FC2ブログ
2019/06/22

2019年06月22日

        

昨夜は叔父の七日念仏でした

category - 未分類
2019/ 06/ 22
                 
昨日の夜は叔父の七日念仏の日でした。
今は私の職場は人手が十分にあるので、七日念仏の日は全部お休みにさせていただきました。

七日念仏は夜7時からなので、夜6時まで働いて、急いで帰って着替え、駆け付ければぎりぎり間に合いますが、考えただけで疲れちゃうので。

朝から夕方までは、友人と日帰り温泉でまったりしました。

DSC_4512_(2)_convert_20190622110048.jpg

温泉施設の日替わりランチAセット、880円也。
この日はオムライスとサラダバーのセットでした。
こういう場所のお得なランチなので、期待はしていません。
880円はコスパがいいですが、オムライスはう~ん、まずくはない、という感じ。

お風呂でゆっくりして、ランチの後は、岩盤浴スペースに行き、リクライニングシートに座ってまったり。
だらだらしにきたので、それでいいんです。

昨夜の七日念仏はちょうど三十五日目に当たる日でした。
早いものです。
お経を声を揃えて唱えるのは好きなんです。
毎回、お経の後に、和尚様のお話がありますが、それも好きです。

我が家と同じ浄土宗で、詳しく言うと浄土宗西山派。
京都に詳しい方ならよくご存じの禅林寺(もみじで有名な永観堂)を総本山とする宗派です。
立派な三門で有名な知恩院を総本山とする鎮西派の方が大きいようですがその辺は詳しくありません。
法然上人の流れをくみ、阿弥陀如来をご本尊としています。

和尚様の読経後のお話で、一番心に残っているのは、2~3週間前に聞いたお話です。
ものすごく簡略にざっくりと言うと、という前書き付きでのお話しでした。おまけにその話を書く私自身は特に信仰心はなく、仏教に全く詳しくありません。そのつもりでお読みください(笑)

阿弥陀如来さまがまだ阿弥陀如来さまになられる前の菩薩だったときに(ややこしいですがご勘弁を)いくつもの誓いをたてられたそうです。
その誓いを叶えるまでは阿弥陀如来にならないという強い決心でたてられた誓いでした。
ものすごく簡略にざっくりと言うと、どんな人をも救うという誓いでした。

実はこの話を聞いても、ふ~ん、と思っただけなんですが、お経では阿弥陀如来さまのお名前を唱えています。
南無阿弥陀仏と何度も声を揃えて唱えるんです。
つまり誓いをたてられた菩薩さまが、阿弥陀如来さまにすでになっていらっしゃるという事は、すでにすべての人が救われているということになりますね?というお話。
こういう世界観、好きなんです。そういうことなんだ!って思いました。

そもそも、この世に苦しみが多いから、宗教が生まれたんじゃないかと思います。
特に信仰のないおばちゃんの個人的感想です。
人々が、苦しみ多い人生を生きていることに心の痛みを感じ、みんなが明るい心でよりよく生きていくためにはどうしたらいいのだろうかと真剣に考えた人たちがたくさんいた、権力などと絡んでややこしくなったのは後世のことであろう、という風に受けとめています。

イメージとしてとても素敵ではないですか?
(信仰心のある方、お話ししてくださった和尚さま、いいかげんですみません)
全ての人を救いたいと願い、その誓いは叶えられて、全ての人は実はもうすでに救われているというイメージ。
その清らかな救いの世界にいらっしゃる阿弥陀如来さまに感謝を込めて、人々が南無阿弥陀仏と唱えるイメージ。

よりよく生きるために、閻魔様の話が有効だった人もいるでしょうし、南無阿弥陀仏と唱えれば救われるという話が有効だった人もいるでしょう。

全国的に行って、七日念仏の法要自体が珍しいというのをブログのコメントで知りました。(苦笑)
毎週は大変ですし、行くたびに1500円ほどのお供えを持って行くのがこのあたりのしきたりです。
隣町ではお金を持って行くそうです。地区によって違うのね。

分け合える個別包装のお菓子をお供えに持って行く習慣のため、帰りにそれを分けていただくので、毎週お金がかかる+お土産にお菓子の分け分をいただくので甘いものを食べ過ぎるというのもありましたが、お坊様のお話を聞くのは楽しかったので、あまりストレスにならずに助かりました。

来週の七日念仏で、七日念仏はおしまいです。
その次は四十九日の法要になります。









            
スポンサーサイト