FC2ブログ
2019/06/14

2019年06月14日

        

誉められても喜ばず、貶されても嘆かないように。風にビクとも揺れない巌を見習いたまえ

category - 未分類
2019/ 06/ 14
                 
義母さんは先ほど眠りました。
眠くなった頃に、下剤と睡眠導入剤の粉末を、服薬用ゼリーに溶かしたものを食べさせます。
普段の食事は、見守りながら本人が食べますが、薬に関しては、
こぼしてしまうと必要量の服用が出来ないので、必ず私がゼリーに溶かして食べさせています。

この2つの薬は、私が嫁に来るずっと前、もう40年ほど前からずっと続いて飲んでいます。
変わったのは、薬が粉末になったことだけ。
嫁いできた最初は驚いて、いろいろ工夫はしたのですけど、無駄でした。
お医者様が長年続けても問題ないとおっしゃる量で、もう40年飲んでいて問題ないですし、
くすりの量が増えるというようなこともありませんでした。
若い頃の私の心配は杞憂だったようです。


DSC_4498_(2)_convert_20190614214551.jpg


最近のお気に入りの本です。
小池龍之介 しない生活 煩悩を鎮める108のお稽古

「誉められても喜ばず、貶されても嘆かないように。風にビクとも揺れない巌を見習いたまえ」
お釈迦さまの言葉がいくつも紹介されていますが、これもそのひとつです。

人は評価で揺れますよね。
評価を自分の軸にするのは間違っていると思っても揺れます。
自分を振りかえると、自信がないからなんだろうな~って思います。
でもそういう煩悩を持って揺れるのが普通の人間だよね、と私は思います。
誉められて喜んでるな~とか、貶されて嘆いているな~とか、
自分の揺れを大らかに受け入れて、そんな自分を責めたりしない自分でいたいです。
「風にビクとも揺れない巌を見習いたまえ!」と自分を励ませたら、それで充分じゃないかな。

本のサブタイトルの「煩悩を静める」という言葉も好きです。
「なくす」んじゃなくて「静める」のが、人間の限界なんでしょうね。
(自分はいい評価を受けるに値する人間だ)と思えないと不安になるということは、
(私は悪い評価を受けても仕方のない人間かもしれない)という怖れがあるのかもしれません。
評価に振り回されると疲れちゃいますよね。
でも小心者だから、「風にビクとも揺れない巌」にはなれす、振り回されてます。
振り回されている自分を愛そう、と思います。
だって、そういう小心っぷりが、人間らしくていいじゃないですか。(笑)

睡眠薬がよく聞いて、義母さんが朝までぐっすり寝てくれますように。
途中で起きちゃうこともあるんですよ。

下剤を飲んでも、朝、排便がスッと出ないこともよくあります。
3日に1度あれば問題ないと聞いていますので、そう心配はしていませんが、
とりあえず、トイレで普通に出ますように。

紙パンツの中で出てしまったり、トイレでも、便器に坐る前に、途中で出ると大変なんです。
1人でつかまり立ちできないので、夫が立たせて、私が脱がせて、便器に座らせるという手間があり
少し時間がかかってしまうんですね。
でも、そうなったらその時です。
明日のことは明日対処すればいいですね。

とにかく義母さん、今月も無事に帰宅出来てよかったね。

            
スポンサーサイト