FC2ブログ
2019/08/29

2019年08月29日

        

すべてうまくいきますように

category - 未分類
2019/ 08/ 29
                 
昨日は幼なじみの友人に会いに名古屋へ。
友人は大きな病気が見つかり、検査入院から退院したところです。
来月は手術のために再入院することになっています。


DSC_4636_(2)_convert_20190829065216.jpg


和食のお店で、かつおだしのワンタンを食べました。
あまり食欲のない彼女はワンタン3個入り、おなかの空いていた私は7個入りを注文しました。

DSC_4637_(2)_convert_20190829065157.jpg


食後のデザートと飲み物はかるかんとコーヒーをチョイス。
この後、場所を変えて、いろいろおしゃべりしました。

高校生の頃、自転車で彼女の家に行っておしゃべりしたあの頃からもう40年経っているんだなぁ。

老後とか大病とか、そんな言葉ははるか遠くにあった女子高生の私たちは、何をおしゃべりしていたんだっけ。
ユングの話、ゲーテの話…2人とも本が大好きな女の子でした。
彼女の部屋にはミュシャのポスターがあったのを覚えています。

彼女の高校はその頃できたばかりの進学校で、他校生徒との交際を禁止するという校則がありました。
男女交際とかではなく、同性の友人でも禁止だったので、私たちが会っておしゃべりするのは立派な校則違反でした。
あのバカげた校則はさすがにもうないよね?

友人と友人の猫ちゃんの健康を祈りつつ、おしゃべりしました。猫ちゃんも闘病中なんです。
話題は高校生の頃とは違い、病気の話、入院の話、老いる事についてなどなど。

友人の病気について話したことは書かないので別の話を。
私が、認知症にはなりたくない、義母さんの施設にはいつも怒っている呆けた人がいるけれど、あれは地獄じゃないかと言うと、賢明な友人は言いました。
自分がみじめだと思うことより、怒っていたほうが楽だから選択してるので、あれは地獄じゃないと思うよって。

そう言われてすぐ納得。
義母さんはそういうタイプで、始終、嫁に上から目線で怒っていて、今の施設の前に老健でお世話になった時も、怒ってばかりいました。
あれは自分をみじめに思いたくないから必死だったのね。

老いてたり病気やけがで、能力を失っていっても、その自分の受けいれてみじめに思ったりしないのが大切なんですね。

人の役に立つ人間になりなさいって言われて育ってきています。
能力がある自分は簡単に好きだけれど、能力のない自分は嫌いという気持ちにも、心当たりがあります。
怒ってばかりの老人にならないためには、人に評価される人が価値のある人間で、人に迷惑をかける人は価値のない人間、という価値観を自分でひっくり返さないといけないのかも。

一緒におばあさんになって、また美味しいものを食べながらおしゃべりする時間を重ねようね。
友人の手術もその後の治療も、すべてうまくいきますように。


            
スポンサーサイト