FC2ブログ
2020/02/13
2020/02/11
2020/02/10
2020/02/08
2020/02/06
2020/02/04
2020/02/02

2020年02月

        

健康は大切!

category - 未分類
2020/ 02/ 13
                 
DSC_5444_(2)_convert_20200213065854.jpg

先日、大腸内視鏡の検査結果を聞きに行きました。
「とてもきれいな大腸です。が」
そう、「が」がついたんです。
腸の奥の方に、脂肪の塊が見つかりました。

これ自体は良性で、がん化することもないものだそうです。
ただ、まれに大きくなることがあるんですって。
「念のために来年も検査した方がいいと思うんですが。
異常なしでも、年に一度念のために検査する方はたくさんいますよ。」とドクター。

「1年もあとで大丈夫ですか?気を付けることは?」
「1年後で充分です。もちろん何か調子が悪かったら受診してくださいね。気を付けることもないですし、心配することもないですよ。」
心配したって1年後の検査の結果を見ないとなすすべはないですもんね。

帰宅して調べたら、大腸脂肪腫というものみたい。
大腸良性腫瘍の2%で、その88%は2センチ以下で無症状。
という事は残りの12%は2センチ以上で症状が出るわけね。
そうなる可能性は低く、予防方法はない、毎年検査して経過観察ということみたい。

大腸がんは、自覚症状がないので、毎年検査したら安心だと、夫は一昨年から毎年受けています。
私は1年おきでいいかなと言っていましたが、毎年の方が良さそうです。
毎年大腸検査を受けなさいという神の声と解釈しようかな。(笑)

それにプラス、脂を取りすぎて余った脂が脂肪腫になったんじゃないの~?と自分の食生活を顧みるのも大事かも。
医学的に正しいかどうか知りませんけど、脂が不足してたらそんなのできないんじゃないかという気がします。

自分の身体は半年前に食べたもので出来ているって言いますよね。
脂肪腫がいつできたのか不明ですが、出来た半年前に脂を取りすぎてたのか??(謎)
オリーブオイルとごま油は割に意識して調理に使っているんです。
メインのおかずを揚げ物にするのは避けてるんですけど、副菜には揚げ物は時々作ってます。


さて、今日は仕事前にダンベル&エアロビ教室に行く日。
隔週の教室なので、月に2回です。
他にやはり隔週水曜日のヨガ教室に行っています。

そこに月1回ではありますが、毎月第2水曜日に、コアチューニング教室というのが新設されたので、昨日はそれに参加してきました。
簡単な運動で、身体の中心部が整う運動という事で、気持ちいいですし、今後も参加したいと思います。

地元のスポーツクラブのメニューで、いくつ参加しても費用は変わりません。
定年などで仕事をやめた方が多く参加していて、その方たちは、太極拳とか卓球とかフラダンスとか、実にいろんな教室に通っています。
目指すは健康な老後、です。
見習いたい、素敵な先輩がたくさんいて有難いです。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

猫ドア

category - 未分類
2020/ 02/ 11
                 
DSC_5425_(2)_convert_20200211110617.jpg

猫ドアで廊下に出る直前のこゆきちゃん。

左に転がっているピンクのブラシは、カーペットの猫の毛を取るためのブラシです。
これで猫の毛を取っているときに、こゆきちゃんが来たので、スマホで撮影。
咄嗟に片づけないところに、日ごろのいい加減さが出ております。(汗)

猫ドアが初めてできたのは、いつなんでしょうね。
無かった頃には、猫を自由に行き来させようと思ったら、部屋の戸を少し開けておくしかなかったかも。
真冬は厳しいですよねぇ。

我が家には猫ドアは3か所あります。
一つはここで、今と廊下を行き来するため、もう一つは、廊下にあって、廊下と外にあるキャティオを行き来するため、三つ目は、寝室のドアで、寝室と廊下を行き来するため。

犬を飼っていた頃、猫ドアって知りませんでした。
犬用のペットドアも売っていたのにね。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

「なんでも楽しみなさい」と喜美子は言った

category - 未分類
2020/ 02/ 10
                 
DSC_5434_(2)_convert_20200208103345.jpg

画像は本文とは関係ない、おすましナナちゃんです。(笑)

毎朝、朝ドラを楽しんで見ています。
今日のスカーレットでは、息子の武志が大学に行くことになり、送り出す時の喜美子の言葉がとっても良かった。

「なんでも楽しみなさい」
これは普通の贈る言葉ですけど、それから先が素敵だった。
書きだしたわけではないので、正確な言葉ではないですが、
「つまらんなぁと思ったら、つまらん気持ちを、しんどいなぁと思ったら、しんどいことを楽しみなさい。」
「お母ちゃんに会いたいなぁと思ったら・・・」
ここで武志から「そりゃないわ」と合いの手が入りますが、
そこで喜美子は黙らずに「会いたいなぁという気持ちを楽しみなさい」と言うんです。

本当に名言です。
喜美子、かっこいい!
最高の贈る言葉だなぁと思いました。

喜怒哀楽をいっぱい味わって、乗り越えてきた人にしか言えないと思いました。

喜美子は、大好きで尊敬する夫、八郎を失う辛さも、自分が本当にやりたいことの困難さからも、逃げないで、全て人生の味わいとして噛みしめてきたんだと思いました。

昨日、遠方に住む友人とラインでたくさんおしゃべりしたのですが、元々はお嬢さま生まれの彼女は、そんな運命が?!と思うほどの苦労をしてきました。
その彼女が、人生は悲劇じゃなくて喜劇だと思うって書いてきたんです。

自分の愚痴に飲み込まれてしまう人は、自分の人生を悲劇と感じて、悲劇の主人公になってしまうんですね、きっと。
義母さんの場合も、義母さんが悲劇と感じる量が、義母さんの許容量を超えちゃったのかもしれません。

友人は、視野が広く、許容量が大きな人なので、自分の身に起きてきた、様々なとんでもないことを、喜劇だと言えたのじゃないかなと思いました。

私も、「なんでも楽しみなさい」って言える親になりたいなぁ、その前に自分に言わなくちゃねぇと感じた朝でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

コロナウイルス騒ぎで自粛していたけれど・・・

category - 未分類
2020/ 02/ 08
                 
DSC_5437_(2)_convert_20200208103051.jpg

昨日は用事があって、夫と私は2人ともお休み。
午前中の用事でしたので、いったん帰宅してから、久し振りの日帰り温泉へ。
コロナウイルス騒ぎで自粛していたのです。

ランチは行く途中にある鳥料理の美味しいお店で。
満席に近かったので、皆さん外食の自粛するほど神経質にはなっていないってことですね。

私は鶏もも肉の炭火焼き定食にしました。
たれはさっぱりとおろしぽん酢にしました。美味しかったです。

DSC_5438_(2)_convert_20200208103306.jpg

夕食は日帰り温泉の食事処で。
同居の子供たちにはあらかじめ「夕食各自ね~」と言ってありました。

外食すると、作るのも後片付けもいらないのでとても楽ですが、お金がかかります。
あと5年で年金生活に入ることになりそうなので、つい、このメニュー、家で作ったらもっと野菜たっぷりで○○円で作れるな~と脳みそがささやきました。(笑)

お風呂も岩盤も食堂も、空いていました。
いつもは土曜日に行くことが多いので、激混みですが、この日は平日。
昼間空いているのは何とも思いませんでしたが、夜になっても空いているので、影響が大きいんだなと思いました。
ここは平日でも、普段は夜はそこそこ混んでいるんです。

ウイルスは湿気には弱いので、お風呂は大丈夫かという気がしますが、岩盤浴は空気の入れ替わる割合いが少ないですよね。
でもきちんと清掃の方が毎日何度も入って掃除と多分消毒もしているので大丈夫なのでは・・
と思いつつ、岩盤浴は休憩場所だけにした私たちでした。
休憩場所は広くて密閉されていない空間なので、まあ大丈夫かと。

インフルエンザは体調を崩すので、感染者が日帰り温泉へ来ることはないですが、コロナウイルスは症状ゼロでも感染していたり人にうつしたりするのが怖いところ。
でも、国内発症で、重症化している人はいませんので、あまり神経質になる必要はないかなと思います。

私の職場は全員マスクをしなさいとのお達しが出ています。
手洗いも元々しっかりやっていますが、更にしっかりと。除菌ジェルもしっかり塗って、手が荒れるのでハンドクリームも欠かせません。

皆さんも、コロナウイルスやインフルエンザに感染しないで済みますように。
我が家は、昨年は、、義母さんが施設でインフルエンザを発症して自宅帰宅して大変でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

ああ年金

category - 未分類
2020/ 02/ 06
                 
DSC_5432_(2)_convert_20200206113233.jpg

この間、年が明けたと思ったら、今日はもう2月6日。
時の経つのが早すぎて驚いています。

義母さんの一時帰宅の最初の夜、義母さんが寝付けなかったのは、紅白が始まると思って待っていたのだとわかって、笑い話にしたけれど、笑っている場合じゃない、本当に時の経つのが早すぎて、自分の中にある体内カレンダー?が付いていけないと言っている気がします。

この分だと、あっという間にGWが来て、あっという間に猛暑日だと大汗をかき、あっという間に11月が来て、あら私60歳になったわ、って言っていそうな気が・・・。
怖いですねぇ。

夫の所にいろいろ書留が届くようになりました。
5月で60歳、夫は定年を迎えます。

定年後は契約社員として5年間残る予定ではありますが、とにかく60歳で定年ですので、各種手続きが必要みたいです。

昨日は、会社でお給料から引き落として積み立てていた個人年金と一般積み立ての満期が来ます、という通知が書留で届きました。
受け取り方法を選んでくださいと、説明書が封筒に入っていたのですが、私たちの頭にはちょっとややこしい。

要は一括で受け取るか、毎月5年間、10年間、15年間受け取るか、いろいろ選択肢があって指定するんです。
一括が一番簡単なんですけどね、毎月年金形式にすると、この場合は毎月いくら、この場合は、追加増資が必要、などと書いてありました。
どっちがお得?よくわかんない。
大した金額じゃないのに、税金が少ない方法があるんだろうかという方向に頭がまわる、私たち夫婦の経済感覚。
これはお金持ちにはわからないだろうな~。(苦笑)

「先に定年を迎えた○○さんに聞いたら?」と夫に言ったら、「あの人は金持ちなんだよ?個人年金なんか必要じゃないからそもそもやっていないよ。」という答えが。
そうだった、同じ会社に勤めてるけど、向うはお金持ちだった。そうか、個人年金で困らないようになんて思わないよね。

とりあえず、説明書をよく読んだ上で、わからないことを電話でもして聞いた方が良さそうです。

個人年金じゃなくて普通の年金、皆さんは65歳から受け取りますか?
うちはそうしようと思っているんですが、65歳になるまでに、年金は70歳からの支給になりました、年金額も減ります、って政府で言われそうで怖い。
天下り一切禁止にしたら、巨額な税金が浮くのになぁ・・・。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

友人から絵葉書の返信が届きました

category - 未分類
2020/ 02/ 04
                 
昨日は節分でしたね。
子供たちが小さい頃は、節分って、楽しいイベントでした。
鬼のお面をつけて、豆まきして。
あの頃は恵方巻なんて知らなかったです。
晩ご飯、どんなメニューだったんだろう?
思い出せません。(笑)


DSC_5428_(2)_convert_20200204213911.jpg



DSC_5429_(2)_convert_20200204213956.jpg


昨年、ちょっと辛いことがあった友人と、時々手紙や絵葉書を出し合っています。
高校時代の同級生という間柄。
スマホですぐ話はできるけど、メールの方が楽だけど、たまに直筆の郵便が届くのもいいですよね。

先日投函した絵葉書の返信が、今日、絵葉書で届きました。
彼女の姪っ子ちゃんが結婚が決まったそうで嬉しいって。
高校生の頃から、お互い、字ってあんまり変わっていません。
友人の懐かしい字の向こうに笑顔が見える気がして嬉しくなりました。

友人の姪っ子さんが幸せな結婚を楽しめますように。
まあ、結婚は修行でもあるから、楽しいだけじゃすまないけど、味わい深い人生を、気の合った相手と一緒に歩むって素敵なことですよね。

一時帰宅の義母さんを日曜日に施設に送っていき、月、火と仕事で明日はお休み。
年ですねぇ~、何だか疲れが抜けていません。
明日はヨガの日でリフレッシュできるかな?


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

義母さんは無事に施設に帰りました

category - 未分類
2020/ 02/ 02
                 
2月1日に義母さんを病院に連れて行きましたが、驚くほど空いていました。
いつも混んでいる病院で、こんなに空いているのを見たのは初めて。
明らかにコロナウイルスのせいでしょうね。

受付してすぐに診察に呼ばれ、諸侯戦もあっという間にできました。

義姉さんたちをお迎えする支度にも余裕がありましたし、新しいお孫ちゃんが誕生して忙しくなった上の義姉さんのご機嫌はとてもよかったです。

3月いっぱいで退職して、年金生活に入るそうで、職場の愚痴にも(もう辞めるから)という安心感が漂っていました。
義姉さんが幸せそうでよかったです。


DSC_5423_(2)_convert_20200202165106.jpg
              ↑上の方の白っぽいかたまりはこゆきちゃん

義母さんは、おしゃべりが減りました。

その分、ボディランゲージになってきて、例えば喉を指さして顔をしかめます。

喉の場合は、喉が渇いてお茶を飲みたいのか、喉が痛いのか、喉が苦しいのか、私の方が声に出して確認しないと意味が通じません。
時には、全部首を振るので??と思ったら、喉ではなくて喉のすぐ下のあたりがかゆいからかゆみ止めを塗って欲しかったということも。

「声に出して言って欲しいな~」というのですが、ボディランゲージがほとんどです。
もしかして、言葉がふっと思い出せなくて口に出来ないのかもしれません。

義姉さんは、長女さんに生まれた赤ちゃんの写真を持ってきてくれましたので、拡大コピーして義母さんに。
義母さんの7人目のひ孫ちゃんです。

いろいろありましたが、2泊3日の一時帰宅は無事に終わり、元気に施設に戻って行きました。
ホッとして肩の荷が降りて、お昼寝しちゃいました。
老々介護ですから~。(笑)


DSC_5422_(2)_convert_20200202165152.jpg

   今日はいい天気でした。
   ひだまりで眠そうなナナちゃん。

DSC_5427_(2)_convert_20200202165131.jpg

     同じ場所で似たようなポーズをとるこゆきちゃん

介護は、送迎とトイレをのぞくと、ほぼ私の仕事になっていて、それは長いこと私の不満でした。
夫は頼んだことはやってくれますが、頼まないことは分からないことで手を出さないというムードが漂っています。

義姉さんたちからは、10年以上も前に、「母のことは好きにして。家で面倒見られないなら、どんな施設でも好きなところに入れたらいい。こっちにはこっちの生活があるんだから、おばあさんに愚痴を言われるのだけでも迷惑なの。こっちに迷惑かけないで!親の面倒を見るのは長男夫婦の仕事でしょう?!」と怒鳴られた経緯がありました。
その頃は同居していまして、その後も、義母さんが、義姉たちに愚痴電話を掛けて困っているとのことで、「とにかく迷惑かけるな!」と怒鳴りこまれています。

その後、ショートステイの利用が重なり、義母さん自身が、家での生活よりショートステイの方が楽なので、施設がいい、老人ホームは嫌、ということで、施設の利用期間が増えて自宅期間が減っていき、今に至っています。

気が付いてみれば、義母さんの状態は悪化しているので、もしも私が「もう無理」と言ったら、自宅介護自体が成り立たない状態になっています。
私がNOと言うまではずっと続く、NOと言ったらそこで終わるしかない、それが義母さんの自宅介護、という状況。

重いと言えば重いです。重くて苦痛でした。
結果として、「私の意思で」と自宅介護を続けていることになっています。

ふっと「この現実に抵抗しようと思うから重いんだ」と感じました。
私の実親じゃないけど、実子は誰も面倒見たくないわけで、私の好きにしなさいという状況にあるのよね。
開き直って、私の好きにしますね~と腹をくくるしかないじゃない?それが一番いいんじゃない?
そういう心境になりました。

私は、義母さんの義母さんを看取り、実の両親を看取り、母の姉を看取ってきました。
どうもそういう運命なので、義母さんを看取るのは私なんですよ。

どういう風に看取りたいか。
一緒に暮してきた間、愚痴まみれだった義母さんを、穏やかな心境に至らしめて看取りたいと思っています。
至らしめてっていうと偉そうですし、何様?って感じですが、表現力がなくて、他に言い方が浮かびません。

愚痴まみれってことは、全身で、こんな人生嫌だ、最低だ、と言ってるのと同じじゃないですか。
過酷だったから出る愚痴の数々。
せめて、こんな人生嫌だ、最低だ、という状況で亡くなっていくのは避けてあげたいです。

そういう目で介護していると、ちょっと視点が変わりました。
食事の際、エプロンも口の周りも結構ぐちゃぐちゃになるのですが、義姉さんたちとの食事の際はもちろん、家族一緒の食事の時も、そうなりそうなものは出しません。
でも私が義母さんと2人になって義母さんい食べさせる際は、食事からとる水分も大事だと思うので、水分多め=どろどろになりやすいメニューも出します。

ぐちゃぐちゃな汚れのエプロンや口元は見苦しいのですが、(ご飯の時の義母さんは赤ちゃん)と自分に言い聞かせてみたら、あら不思議(笑)、ストレスが減りました。

腹をくくって、視点を変えてみる努力をするのってだいじなのね~と思った今回の一時帰宅でした。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村