。
相手が返答に困るようなこと言っちゃダメですよ~、自虐に聞こえますよ~と、おばちゃん相手に諭してくれたんだと思います。

う~ん、そう考えると、私は何も考えずに、そういう発言をちょくちょくしてきて、若い子側としては、こういうのはちょっと嫌だな、聞きたくないな、って思ってたんだよね、悪いことしちゃった。
さりげなく注意してくれてありがたいです。

自虐のつもりはなかったのだけど、大学生くらいの若い子にとって、年寄りになっていく事って、辛いイメージしかないのかもしれません。
私の若い頃ってどうだったんだっけ?
自分が年寄りになるなんて、遠い話過ぎて想像もしてなかった気がします。

実際に年を取ってみたら、確かに見た目は劣化するし、体力知力も劣化するのだけど、背負うものがだんだん減って、身軽になって、視野は広がって、なかなかいいものなんですけどね。

相手が返答に困るというのもありますが、自分としても、自虐に見られたらやっぱり嫌だなぁと思いました。

A 実年齢より若く見えますね
B  実年齢より上に見えますね

アラカンの人に、どっちを言われたいかと聞いたら、全員迷うことなく「A」と即答しますよね。

自分で年だからって連発する人がもしいたら、「そんなことないですよ、まだまだお若い」とかフォローしなくちゃいけないような気持ちになりますよね。
そんな面倒くさい人は近くにいないし、自分もそこまでいっていないはずだけど、そうか、自虐の人って面倒くさい人ですよね。気をつけよう~。(笑)


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

画像は仲良しに見えますが、ケンカ勃発の5秒前(笑)

category - 未分類
2020/ 02/ 16
                 
DSC_5441_(2)_convert_20200213070005.jpg


2013年の6月に、愛犬メリーちゃんが亡くなりました。
それまではずっと犬を飼ってきた我が家ですが、メリーちゃんに懐いていた野良猫に大福という名前を付け、家で飼うことにしました。

でも2年もしないうちに、大福は急死してしまいました。
メリーちゃんは、ほぼ老衰だったので、だんだん衰えて行って、覚悟はできていましたが、大福はあまりに突然の死。
喪失感が大きすぎて、辛い毎日でした。

猫好きの友人たちは、口をそろえて、猫を飼いなさい、似ていない猫がいい、出来たら保護猫を飼ってあげなさい、とアドバイスしてくれました。
そして出会ったのが、保護猫のナナちゃん。
ビビリ猫ちゃんだそうで、譲渡会でも、、抱っこされたりしないので、新しい飼い主に出会えないでいたとか。

大福は、気の強い、意思のはっきりした猫ちゃんでした。
でもナナちゃんは、逆なんだね・・・。
とっても可愛らしい三毛猫で、保護主さんも素敵ないい方で、ご縁があって飼うことになりました。

その後、新しいご縁で、こゆきちゃんを保護しました。
2匹の猫に囲まれて、毎日幸せです~。

冬は寒いので、2匹ともベッドに入って来てくれます。
右にナナちゃん、左にこゆきちゃん。
柔らかい毛を撫でながら眠れる幸せ♪

ナナちゃんは私を自分のものだと思っているので、あまりこゆきちゃんにかまうと拗ねます。(笑)

*******************

今日は雨のせいもあって、それほどお客様は多くなかったのですが、午後パートは2名だけという過酷な状況で忙しかったです。
でも、それは最初からわかっていたので、長女に「晩ご飯のメイン作っておいて」と頼んでありました。
晩ご飯の写真、撮ればよかったですね。
長女の作ってくれたのは、鶏もも肉と玉ねぎ、にんじん、カリフラワーのオーブン焼き。私はそれに、レンコンと椎茸、マイタケのバター醤油焼きとサラダ、お味噌汁をプラスしました。美味しかったです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

私には自尊心が不足してるのかもと思ったり

category - 未分類
2020/ 02/ 15
                 
DSC_5442_(2)_convert_20200213065946.jpg

産直で働いています。
レジと商品を並べたりする仕事を交互にするのが私の勤務先のスタイルです。

昨日、職場のレジで対応させていただいたお客様は、感じのいい方が多くて、ありがたかったです。
私はお客様運がよくて、たいていそういう感じなのですが、一昨日は怒りのお客様に巡り合ってしまい、怒られました。
目が据わっていたので、多分、心のケアが必要な方だと思います。

夕方の空いているレジでのことでした。
レジで、商品のバーコードを通しながら、「レジ袋はご入用ですか?」と聞いたんです。
お返事がなかったです。そういうことは時々あります。
手にお買物袋を持っていらっしゃる場合、(これが見えない?)っていう感じで不快になるお客様もおいでなので、再度確認しましたが、手には持っていらっしゃいませんでした。

レジ袋は1枚5円です。
決済後に言われると、また別に5円いただくことになってしまうので、レジ袋を購入したいかどうか聞くのがマニュアルです。
返事のないお客様の方に顔を向けると、怒りの形相で驚きました。
「いるはずないでしょう?!どうしてそんなこといちいち聞くの?!」とかなり怒った口調でおっしゃいます。
これは真に受けて理由を言わない方がいいケースだと思ったので、「失礼しました」と頭を下げて、レジは終わりました。

レジ袋は昔は無料でしたが、ビニールごみを減らす市の政策の協力していまして、5円いただくんです。
スーパーなどでは5円ではなく2年とか3円とか言う安い袋がありますので、苦情をおっしゃる方もおいでです。
ダンボールは無料ですし、無料の透明の袋に入れて帰られるお客さまもおいでです。

でもこのお客様、頭に来すぎて、お買物を袋に入れても帰る気になれなかったようです。
しばらくして、再度レジに来て(空いていたんです)怒り始めました。
私はレジで再度お詫びを申し上げて頭を下げました。
今度は「どうしてそんな大ごとにしたいの?あなたが頭を下げてたら、私はどんな風に見えると思うの?!」
「私の知り合いが買い物に来てるかもしれないと思わないの?そしたら私のこと、どう思う?あなたがそんな風に頭を下げたら、クレーマーみたいに見えると思わないの?非常識な人!」
「ほかのレジの方もこっちを見てるじゃないの。私がクレーマーだと思ってるんじゃないの?あなたのせいで!ほら、隣のレジの人、こっちを見た!」

そのお客様が尋常でないのは、他のお客さまがレジに来て、お会計を済ます間、私の後ろにずっと立っていて、レジが終わってから苦情の続きを始めることでもよくわかりました。
「レジ袋はご入用ですか?」とお聞きしただけなのに。

その後も怒りの理由が少しずつ変わっていきましたが、このお客様の心の中に、この件とは無関係な強い怒りがあるのは明白で、多分その怒りはかなり根深いものなのでしょう。

私の「レジ袋はご入用ですか?」がその怒りに火をつけてしまったのだろうと思いつつ、どういう対応がこの方を冷静にするためのベストなのか全くわからず、困りました。

とりあえず、そのお客様は、6時少し前に、怒りながらも帰って行かれました。私の仕事終わりは6時まででしたので、そのまま職場を後にしました。

お客さまは、多分脅しだとは思うんですが、怒りながら、私の顔と名札を繰り返し私にわかるように見ていました。
名札の名前を覚えて、苦情電話を入れる仕返しが出来ます。
社員さんに事情を離し、苦情電話が入るかもしれませんからよろしくお願いしますと言いました。

自宅に帰ってからは落ち着きましたが、私はビビリなので、電話よりなにより、あの目の座ったお顔が怖かったです。
あのお客さまには、殺したいほど憎い相手がいるんじゃないのか?と思われるような表情でした。
時々、怒りのスイッチが入って、私にしたように怒るにしても、元々の原因がそのままだとしたら、このお客様はずっとその怒りを抱えて生きていくのかと思うと、怖いやらお気の毒やらで複雑な気持でした。

同僚が「私も同じようなことがあって怖かった~。」といってエピソードを離してくれました。
同僚は続けて「でもね、きっと私たちってそういうの、言いやすいタイプなのよ。この人には怒りを爆発させてもいいって思わせちゃうものがあるかも。」と言いました。
そうなのか?そうかもしれない・・・
なめられやすいのか?それは問題ではないか?

立場上、お客様に逆らってはいけない立場ではありますが、一方的に怒られるのを容認しているかどうかは、何となく通じるものがある気がします。

最初に怒られた時に、黙った方が良さそうだと判断したのは、私のそんな性格を物語っているのかも?

胸を張って「恐れ入ります。お客様のために、皆様にお聞きさせていただいております」と柔らかに、でも毅然として言うというスタイルもあったはず。

咄嗟にそう答えることを想像したら、私より、自己肯定感が高い、私は卑屈にはならない!という意思を示した態度のように思われました。
私の、長い物には巻かれよ的性格は、ちょっといけないんじゃないか?
特に卑屈になっている自覚はなかったのだけど、自覚がなかっただけでは?
自尊心が不足してる?

他にも、あのお客様の怒りはどこから来たのかわからないけど、私の中にもきっと、自覚していない過去の怒りが眠っているんだろうなとも思いました。
私は、今は年のせいか、怒りが強く湧くことがほぼありません。逆に、怒りを見るのが嫌いです。まあ好きな方も少ないでしょうが、怒りのエネルギーのとげとげしさを人一倍強く感じてしまうのかもしれません。
それってどういうことなんだろう?
いろいろ考えさせられました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村