FC2ブログ
2019/10/17

2019年10月17日

        

大変な時にも、ふっと平安である心に戻れること

category - 未分類
2019/ 10/ 17
                 
DSC_4775_(2)_convert_20191017070537.jpg


DSC_4776_(2)_convert_20191017070514.jpg

昨日は仕事休みで、月2回のヨガの日でした。
隔週水曜のヨガ教室と、隔週木曜のダンベル&エアロビクスに通っています。

ヨガの先生は、最初に、台風の被害はありませんでしたか?と聞きました。受講者は誰も被害がなかったそうです。
「それは本当に良かったです、私は以前被災したことがあって、避難所も知っています。何も並んでいないお店の棚も何度も見ました。だから言えることだと思うのですが、皆さん、天災への心の備えをして行きましょう。」
「天災は、地球の自浄作用です。地球は地球が壊れないために、必要なエネルギーの放出をしています。だから、これからも天災は起きるでしょう。備えは必要です。」

かいつまんで書きますとこういうお話でした。
「今、有り余る物の中で生活していると、これが無かったらどうなるんだろうと不安になる物の数がとても多いです。
物を備えだすと、ますます不安になって、これも必要、あれも必要と、備えの品数も量も増えていきます。
それが悪いわけではありませんし、物の備えも必要です。
でも、被災前に想像するよりは、物がないことは、それなりに何とかなるんです。この話は実際に被災して物がなくて辛い人にはできません。物がある立場の人間が、ない立場の人間に言うべき言葉ではありませんから。」

「いつも(ヨガ教室の)最初に、あぐらの姿勢で目を閉じて、手をひざ近くに置いて、深呼吸しますね。大きく息を吸う音、吐く音を感じていただいています。その時、心は平安です。
外の状況に振り回されない平安な自分の心にすとんと落ち着きます。
避難所の狭い面積の中でも、あぐらを組むことはできます。
大変な時にも、ふっとその平安である心に戻れること、それが心の備えです。」

先生はいつも、ヨガ指導中に、言葉をかけてくださいます。

自分の呼吸音を感じましょう
○○の筋肉が伸びていることを感じましょう
人と比べないで、自分の身体の声を聞いて
一番自分が気持ちよく伸ばせる場所を探して
歯を食いしばらないで。歯の力を抜いてくださいね~!
笑顔!笑顔でできるくらいでないと身体って緩まないですよ。

素敵な先生に出会て有難いです。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
            
スポンサーサイト