FC2ブログ
2019/11/18
2019/11/18
2019/11/17
2019/11/16
2019/11/16
2019/11/16
2019/11/16
2019/11/16
2019/11/16
2019/11/15

2019年11月

        

三重~奈良2泊3日 3日目その3 宇太水分(うだのみまくり)神社 かえでの郷ひらら 最終です

category - 未分類
2019/ 11/ 18
                 
DSC_5138_(2)_convert_20191118095400.jpg

次は、水の神様、宇太水分神社に行きました。
駐車場がわからずうろうろし、「かえでの郷ひらら」との共同駐車場を見つけて駐車しました。

DSC_5132 (2)

拝殿の奥に本殿があります。
鎌倉時代に作られたようです。

DSC_5131_(2)_convert_20191118095520.jpg

朱色は、魔を寄せ付けないための結界の色。

DSC_5136_(2)_convert_20191118095559.jpg

住宅街にある小さな神社ですが、清々しい場所でした。

DSC_5140_(2)_convert_20191118095625.jpg

イチョウの黄色がとてもきれいでした。

DSC_5141 (2)

お参りは貸し切り。
いい時間を過ごしました。

駐車場に戻り、せっかくなので「かえでの郷ひらら」にも寄ることにしました。

DSC_5144 (2)

右手に見える屋根の建物は、廃校になった小学校の校舎らしいです。

DSC_5142 (2)

たくさんの種類のもみじが植えてあり、もみじの植物園になっています。
写真には写っていませんが、お年寄りがたくさん来ていました。
入場無料だし、紅葉はきれいだし、お散歩にはいいですよね!

DSC_5145_(2)_convert_20191118101510.jpg

校庭だった場所が、市民のいこいのもみじ園に。

DSC_5146_(2)_convert_20191118101636.jpg

温室もいくつもありまして、当然ながら全部もみじ。
ちょっと異空間で楽しかったです。
育てて売ってるのかな?

DSC_5143_(2)_convert_20191118101544.jpg


お天気に恵まれ(まめクロさん、ありがとう~!)いい3日間を過ごせました。

春のお花見も、今年は奈良を歩きました。
それから半年あまりですが、振り返ると、いろんなことが。
その半年間で、夫の父方の親戚、叔父と従兄弟が亡くなっています。

何歳までこんな風に歩きまわる夫婦旅ができるかわかりませんが、出来たら長く続きますように。
歩きまわれる心身が私たちに与えられましたことに感謝です。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

三重~奈良2泊3日 3日目その2 安倍文珠院

category - 未分類
2019/ 11/ 18
                 


DSC_5110_(2)_convert_20191117211515.jpg

長谷寺の次に向かったのは、私たちは初めてのご訪問となる安倍文珠院。
実は名前も知らなかったのですが、ポスターで見て伺うことに。
「3人寄らば文殊の知恵」と言われる、文殊菩薩さまが御本尊です。

下の御本尊の画像は、ポスターを撮影させていただきました。

DSC_5114_(2)_convert_20191117211559.jpg

大きな獅子の上に乗る文殊菩薩像は、快慶作とのことです。
本堂に入り、説明を聞きながら拝見し、後で間近で拝見したのですが、間近で見上げると思ったよりもずっと大きいです。

これらの像を「渡海文殊群像」と呼ぶそうですが、この海は「雲海」のことです。
雲海の海を渡り、人間の魔を払い、知恵を授けるための説法の旅をしているお姿との説明を受けました。

素晴らしい群像で、今までこんな素晴らしいお寺を知らなかったなんてもったいなかった、来てよかったと夫と話が合いました。
癒え、知らないお寺は山ほどあるんですが、京都や奈良は割に近いので、来ようと思ったら割に簡単に来られる場所です。
こちらの文殊菩薩さまにはハートを射られました。(笑)

本堂を出て、次に向かったのは、金閣浮御堂です。

DSC_5120_(2)_convert_20191117211933.jpg

ここで公開されている像の中の3つがポスターにありましたのでご覧ください。

DSC_5117_(2)_convert_20191117211627.jpg


ご存知、陰陽師の安倍晴明公の像です。
この像は、晴明社の主神だそうです。


DSC_5118_(2)_convert_20191117211720.jpg

八本の腕を持ち、十五人の童子を従えている弁財天像。


DSC_5119_(2)_convert_20191117211740.jpg

奈良時代、遣唐使として中国に渡った阿倍仲麻呂像。

DSC_5121_(2)_convert_20191117211913.jpg

金閣浮御堂の前にも、阿倍仲麻呂の句碑が建っていました。

DSC_5126_(2)_convert_20191117211839.jpg

西古墳が有名だという事ですが、人が写ってしまうので、東古墳を撮影しました。
境内に古墳が2つある事だけでもすごいです。

DSC_5124_(2)_convert_20191118091243.jpg

厄除おさめ札をいうのをいただいて、金閣浮御堂の周りを7回周りました。
時計回りに、災難を払う願い事をしながら、1回周り、正面のお札入れにこの札を1枚ずつ切り取っておさめていくのを7回繰り返します。

DSC_5125_(2)_convert_20191117212047.jpg

金閣浮御堂の周り、空いていたので、貸しきりに近かったです。
文殊の知恵というくらいですから、知恵の神様。
受験祈願シーズンはすごいらしいです。


DSC_5128_(2)_convert_20191117212111.jpg

毎年、花壇に、干支を表わしたジャンボ干支花絵が作られるそうです。
先月友人と訪れた橿原神宮(奈良)には、大きなジャンボ絵馬が飾られていました。
奈良のおおらかさとこの大きさはよく似合う気がしました。

DSC_5129_(2)_convert_20191117212137.jpg

ありがとうウォーナーおじさん、と書いてあります。
帰宅してから調べてみました。

ウォーナー博士はアメリカの美術史家で、太平洋戦争中、京都、奈良の文化遺産の素晴らしさを壊すべきでないと米軍に訴え、京都、奈良を救った恩人として感謝されたそうです。

ただその話は、アメリカの戦後GHQの占領政策によって捏造された作り話だったことが、機密文書公開で発覚したという話も出ていました。

ウォーナー博士は美術の専門家で、戦時中、通称ウォーナーリストというものが作られたとのこと。
日本の文化施設・文化財を重要度に応じてリストにしたものでしたが、目的は日本の文化財保護ではなく、過去に日本が略奪した文化財を守り、返還するための準備、あるいは略奪文化財に紛失・破損が生じた場合の弁償用文化財を選ぶ基準だったと
いうのが作り話説の根拠の一つらしいです。

真実は私にはわかりませんが、京都、奈良、鎌倉は爆撃したら損するからという理由でも、とにかくそのリストで多くの寺社が守られたのは間違いないですよね。
ウォーナー博士は戦前2回来日、岡倉天心に学んだそうです。

長かった旅行記、あと1回で終わります。
もう少しお付き合い下さると嬉しいです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

三重~奈良2泊3日 3日目その1 長谷寺

category - 未分類
2019/ 11/ 17
                 
DSC_5080_(2)_convert_20191116232952.jpg

朝ご飯は普通のバイキングなんですが、お皿のふちの左上が少し欠けてるの、わかります?
そういうところには経費をかけないで、バイキングにいくらがあるのでした。(右上)
お宿の経営姿勢が出ていて、いっそ清々しいかもと思った一瞬。(笑)

DSC_5109 (2)

朝ご飯を食べてすぐ、車で10分の長谷寺へ。
平日で朝早いので、一番近い駐車場に入れました。

DSC_5108_(2)_convert_20191116233139.jpg

「写ルンです」という懐かしい商品名に反応しちゃいました。
あれは一世を風靡しましたよね~。
私は当時、カメラ屋さんでパート勤務していたので、たくさんの「写ルンです」をお客さまからお預かりして現像、プリントしてました。
もう35mmフィルム自体、見ることはない時代になりました。

DSC_5081_(2)_convert_20191116233214.jpg

人がいなくなるまで待って写したのですが、待ってればいなくなる時間がくるのがすごい。
紅葉が遅くてまだ色づきはじめだからこそかな。

DSC_5083_(2)_convert_20191116233320.jpg

長谷寺は今年の春のお花見にも来ました。
御本尊様の足にさわるというのも、その時も経験しました。
大きな御本尊様に、ごく間近でお会いできて、足を撫でながらお祈りするのはいいものです。
看板の写真の感じではなくて、正座してさらわせていただきました。
空いてるから、次の方がおいでになるまで、私たち夫婦で貸し切り状態でしたよ。
お花見に来た時は、そこそこ混んでいました。

DSC_5086_(2)_convert_20191116233431.jpg

長谷寺と言えば、この長い登りの階段ですよね。
登廊と呼ばれます。
平安時代に作られたらしいです。

DSC_5087_(2)_convert_20191116233458.jpg

一歩ずつ踏みしめて煩悩を落としていきました、と書きたいところですが、凡人なので、ワクワクして歩くだけでした。

DSC_5093_(2)_convert_20191116233537.jpg

本堂の舞台から本堂を写しました。

DSC_5095_(2)_convert_20191116233603.jpg

ちらほら紅葉が見えます。

DSC_5092_(2)_convert_20191116233625.jpg

舞台から五重塔を眺めたところ


DSC_5097_convert_20191116233739.jpg

清水寺もそうですが、昔の人は、あの時代によくこんなところに大きなものを建てたものだと感動します。

DSC_5094_(2)_convert_20191116233802.jpg

一週間もすれば、ここはもみじの赤で燃えるような景色になるのかな~

DSC_5107_(2)_convert_20191116233824.jpg

御本尊様はもちろん撮影不可。おみ足に願いを捧げてきたあと、てくてく歩いて、外から舞台を眺めました。

DSC_5103_(2)_convert_20191116233850.jpg

三社権現と呼ばれるところですが、スズメバチがいるので入れませんとの看板が。
少し離れたところから写しました。

DSC_5101_(2)_convert_20191116233919.jpg

稲荷社まで行くことにしました。
階段の途中で下を眺めたら、紅葉が陽に光ってきれいでした。

DSC_5102_(2)_convert_20191116233952.jpg

稲荷社です。

DSC_5106_(2)_convert_20191116234220.jpg

紅葉を見上げるの、大好き。

DSC_5105_(2)_convert_20191116234321.jpg

五重塔の周りは、まだほとんど紅葉していませんでした。

このあと、安倍文珠院に向かいました。
3日目その2に続きます。
長々と書いてきましたが、終わりが見えてきました。(笑)
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

三重~奈良2泊3日 2日目その3 石上神宮と正暦寺

category - 未分類
2019/ 11/ 16
                 
DSC_5068_(2)_convert_20191116220022.jpg

石上神宮(いそのかみじんぐう)の楼門の前に階段がありました。
そこから楼門の方を見た画像です。

階段の上に摂社がありまして、それが小さいながらも素晴らしく気持ちがしゃんとする摂社でした。
お参りの方がおいでだったので、画像はありませんが、行かれたらぜひご参拝ください。
本堂にお参りする前にこちらを参拝するようにと書いてありましたので、先にどうぞお参りください。

DSC_5067_(2)_convert_20191116220053.jpg


大きくはありませんが、堂々としていて美しい楼門です。
画像がボケていて残念。

DSC_5070_(2)_convert_20191116220128.jpg

朱塗りの朱が魔除けだと知ってから、見る目が少し変わり、きれいね~と和んだ感じから、背筋がしゃんと伸びるような感覚に変わりました。

DSC_5069_(2)_convert_20191116220150.jpg

奉祝 天皇陛下御即位

DSC_5071_convert_20191116220302.jpg

ニワトリがいました。
伊勢神宮みたい!

DSC_5072_(2)_convert_20191116220335.jpg


後ろの「鳥のおうち」にはこんなに!
神様のお使いですから「鳥小屋」なんて言ってはいけない気がしましたが、何と呼ぶのが正解やら?

この日最後に向かったのは正暦寺(しょうりゃくじ)です。

DSC_5073_(2)_convert_20191116222544.jpg

山の奥にある大きなお寺で、まだ紅葉は真っ盛りとはいえない平日のこと、人出も少なくて、静かで豊かな時間が過ごせました。
秘仏公開中で、ゆっくりとご本尊、その他の仏像にもお目に書かれました。


DSC_5074_(2)_convert_20191116222604.jpg

静かな雰囲気が伝わるでしょうか。

DSC_5075_(2)_convert_20191116222626.jpg

もみじはたくさんあるのですが、緑部分がまだまだ多く、色付きはじめといった感じです。

DSC_5076_(2)_convert_20191116222647.jpg

朱毛氈の床に座り、外の紅葉を眺めると、本当に美しいのです。とても贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

ただ、紅葉期間中は、建物内での撮影は一切禁止という事になっていましたので、ここでお伝えすることはできません。
こちらの画像にある紅葉が、建物の窓から見られます。

DSC_5077_(2)_convert_20191116222710.jpg

とてもきれいでした。

満足して宿に向かいました。
温泉に入って、さあ晩ご飯。

とても庶民的なお値打ち宿に予約したので、正直期待していませんでした。
レストランもいかにも安そうな感じ。

バイキングでしたが、お肉は一皿食べ終わったらお皿交換で新しいものをいただける仕組みになっていました。
奈良のお肉というので嬉しかったです。

旅行に行ったら、その土地の道を歩きまわり、その土地で取れたものを食べ、その土地の温泉に入るというのが好きなんですが、奈良って食べ物関係では物足りないと思っていました。

ここは、サラダバーの場所にも、奈良のミニトマトとか、奈良の大根とか書いてあって、楽しかったです。

DSC_5078 (2)

きのこが置いてある場所にはそこで焼けるように七輪が置いてありましたが、席で焼いたり煮たりしてもいいそうです。
きのこ好きなので、焼肉と焼いたり、すき焼きに入れて食べたりしました。

DSC_5079 (2)

夫が、普通の感じのおでんがある!と喜んでいました。
家で煮たり、コンビニで売ってる感じのサイズ、具材。
わざわざ泊まりに来て、何の変哲もないおでんを喜んで食べるの?と思いましたが、面白がっている夫は子供みたいでちょっと可愛かったです。(笑)

3日目に続きます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

三重~奈良2泊3日 2日目その2 石舞台古墳 岡寺 飛鳥寺

category - 未分類
2019/ 11/ 16
                 
DSC_5044_(2)_convert_20191116174232.jpg

教科書にも載っている石舞台古墳。
盛り土が全く残っていない古墳です。
奈良は古墳が多いですが、ここだけ盛り土が全くないのはなぜなnoka?
盗掘のせいだけなのか?とても不思議です。

今回もぜひ来たかったのです。
団体さんが何組も来ていたので、帰られるまで待っていました。(笑)

DSC_5039_(2)_convert_20191116174311.jpg

貸し切り状態で、中に入りました。
蘇我馬子(蘇我入鹿の祖父)の墓ではないかと言われているそうです。

DSC_5040_(2)_convert_20191116174337.jpg

天井石だけでも77トン、墓全ての石の重さは2300トンとのこと。

DSC_5041_(2)_convert_20191116174358.jpg

玄室にお邪魔して、石の間から漏れる光を見ているのは、素敵な経験です。

DSC_5045_(2)_convert_20191116174551.jpg

次に岡寺に行くのに、歩いて行ってみようかという話になりました。
距離は大したことはないのですが、奈良は道のアップダウンが多いので、距離の割に大変。(笑)
しかし、行く途中にはこういう景色が見られます。
アップダウンが多いというのは、棚田が多いことに繋がります。
お百姓さんはとても大変なのですが、景色としてはとても美しいです。

DSC_5046_(2)_convert_20191116174617.jpg

岡寺に到着しました。

DSC_5047_(2)_convert_20191116174638.jpg

手入れの行き届いた、きれいなお寺です。

DSC_5048_(2)_convert_20191116174700.jpg

そこかしこにきれいなお花が!
これはダリヤかな?

DSC_5049_(2)_convert_20191116174726.jpg

手水の鉢にも!


DSC_5051_(2)_convert_20191116174813.jpg

本堂です。

DSC_5066_(2)_convert_20191116184456.jpg

御本尊は撮影不可ですが、ランチのお店に貼ってあったポスターを写してきました。

DSC_5052_(2)_convert_20191116174838.jpg

そこかしこに、美しいダリアがいっぱいの水鉢が置かれていて癒されます。

DSC_5056_(2)_convert_20191116174908.jpg

このお地蔵様も素朴で可愛らしい。

DSC_5055_(2)_convert_20191116174933.jpg

奥の院近くの稲荷社

DSC_5057_(2)_convert_20191116175019.jpg

奥の院石窟

岡寺は、もみじの名所でもありますが、ここのもみじはまだまだ緑でした

DSC_5059_(2)_convert_20191116175053.jpg

飛鳥寺に着きました。徒歩ではなく車です。

かつては壮大な大伽藍だったようですが、今残っているのは小さなお寺です。

DSC_5060_(2)_convert_20191116175133.jpg

住職様のご説明の最後に、ご本尊様の撮影も自由と聞いてびっくりしました。
なんて大らかな・・・

DSC_5064_(2)_convert_20191116175200.jpg

飛鳥寺の奥に、蘇我入鹿首塚があると書いてあったので、境内を出ました。
首塚の周りには人がたくさんいて、思い思いにスケッチをしておいででした。
この画像は、境内を出てすぐの畑です。

おなかが空いてきたので、目に着いたお店に入りました。

DSC_5065_(2)_convert_20191116175223.jpg 
私はハンバーグのランチをいただきました。

明日香夢(あすかむ)という商業施設で、2年のチャレンジ期間の間、この場所でお店の経営を実践できて、卒業、独立していくというシステムみたいです。
若い方たちがそれぞれのお店で頑張っているようでした。

この次は、石上神社に向かいました。
その3に続きます。

                         
                                  
        

三重~奈良2泊3日 2日目その1 談山神社

category - 未分類
2019/ 11/ 16
                 
DSC_5014_(2)_convert_20191116164756.jpg

旅行2日目、14日の天気は、天気予報ではずっと悪かったんです。
でも、私には秘密兵器が。
ブロ友、まめクロさんの素晴らしいてるてる坊主さん!(笑)
ジャミラですよ~。

ほら、朝ホテルを出たらこんなもんよ♪
まめクロさん、ジャミラさん、ありがとう~!


DSC_5015_(2)_convert_20191116164827.jpg

大きくてきれいな虹でした!

チェックアウトしてすぐに向かったのは、奈良の紅葉名所の一つ、談山神社。

DSC_5016_(2)_convert_20191116164852.jpg


この鳥居の左右にあるもみじが真っ赤な時が最高の見ごろなんですが、なかなかそういう風には行きませんね。
調べたら、前回は2014年で、見頃を過ぎてしまった頃に行っていました。
その時の旅行記はこちら↓

奈良旅行 その3 談山神社


この時のブログを読み返したら、何だかそっくりのアングルの写真が多くて笑えました。


DSC_5017_(2)_convert_20191116164920.jpg


上から下にあるお土産屋さんと紅葉をみたところ。

DSC_5019_(2)_convert_20191116164949.jpg

十三重塔と紅葉は絵になりますね。
この塔は藤原鎌足公の長男が建てたそうです。


DSC_5021 (2)


このあたりの紅葉は見頃でした


DSC_5022 (2)

確かに、とにかく真っ赤!という紅葉の景色は見たいのですが、こういう色づき始めの紅葉も美しいものです。


DSC_5023_(2)_convert_20191116165342.jpg

藤原鎌足公没後千三百五十年ですって。
五十年ごとにこういう札が出るのでしょう。

この神社は、中大兄皇子と藤原鎌足公が大化の改新の秘策を練った地とされて、談山神社、となったようです。
祭神は藤原鎌足です。
本殿を立てたのは藤原鎌足の弟、藤原不比等だそうです。



DSC_5027_(2)_convert_20191116165509.jpg


やっぱりいつか、ここが真っ赤に染まっている時に来てみたいです。
来週末は素晴らしいかも~、でもちょっと行けないです。

DSC_5026_(2)_convert_20191116165544.jpg


こういう眺めは日本人のDNAに訴えるものがあると思いませんか?

DSC_5028_(2)_convert_20191116165446.jpg


ここは撮影OKで、七五三のお子さんがここで撮影していました。
地元の人はいいなぁ、最高の背景じゃないですか。

DSC_5029_(2)_convert_20191116165655.jpg

ここを登っていくと、中大兄皇子と藤原鎌足公が大化の改新の秘策を練ったとされる場所があります。


DSC_5030_(2)_convert_20191116165721.jpg

そんなに遠くないので、以前も登って行きました。

DSC_5031_(2)_convert_20191116165745.jpg

藤原鎌足公のお墓参りには行っていません。
右に曲がりました。

DSC_5032 (2)

この後、神社前のお店で草餅を買って食べました。
前に行った時も同じお店で買って食べたような気がします。
作ってあるのを焼いてくれて、焼きたてアツアツのを立ったまま食べて。美味しかったです。

この後は明日香村に向かいました。
その2に続きます。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

三重~奈良2泊3日 1日目その4 曽爾高原

category - 未分類
2019/ 11/ 16
                 
DSC_5009_(2)_convert_20191116091503.jpg

曽爾高原はススキで有名な場所です。
一度来てみたいと思っていて、来られて嬉しかったです。

DSC_5001_(2)_convert_20191116091528.jpg

朝、家を出る時の天気予報では、午後から雨でしたが、ご覧のようにとてもいい天気でした。

DSC_5007 (2)


このススキの山の上まで上れるのですが、朝から結構歩いていた私たちはここから見上げて満足することにしました。

DSC_4993 (2)

とても広大な景色で、気持ちよかったです。

DSC_4998 (2)

青空にススキの穂が金色に光ってとてもきれいでした。
ここは夕方が混むんです。
夕陽を逆行にしてススキ野原を眺めると、赤い空に金色のススキの穂が光ってそれはそれはきれいなんだそうです。

気合が入っている方は、もう三脚を設置して待機していました。
夕陽が出るまで3時間待ちなど苦にならないのでしょう。

DSC_4999 (2)

これに夕陽が加わったらどんなにきれいだろうかとは思ったのですが、3時間は待てないです。
帰りの道も大混雑でしょうしね。こ

DSC_5004 (2)


こんな休憩場所もあります。
しばらくここに腰かけて、休憩しながら、景色を楽しんでいました。
DSC_5006 (2)

学生さんの団体がジャージ姿で来ていて、若いから元気で、走って半袖になっていたりしました。
こういう若い子たちって可愛いなぁ。

遊歩道をゆっくり周って帰りました。

DSC_5010 (2)

ホテルにチェックインしました。
画像は部屋の窓の外の景色。

青蓮寺レークホテル(三重県)で、名前の通り窓からは青蓮寺湖が見えます。
温泉に入ってひと休みしてから食事。

DSC_5011 (2)

普通の懐石料理を頼んでありました。


DSC_5012 (2)


写すの忘れて食べ掛けで失礼します。
この後は、焼き物、揚げ物、おしのぎ、ご飯にお味噌汁にデザートで、これが三重県!というお料理ではなかったですが、普通に美味しかったです。
お米は、伊賀米という事で、新米で美味しかったです。
三重県に泊る時は、我が家はほとんど海辺なので、食事も海の幸だらけになるのですが、ここは山なので、メインはお肉なんですよね。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

三重~奈良2泊3日 1日目その3 龍穴神社

category - 未分類
2019/ 11/ 16
                 
DSC_4984_(2)_convert_20191116085018.jpg


室生寺周辺で検索すると出てくるのがこの龍穴神社です。
駐車場がないようで困りました。
同様の方たちが路駐していたので、ごめんなさいと短時間路駐。


DSC_4989_(2)_convert_20191116085125.jpg

小さいですが、高い木に囲まれた厳かな雰囲気の神社でした。

DSC_4987_(2)_convert_20191116085204.jpg

入り口近くにあった連理の杉

DSC_4988 (2)

狛犬と拝殿。
厳かな雰囲気が伝わるでしょうか。

DSC_4991 (2)

奥の院→1.2キロという看板があったので行ってみました。
画像は拝殿右側にあった滝です。

DSC_4992_(2)_convert_20191116085407.jpg


こちらが川の向こう側にある龍穴で、妙吉祥龍穴。
龍神様がここにいらっしゃるという事なのだと思います。
龍は水をつかさどる神様と聞いています。
これからも起きてしまうであろう水害の被害がどうぞ最小限でありますように。

この後、ススキで有名な曽爾高原に向かいました。
その4に続きます。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

三重~奈良2泊3日 1日目その2室生寺

category - 未分類
2019/ 11/ 16
                 
DSC_4962_(2)_convert_20191116074918.jpg

赤目四十八滝を後にして、室生寺方面に走ると、、田んぼにたくさんの案山子が!


DSC_4963_(2)_convert_20191116074954.jpg

とても凝った造りの案山子で、見とれちゃいました。
この後も、もっと大規模な案山子たちが設置してある場所がありました。



DSC_4964_(2)_convert_20191116075025.jpg

室生寺は紅葉の名所ですが、今年は紅葉が遅いためか、混んでいませんでした。
一番近くの駐車場に止めることが出来ました。
入り口近くのお店で軽くお昼の山菜蕎麦を食べました。

DSC_4966 (2)

食堂の目の前はこの入り口の朱の橋です。
神社は朱色がよくつかわれていますが、厄除けの色なんですよね。

DSC_4983 (2)

橋を渡ると、きれいに紅葉したもみじがお出迎えしてくれました。

DSC_4969 (2)

右に進むと、三宝杉と書かれた三本の杉の木が建っています。

DSC_4968 (2)

木の間から見える紅葉がきれいです。

DSC_4967 (2)

以前、シャクナゲの咲く時期に室生寺に来たことがあります。

高野山は女人禁制だったのに対し、室生寺は女性もお参りできるお寺でしたので、
女人高野と呼ばれて人気が高かったそうです。

DSC_4970 (2)


昔、たくさんの女性が、女性参拝が許された室生寺に来て、一生懸命祈りをささげたと思うと感慨深いです。


DSC_4972 (2)


他の神社もそうですが、朱塗りの門と、仁王像で、悪いものが中に入らないように結界が張ってあります。

ここで昔の人たちが、ありがたいありがたいと頭を下げて、お参りに来られた幸せに胸を熱くしていたんでしょうね。

DSC_4971 (2)

上天気で、真っ青な空にイチョウの黄色が映えます。

DSC_4980 (2)

五重塔のあたりは、日陰で気温が低いためかまだ紅葉していませんでした。


DSC_4981 (2)

ここから先は奥の院に行く道です。

DSC_4982 (2)

木肌もすごいです。

奥の院は遠そうだったので、途中でご無礼しました。
その3に続きます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
                         
                                  
        

三重~奈良2泊3日 1日目その1赤目四十八滝

category - 未分類
2019/ 11/ 15
                 
赤目四十八滝は、オオサンショウウオセンターから入ります。

DSC_4936_(3)_convert_20191115221915.jpg

はなちゃんの性格はまっしぐらなんですって。

DSC_4937_(2)_convert_20191115222000.jpg

赤ちゃんもいました。
オオサンショウウオも赤ちゃんは小っちゃくて可愛い!
見えますか~?

DSC_4938_(2)_convert_20191115222036.jpg

すみっこにいます。

DSC_4959_(2)_convert_20191115222125.jpg

こちらは65歳前後のさんしょうまる。
性格はたそがれる。

DSC_4939_convert_20191115222249.jpg

遊歩道にある竹は、夜のライトアップのための準備。

DSC_4941_(2)_convert_20191115222320.jpg

次々に滝があって、水もとても澄んでいて、気持ちのいい散策ができました。

DSC_4942_(2)_convert_20191115222357.jpg

こういう大きな滝は少ないんですけどね。

DSC_4943_(2)_convert_20191115222440.jpg

大きな滝は見ごたえがあって楽しいです。

DSC_4944_(2)_convert_20191115222634.jpg

紅葉はまだ少し早くて色づきはじめ。
例年なら見ごろなのですが、今年はずっと暖かかったので。

DSC_4945_(2)_convert_20191115222706.jpg

でもそれなりにはきれいでしょ?

DSC_4947_(2)_convert_20191115222739.jpg

上を見上げると紅葉の山と真っ青な空。

DSC_4949_(2)_convert_20191115222806.jpg

こんな道をてくてくと歩きました。

DSC_4953_(2)_convert_20191115223330.jpg

滝もきれいな水もいいけれど、こういう岩肌もインパクト大。

滝を見ながらのハイキングを楽しんで、次の室生寺に向かいました。

1日目その2に続きます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村