FC2ブログ
2019/11/09

2019年11月09日

        

夫の従兄弟さんの訃報

category - 未分類
2019/ 11/ 09
                 
DSC_4931_(2)_convert_20191109090327.jpg


夫の従兄弟さんが亡くなったとの連絡が、昨日ありました。
義母さんを迎えに行く前でした。

当日(8日)はお悔やみにご自宅へ伺い、翌日9日は通夜、明日10日はお葬式。
義母さんの今回の一時帰宅を、可能なら中止にしていただけたら…との申し出に、大丈夫ですと言っていただけてホッとしました。

亡くなった夫の従兄弟さんは、義父さんの妹さんの長男さんです。
30年くらい、がん治療をされてきました。
癌が発覚した時は余命1年と言われて、お母さまがいろいろ手を尽くされたと聞いています。
その後、治りはしないものの、かなり良くなって、生活を楽しんでおいででした。

春に叔父の手術の立ち合いに呼ばれてお会いした時、本当に弱っておいでで、歩くのが辛そうでした。
その後入院され、お見舞いに行った時も、いとこ一同で、これは・・・と暗い顔になるような状態だったと聞いています。

昨夜、お悔やみにご自宅に伺ったとき、お顔を拝見したのですが、元々細かった従兄弟さんがますます痩せていました。
目も口もしっかりと開いた状態だったので驚きました。
ああいうのは死後硬直の始まる前に病院側が閉じてくださるものだと思っていたのですが、今は違うのでしょうか。

私が、この亡くなった夫の従兄弟さんにお会いするのは、法事の席がほとんどでしたが、経済的にとても豊かなおうちでしたので、途中からは闘病のためお仕事も辞めて、「山で炭焼きしてるんだよ」とか「〇〇っていうお店、この間食べに行ったけどおいしいね」とか、明るい表情で語っていたのを思い出します。

ご冥福をお祈りします。
義母さん、ごめんね。来月の初めは予定通り帰れるはずだから、義母さんは施設で甥の冥福を祈っててね。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
            
スポンサーサイト