FC2ブログ
2019/12/25

2019年12月25日

        

メリークリスマス

category - 未分類
2019/ 12/ 25
                 
DSC_5238_(2)_convert_20191225071839.jpg

クリスマスです。

イブの夜、我が家は特にイベントもなく、長女はお友達とクリスマス会で不在、夫と長男と私の3人は、私の焼いたチキンを食べました。全然ご馳走もないクリスマス。(笑)

今年のチキンの味付けはレモンハーブソルトにしました。
スープはフェンネルたっぷりで。
ブロッコリーときゅうりのサラダ、フルーツは普通苺でしょ?
あるいは豪華に各種盛り合わせ?と思ったけど、西洋梨で。
メインが鶏のももの丸焼きという以外はクリスマスらしさもない夕食を、美味しく頂きました。

子供たちがまだ子供だった頃のクリスマスは賑やかだったけど、これはこれで楽でいいわなんて思ったりして。

年賀状も出来ました。
年末に帰宅する義母さんの新しいDVDも準備出来ました。
年末は紅白があるからいらないかなとも思ったのですけど、
今回は美空ひばりの「不死鳥」にしました。

そういえば、今年の大みそかと元旦の夜は、義母さんの部屋で過ごすんだわ~、私。
部屋の真ん中にアコーディオンカーテンがあるので、同じ部屋とはいえ半個室風になっているのがありがたい。
6畳2間を一つにしてフローリングにした部屋で、義母さんは寒がりだから、暖房効率を上げないと困るし、エアコン代の節約にもなると思って設置したアコーディオンカーテンでしたが、これがあるのとないのとでは心理的に大きな違いが。

実母の介護の時は、ホスピスで泊まり込んだのですが、母の顔が見える位置にベッドを置いて寝ていました。
顔が見えないと、何か変化があった時にさっと気が付かないかもしれないので、進んでそうしました。
母の寝息が落ちついて聴こえるのが幸せでした。
導尿していたので、パックに尿が溜まるのですが、それを見るのも幸せでした。尿が出るのは生きてる証拠だったから。

義母さんはそこそこ健康で、そういう介護とは違いますけれど、同じ状況になっても、同じ気持ちになれない気がします。実の親でないからというのではなくて、性格が合わないから。
でも、長年一緒に過ごした人間の情というものはあるので、どうなんでしょうね?

年末は大寒波が来て寒いとか。
あと一週間で今年も終わります。
母が亡くなってからはもう10年になります。
時の経つのは何て早いんでしょうか。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
            
スポンサーサイト