FC2ブログ
2019/06/09
2019/06/09

2019年06月09日

        

明治村に行ってきました その3 最終です

category - 未分類
2019/ 06/ 09
                 

DSC_4454_(2)_convert_20190609002934.jpg

幸田露伴住宅 蝸牛庵

DSC_4451_(2)_convert_20190609002819.jpg


2階の部屋からは隅田川が見えたそうです。


DSC_4452_(2)_convert_20190609002844.jpg

昔の日本家屋は風通しが良いように作られていますね。

DSC_4453_(2)_convert_20190609002911.jpg

釘隠しの水鳥
昔の日本家屋のこういうところが好きです。

DSC_4455_(2)_convert_20190609002956.jpg

次に行ったのは、大阪の豪商が神戸に建てた芝川又右衛門邸宅
この壁がとても印象的でした。
しっくいの上に着色してあるのですが、面白いです。




DSC_4456_(2)_convert_20190609003016.jpg

大阪の豪商が兵庫で果樹園も経営することになり、管理のための別荘として果樹園近くに建てた洋館とのことです。

DSC_4458_(2)_convert_20190609003052.jpg

これは、神戸山手西洋人住居を横から見たところです。
右側は素敵な洋館、左側も外観は洋館なのですが、屋内は日本間でした。
こちらもガイドさんに案内していただきました。
左右の館を繋ぐのは2階の通路だけ。

DSC_4459_(2)_convert_20190609003114.jpg

通路はこんな感じです。


DSC_4460_(2)_convert_20190609003137.jpg

通路から外を写してみました。

まだまだ建物が多い明治村ですが、ガイドさんに案内していただける時間は終わりつつあります。

DSC_4463_(2)_convert_20190609003203.jpg

呉服座の客席の方まで入れるのはガイド時だけなので、残念ながら外から撮影。
大阪から移築されました。
「わろてんか」にはこの呉服座が撮影に使われていましたよ。
明治村は朝ドラの撮影に使われることが結構多いです。


次に行った聖ザビエル天主堂も「半分青い」に出てたっけ。

DSC_4465_(2)_convert_20190609003225.jpg

DSC_4468_(2)_convert_20190609003301.jpg


DSC_4469_(2)_convert_20190609003323.jpgDSC_4472_(2)_convert_20190609003345.jpg



DSC_4473_(2)_convert_20190609003422.jpgDSC_4474_(2)_convert_20190609003501.jpg

DSC_4475_(2)_convert_20190609003539.jpg

天井もステンドグラスもとても美しい教会です。
ここで実際に結婚式もできるんですよ。

DSC_4476_(2)_convert_20190609003639.jpg

いきなりこんなの見てぎょっとしました?
金沢監獄の官房で、囚人さんは人形です。

DSC_4477_(2)_convert_20190609003718.jpg

「まんぷく」のロケにも使われた帝国ホテル。
中でお茶やケーキをいただけます。
重厚で華麗で、素敵な建物ですよ。

DSC_4478_(2)_convert_20190609003743.jpg



DSC_4479_(2)_convert_20190609003804.jpg


DSC_4480_(2)_convert_20190609003830.jpg

この画像の右奥が喫茶コーナーです。


DSC_4481_(2)_convert_20190609003859.jpg

長崎から移築された聖パウロ教会。
まだまだたくさん建物がありますが、出口に向かって帰りがてら、
まだ回っていない建物を見ていきました。
かなり歩いたので疲れてきました。


DSC_4482_(2)_convert_20190609003917.jpg

この「明治探偵GAME」が人気のようで、園内でたくさんの人が謎解きしていました。

楽しみながら歩きたい!という当初の目的は達成いたしました。
最期までお読みくださった方、途中まででもチラッと見てくださった方、
お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

            
スポンサーサイト



            
                                  
        

明治村に行ってきました その2

category - 未分類
2019/ 06/ 09
                 
日本庭園を歩きました。
建築物は車寄せが1つあるだけなので、人は少なく手貸し切り状態。

DSC_4425 (2)


向う側には入鹿池があります。
この画像だと池が見えませんね。

DSC_4426 (2)


元々は農業用の池でしたが、ワカサギ釣りもできる大きな池です。
明治村では、元々川沿い、海沿いなどに立っていた建物は、この入鹿池をその水に見立てて、
川や海のあった方向にこの入鹿池が来るように建て直されています。


DSC_4429 (2)

ちょっと面白かったので撮りました。


DSC_4430.jpg

東山梨郡役所の2階から撮りました。

DSC_4431 (2)


外国の偉人コーナーにあった中で、とてもお気の毒だったエドモンド・モレル氏
蒸気機関車を日本に走らせるために来日、でも日本に来て約1年で病死なさったそうです。
尽力した鉄道の開通を見ることのないまま異国で死すとは。

DSC_4432 (2)

富岡製紙工場を作ったポール・ブリュナ氏

DSC_4433 (2)

こちらの観光ガイドを受けたかったので、定刻に集合しました。
名古屋の中心部で油屋を営んでいた東松屋住宅です。
電気の普及で油の売れ行きが落ちると、銀行業に転身しました。

DSC_4427 (2)

1階部分は江戸時代に作られた平屋だったそうです。
当時は身分制度が厳しく、商人があまり立派な家を作ることは許されていませんでした。
武家ならともかく、商人の家ですから、床の間の床もとても小さく、欄間も質素なデザインでした。
その後、身分による贅沢の縛りがなくなりましたので、2階、3階と増築されたそうです。
見事な吹き抜けで、2階にはお茶室がありました。


DSC_4436 (2)

お茶室に入るお客様の待合室にはこんな窓が。
この向こうにある扉が開いている間、この窓は暗いのですが、
お客さまが全員お茶室に入ると、最後のお客さまが戸を閉めることによって窓が明るくなります。
この明るさが合図になって、お茶会の準備を進めていい、というのがわかる仕組みだそうです。


DSC_4437 (2)

お着物の女性はこの住宅のボランティアガイドさん。
他にもいろいろある仕組みを説明してくださっています。


DSC_4438 (2)

これは2階にお茶室を作ったために、お茶室に向かう路地の雰囲気を再現した廊下。

DSC_4439 (2)

粋な日本建築を見せていただいて楽しかったです。

DSC_4440 (2)



DSC_4442 (2)


おなかが空いたのでランチを。
私は冷やし天ぷらきしめん、夫は味噌カツを食べました。
店内は満席だったので、屋外です。
冷房の効いた店内でゆっくり食べられるようなお店は並んで待っていたので諦めて、
さっと食べられるお店にしました。




DSC_4450 (2)

西園寺公望別邸「坐漁荘」
こちらもガイドが始まるまで少し待ちました。
ガイドに参加すると入れていただける場所も結構あるのです。

明治時代、10年も海外に学び、2度も日本の首相を務めた西園寺氏。
年を取ってから、政治に嫌気がさして、静岡県の海の前にこの別邸を建て、
これからはのんびり釣りをして暮らすのだと
そういう気持ちで移り住んだのが「坐漁荘」だそうです。

でもそれ程の実力者ですから、政治家たちがひっきりなしにこの邸宅を訪ねて、
訪問者が列をなす状態で、のんびり釣りをすることは1度もなかったとか。

DSC_4443 (2)

壁の中に金属製のはすかいがあるのが、建物を解体してわかったそうです。
こういう風に1箇所だけ見られるようにしてあるのですが、他の壁も同様だそうです。
重大な話をする部屋の前の廊下が鴬張りになっていたり、他にも大人物ゆえの工夫のある邸宅でした。

DSC_4445 (2)

若い頃、10年もフランスで暮らしていた方ですから、日本風の家はどうも暮らしにくかったらしく、
80歳の時に、好みの部屋を新しく作ったとか。
昔の80歳ですから、すごい話です。

DSC_4447 (2)

このサンルームもお気に入りの場所だったとか。
立派な庭園が見え、庭園の向こうは海。

DSC_4448 (2)


この立派な庭園、ポケモンGOのせいで、たくさんの人が踏み荒らして芝生が禿げてしまったとか。

DSC_4449 (2)

エジソン社の呼び出し盤。
用事があるからすぐに来なさいというボタンが部屋にあり、どこの部屋でご主人さまが呼んでいるか、使用人にすぐわかるようになっている機械です。

この呼び出し盤がある部屋に当番の者が寝泊まりし、呼ばれたらすぐに駆けつけました。

その3に続きます。