FC2ブログ
2019/11/24

2019年11月24日

        

アラ古希世代の叔母さんに会いました

category - 未分類
2019/ 11/ 24
                 
DSC_5160_(2)_convert_20191124084940.jpg


昨日は夫の叔母さんに相談があると言われて、夫婦で叔母宅へ。
今年、ご主人を亡くして、一人暮らしになった叔母さんは、淋しくてたまらないのです。

うちの義母さんにとっては、この叔母さんは義妹さんにあたります。
昔の、きょうだいの数が多い家ですので、長男であった義父さんと、末っ子だった、今年亡くなった叔母のご主人との年齢差は大きいです。
でも、週に1回のデイサービスを使える程度の介護度があるようで、デイサービスに行き始めたと言っていました。

「でもねぇ、ほとんど80歳以上なの。行けば、いろんな人とおしゃべりもするし、気持ちはまぎれるんだけど、同年代の人はいない。」
「そうですよね。でもスタッフさんとおしゃべりするのもいいんじゃないですか?」
「それはそうなんだけど。」
「叔母さんは手先が器用だから、工作も上手にできるでしょうね。」
「まあ、気はまぎれるわね。送迎もしてもらえるし。」
同年代の人がいて、その人と気が合うと一番いいですけど、外に出かけて人と話すのは大事かなと思います。家にこもってしまったら危ない気がします。

「老人ホームの予約を入れておくのがいいのではとケアマネさんに言われたので、明日は、家から近いホームの見学に行くのだけど、どう思う?」
「見学して、質問もして、予約を入れるのもいいかと思いますよ。
なかなか順番は来ないので、予約だけ入れておかないと、入りたい時に入れないです。
順番が来た時でも、まだ入らなくてもいいと思ったら、後回しにしてもらえますし、他の所に入りたくなったら断ってもいいので、そんなに重大に考えなくても大丈夫ですよ。」

叔母は、本当は、息子さん夫婦と同居したいのです。
そう息子さんに言うと、答えがないそうです。
答えがないのが答えですよとはさすがに言えません。
叔母さんも、その空気は察しているとは思いますが、
「言いたいことはたくさんある」というので少しドキリ。
叔母さんと息子さんご夫婦は以前2年間同居していましたが、無理だと思ったのか、上手に出ていきました。

揉めなかったとは思いませんが、断絶などということにもならず、その後も行き来があります。
特に叔父さんの体調が悪くなってからお葬式、四十九日の間は頻繁に来てくれていたし、
毎日電話があって、大丈夫かと聞いてくれたそうです。
今もお休みにはよく訪ねてくれるそうで、いい関係なんです。
お互いに「言いたいことがたくさんある」かもしれないけれど、黙っているから、保たれている平和な関係を壊さない方が・・と心で思いました。
もっといろいろご相談があったのですが、オープンに書いていいのはこのくらいかな。

うちのご近所にも、同居して出て行ってしまったというパターンはあるのですが、夜逃げのように出て行って付き合い断絶というおうちもあります。
叔母さんは私の一周り上のアラ古希世代さんなので、少し感覚が古めかしいです。
子供がいい年齢になって家庭を築いたら、それはもう親にとっては別の家庭。
でも、踏み込んじゃうんだろうなぁ、難しいだろうなぁと思います。
私の世代だと、嫁側が仕方ないと思って我慢できましたが、もうそんな時代じゃないですしね。
叔母さんは今が一番淋しい時期なのかもしれません。

自分たち夫婦をそんな立場に置いてみると、それができる間は自分の家で暮らしたいです。
おぼつかなくなったら、子供側からしたら、施設の方が安心でしょう。
今のお年寄りは介護体制が整っていますが、私たちの時代になったら、財源はないだろうから、まともな施設は高いでしょうねぇ。
今そんなことを考えても仕方ないので、ピンピンコロリを目指して運動して脳トレしていかなくちゃね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
            
スポンサーサイト