FC2ブログ
2019/09/13
2019/09/11
2019/09/09
2019/09/07
2019/09/04
2019/09/03
2019/09/01

2019年09月

        

足が攣りそうで目が覚めた時は・・・

category - 未分類
2019/ 09/ 13
                 
DSC_4699_(3)_convert_20190913062908.jpg

夏に咲く白い花、ガウラ。
ローズマリーの下から生えて、環境的には大変そうですが、元気いっぱいに咲いています。

さて、急に朝晩涼しくなりまして、私、木曜の早朝に足が攣りました。
タオルケットも使っていなくて、ふくらはぎが冷えたんだと思います。

ちょうど木曜はダンベル&エアロビクス教室の日だったので、始まる前に先生に聞きました。
「今朝早く左のふくらはぎが攣ったんですが、そういう時は控えめに動いた方がいいんでしょうか?」
「今、痛いですか?」
「もう大丈夫です。多分、冷えたんだと思います。」
「今は痛くないのなら、普通に動いていいですよ。痛みを感じたら控えて下されば。
今の時期、攣る人が増えるんです。攣る原因は、冷えの他に、運動のし過ぎとかビタミンB1の欠乏も考えられるんですが、今朝早くでしたら冷えでしょうね。
始まる前に、ふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチをしておきましょう。」


DSC_4700_(2)_convert_20190913062844.jpg


しっかり運動して、昨夜はレッグウォーマーをつけて寝ました。攣らなかったです。(笑)

攣りそうで目が覚めた時、ふくらはぎの筋肉が伸びるようにしないと辛いですよね。
「攣りそうな足を上にしてさっと横を向いて、指先を持って引っ張るといいですよ。」と先生にアドバイスしていただきました。

私はとっさに飛び起きて、ベッドの上で体操座りのような体勢になったところで足が攣ったので、かろうじて、ふくらはぎの筋肉を伸ばせました。
本当はベッドの下に降りて、立ちたかったんですが、それには間に合わなかった感じで。
少し痛みが治まったところで立ちましたが。
でも、ベッドに横になって、横たわったまま、足先を引っ張る方が時間が短くて済んでいいですよね。

次回に足が攣った時、咄嗟にこの話を思い出せますように。(笑)



                         
                                  
        

暑いですね

category - 未分類
2019/ 09/ 11
                 
DSC_4695 (2)


昨日と一昨日は最高気温37度で、今日は34度。
あら、3度も下がって涼しいじゃない~!と思えるか?
これはねぇ…思えない!
殺人的な暑さではなくなったような感覚はありますが。

上の画像は、人工芝を敷いたところに残したヤブラン。
普通の地面の上に厚い人工芝って、酷暑にはこたえると思いますが、何とか乗り切ってくれています。


DSC_4696 (2)

義母さんの帰宅前から、猛暑の中、少しずつ庭の整備をしております。
終わった花や伸びすぎた茎を切ったり、雑草を抜いたり。
長時間は危険なので、出勤前に少しずつ・・・

少しの時間でも、サウナに入ったかのような汗が出ます。
手前は今朝切ったものなので、まだ枯れていません。
奥にあるのはもうカリカリよ。

画像の右上に小さく見える枯れ切った枝や雑草は、画像では小さく見えるけれど大量なので、少しずつ燃えるゴミの袋に入れて出しているのですが、全然減らない気がします。
もちろんそれは錯覚で減って行っているはずなので、千里の道も一歩から!と唱えつつ、少しずつやっていく予定です。

早く涼しくなってくれないと倒れそう~。





                         
                                  
        

義母さんは無事に施設に帰りました

category - 未分類
2019/ 09/ 09
                 
DSC_4690_(2)_convert_20190909074519.jpg

ランチョンマットを洗濯したのが乾いたので、無造作に机に載せたら、テーブル下にいたナナちゃんが反応して乗りました。

何だかジャストサイズだったのが可愛い。(←猫バカ)

DSC_4689_(2)_convert_20190909074355.jpg


その頃、こゆきちゃんは毛づくろいに余念がありませんでした。

DSC_4691_(2)_convert_20190909074455.jpg

猫の手って、可愛いですよねぇ。これはナナちゃんの。


DSC_4692_(2)_convert_20190909074419.jpg

こゆきちゃんは時々こうやって曲げてるんですよ。
ナナちゃんはやらないんですが。

昨日は義母さんを送っていき、台風の準備をしようかと思っていたのですが、ずいぶんそれてこのあたりには影響はないことがニュースでわかったので、日帰り温泉でだらだらすることにしました。

夫も私もアラカンで、最近の義母さん帰宅時には、気分は老々介護です。
ショートステイ専門施設にいるので、毎月の帰宅をしないとね。それでもずいぶんイレギュラーな使い方をさせていただいています。ありがたいです。

前回の日記には、このまま隣町に特養が出来るまで、現状維持出来たらいいなんて書きましたが、正直なところ、2年近くの現状維持なんて不可能だろうというのはわかっています。

すごくトイレで用を足すことにこだわっていた義母さんですが、だんだん尿意がわからなくなってきているようで、こちらが見計らってトイレに連れて行っています。
2人介護でも、義母さんに、ある程度の脚力がないと、支える方の介助者が完全に義母さんを持ち上げないといけなくなるので、トイレ介助はある意味リハビリになっているかも。
まだ便意は分かって、トイレでしたがりますので、このリハビリも大事です。

特養に入るまでには便意を訴えることもなくなっているかもしれません。そうなら逆にオムツ移行が容易になるでしょう。
今の施設でも最初はトイレ介助2人かかりきりは無理とお断りがあって、私たちも了解したのですが、義母さんは5分~10分おきにナースコールを押し続けるという暴挙(呆けのせいで忘れるんですが)に出ました。

出て行ってくださいと言われても仕方ないところを、夜中は無理ですが、日中は介助しますとおっしゃってくれた施設です。
本当に助かります。感謝しています。

特養では無理だと思います。
有料老人ホームは特養と比べてスタッフさんがかなり多いので可能と思いますが、義母さんには貯金がほとんどなくて、年金も少なく、私たちが毎月不足分を払い続けていくのも無理なので考えていません。

義母さんの状態は、すぐに特養に入れるレベルなので、夫がお願いしますと言えば、今の毎月の一時帰宅もしなくていいのですが、そうするとすぐに認知症状が進んでいきそうです。
環境の変化に義母さんの脳はついていけないでしょう。

トイレ介助がなくなるのも、大きなストレスになって、義母さんの脳は「トイレに連れて行ってほしい」という思いだけに占められてしまうでしょう。
それは経験済みなので、あの状況の再来は避けてあげたいです。

無事に施設に義母さんを送り届けると、本当にほっとします。
今回は、買っておいた演歌のDVDに助けられました。
DVD、別のも用意しようと思います。

日帰り温泉で、ゆっくりお風呂に入り、岩盤浴のコーナーでリクライニングチェアに横たわって、ダラダラしたり、うとうとしたり、時々岩盤浴に入ったりして過ごしました。

本当は、介護は腰に来るので、腰痛体操したほうがいいんですけどね。ストレッチも大事。プールで背泳ぎも腰のためになるんですよね。
でも今日はとにかく怠けようか、明日からまた忙しいし・・・と2人でダラダラを満喫してきました。


                         
                                  
        

義母さん、帰宅中です

category - 未分類
2019/ 09/ 07
                 
DSC_4688_(2)_convert_20190907205517.jpg

昨日から義母さんが帰宅しています。
画像は全く関係ありません。
そういえば何も画像がないと思って、パソコン椅子の真上にある照明器具を写してみただけ。(笑)

義母さんは確実にゆっくりと衰えているなぁと感じます。
先月、お昼寝の時に入れ歯を外して布団の中に入れていたけれど、今日は寝ていない状態で、ベッドに横たわっていて、わたしの目のまえで入れ歯を外して布団の中に入れました。

先月もねぼけていたんじゃなくてこんな感じだったのかも。
今日は私の目の前で起きたので「おばあちゃん、入れ歯を外したら、晩御飯食べられなくなっちゃうよ~。」とふざけた口調で言うと、「そうだった」と口に戻していましたが。

ノースリーブの私が暑くて汗をかいているのに、長袖長ズボンの義母さんは、綿毛布の上に寝てるのに、タオルケットじゃなくて毛布をかぶりたい、寒いからと言います。
いつものことなんですが、暑いというのがもう感覚的に分からないのかもしれません。
念のために熱を測りますが、大丈夫でした。

「本当はすごく暑いんだよ。熱中症の人がまだ出るくらい。おばあちゃんは寒いと思い込んでいるから寒い気がするんだけど、その寒い気がするのを信じちゃうと、熱中症になっちゃうよ。タオルケットにしておこうよ。」と繰り返す私。
一応上に掛ける綿毛布も用意してあるので、「じゃあ、足元だけ毛布にしましょうね」と変化球を投げることもあります。

夫はこういう同じ会話の繰り返しに弱くて、5回くらいでうんざりした顔になります。
実の親だとボケて欲しくない気持ちで心がざわつくのかもしれませんが、私は今日だけでも20回くらい言ってますけどね。

淋しいのもあるのかもね。
一緒にテレビを見て、たわいない会話などしていると、寒いなんて言わないんです。
でもずっとそうやって付き添っているわけにも・・・
申し訳ないけれど、そこまで出来ません。

隣町に特養が出来るのが2年後。
それまで何とか毎月の帰宅を頑張って、完成した特養に入れたらいいなというのが希望なんですが、競争率は激しいんでしょうね。母体になるクリニックの患者さんでもないですし。
でも希望はもってます。
老々介護になるので、近いところが有難いですし、その場所なら義姉さんたちもたまには顔を出してくれるかもしれません。

ただこういうのは、義母さんがどうなっていくかによって何とも言えないので、現時点では、成り行きに任せるしかないかなとも思っています。

今月末(29日~30日)、夫と立山黒部アルペンルートのツアーに行きます。
義母さんの帰宅は正直なところストレスになるので、ストレス解消旅行です。
黒部渓谷トロッコ列車に乗って、関電トンネル電気バスに乗って、黒部ケーブルカーに乗って、立山ロープウエイに乗って、まだまだその類の乗り物に乗るという、乗り物フェチなの?と言われそうなツアーですけど、楽しみです。

標高の高いところは9月下旬に見ごろを迎えるらしいのですが、この猛暑・・・紅葉はちょっと無理かもしれませんが、リフレッシュして来たいです。

台風が気になる所ですが、義母さんを施設に送っていくのは午前中なので、影響はなさそうです。

義母さんには「おばあちゃん、ついてるよ~!台風が来てるんだけど、この辺に来る頃には、おばあちゃんはもう施設の中。
夜寝る頃に雨や風が強くなっても、寝ていて気が付かないかもしれないね!全然怖くないし、雨でぬれることもきっとないよ~」と言ったら、「そりゃありがたいね」とにこにこしていました。



                         
                                  
        

昨日と今日はこんな感じ

category - 未分類
2019/ 09/ 04
                 
DSC_4646_(2)_convert_20190904135708.jpg


DSC_4647_(2)_convert_20190904135731.jpg

昨日の夜は友人と2人で食事&おしゃべり。
友人と夕食なんてめったにないことです。
彼女のご主人が出張で不在なので、たまには・・・ということになりました。

家族の夕食は7割ほど出勤前に作り、残り3割を帰宅後に作ってきました。
本当は全部作ってから仕事に…と思っていたのですが、夏バテ気味なのか疲れちゃって。
無理のきかないお年頃になりましたねぇ。

友人は今年、体調を崩すことが多くて大変な年でした。
ずいぶんよくなってきてホッとしています。
おしゃべりに花が咲きました。

今日は仕事は休みで、午前中はヨガ教室に。
先生が、「9月ですね~!秋と言えば…皆さん何を連想しますか?読書の秋ですか?」
メンバーの数人が「食欲の秋!」とすかさず返答。
「食欲の秋・・・う~ん、そうですよね。食欲の秋も大事ですよね。でもスポーツの秋もありますよね?!」
しっかり動いて、スポーツの秋を満喫してきました。(笑)

その後、義母さんのお薬をお願いしに病院へ。
いただいた処方箋を持って薬局へ行き、粉にしておいて下さい、金曜日に取りに来ますとお願いしてきました。
9月は6~8日が帰宅日で、8日に翌月の退所日までのお薬を持参することになっています。

そのあとは食料品の買い出しに出かけました。
通勤は基本自転車なので大量に買うときは車で。
仕事休みの日に行くことが多いです。

大量に見えても、4人家族でじきに食べてしまうのよね。
やはり我が家は食欲の秋かしら・・・

最高気温は33度で暑いですが、トンボがたくさん飛び出して、風も何だか秋めいています。


                         
                                  
        

穏やかな9月の朝に感謝

category - 未分類
2019/ 09/ 03
                 
DSC_4644_(2)_convert_20190903082358.jpg

夫が出勤し、長男が出勤し、長女が出勤。
我が家はこの順序で家族が仕事に行きます。
私は午後パートなので12時半に出勤。
穏やかな9月の朝です。

もう9月なのにこの暑さ!なんて文句の言葉も口から出るけど
本当は夏が過ぎ去っていくのを感じています。

そこそこ元気で今こうして生きていることがありがたいです。
還暦近くなると幸せの感覚も変わってくるのかしらね。
今、自分がこの世に在ること自体が幸せです。

職場の産直では、山のように並んでいた夏野菜の量が減っています。
地元のお百姓さんが持って来て並べるのが産直です。
冬瓜、キュウリ、ナス、オクラなどは旬が過ぎつつあるので、お店に並ぶ地元のお百姓さんの野菜量が減っています。
お店に例えばキュウリがないのも困るので、仕入れの野菜が並びますから心配はないのですが、季節を感じる一コマでもあります。

昨日のお客さまに、「里芋、こんな小さなのしかないの?」と聞かれました。
「すみません、このあたりの畑の里芋は、出始めでして、ようやくこのサイズになったばかりなんですよ。少し大きめのものもあったんですが、もう売れてしまいました。」
いいお客さまで、「ああ、そういうことなのね!これから大きく育つんだ~。」と笑顔で納得してくださいました。

昨夜は我が家でも里芋と厚揚げの煮物を作って食べました。
同じ里芋を食べるのでも、(ようやく畑でこのサイズに育ってくれた里芋ちゃん)と思っていただくと、ありがたさが増しますね。
厚揚げだって、地元のお豆腐屋さんの工場の方が揚げたりパックしたりしてお店に並んだものです。大豆の収穫から数えるととんでもない手数がかかっています。

里芋と厚揚げに煮物のほかは、カマスの塩焼き、ナスと青じそのお味噌汁、ビーツと梨のサラダという、老人食(笑)の献立でした。
カマスも秋の味ですよね。
お刺身OKとありましたが、普通に塩焼きで。美味しかったです。

お百姓さん、お豆腐屋さん、漁師さん、魚屋さん、配送業者の皆さんのおかげでこういう普通の食卓が成り立っていますよね。
ありがとうございます。

                         
                                  
        

9月になりました

category - 未分類
2019/ 09/ 01
                 
DSC_4642_(2)_convert_20190901073428.jpg


9月になりました。
次の金曜日には義母さんの一時帰宅です。
時の経つのは早いものですね!
上の画像は居間のカレンダーです。
このカレンダーは、世界の絶景のカレンダーで、2か月単位になっています。
9・10月はアメリカのホースシューベンドの夕焼け画像。

今年はあと4ヵ月なので、2か月ごとのこのカレンダー、あと2枚でおしまいなんですよ!
当たり前のことなんですが、もうそんなに?!という気持ちになりました。
振り返るといろんなことがあった8ヵ月ですけど、あっという間にも感じます。

1月に、義母さんがインフルエンザにかかりました。
もちろん施設は退所、自宅介護です。
夫がタイに出張する2日前のことで、夫がタイで発病するのを避けたかったので、出発まで、空港近くのホテルで待機してもらうことになり、1人で義母さんを看ました。
トイレ介護には二人が必要でしたので、オムツにしてもらったのですが、義母さん猛反発。
お互いに気が狂いそうでした。

2月には、夫の出張と私の看病のお疲れ様旅行に九州へ。
博多と別府を楽しんだ2泊3日を過ごしました。

3月に夫の父方の叔父が入院、手術、その後GWにお見舞いに行った時にはかなり弱っていて、義父さんの法要の日に逝去されました。
先日、その叔父の百か日法要にお参りさせていただいたところです。

キャティオの通路が完成したのは、今年の2月でした。
夫の渾身の作。(笑)南北のキャティオを猫が自由に行き来できるようになりました。
8月にはキャットウォークが出来て、こゆきちゃんのお気に入り場所になりました。

4月には吉野山のお花見旅行に。
直前に異例に冷え込んだ日が続き、最初の予報では満開だった吉野山がほぼ咲いていない状態で、でも2日目に行った大神神社や長谷寺は満開できれいでした。

そう、振り返ればたくさんいろんなことがあったんですよね。
でも、あっという間に感じてしまうのはなぜでしょう。

DSC_4643_(2)_convert_20190901073448.jpg

私のパソコンの前にあるカレンダーは毎月1枚のタイプなのであと4枚残っています。
毎日、こつこつと生きていくだけですね。
いい日々でありますように。