FC2ブログ
2019/06/08

2019年06月08日

        

明治村に行ってきました その1

category - 未分類
2019/ 06/ 08
                 
今日はお天気も良く、2人とも仕事休みでしたので、歩こう!ということになり
犬山市にある屁区物館明治村に行ってきました。
何度も出かけたことがある場所ですが、前回行ったのは多分7~8年前。(笑)

DSC_4412_(2)_convert_20190608204739.jpg

明治村にはボランティアガイドさんが何人もいらっしゃるので、
可能なら案内を受けたほうが10倍楽しめます。
ちょうど臨時のツアーをしてくださることになったそうで、ガイドさんについて行きました。

明治村の敷地はとても広大で、上の画像にあるような園内バスでも楽しめますが、
今日は歩く!がテーマでしたので、もちろんバスには乗りませんでしたよ。
上の画像の建物は三重県尋常師範学校。

園内には明治時代の建物や家具などがたくさん。
寄附をお願いしたことはないそうです。
壊すには惜しいので寄附しますという申し出で、解体、運搬、再組立てという運びになります。

DSC_4413_(2)_convert_20190608204759.jpg

これは大井牛肉店。
美味しい牛鍋が食べられますが、お値段が張ります。
食べたことがありますが、とても美味しくて、でも5000円くらいの牛鍋では肉はちょっぴり。
お肉は追加できますが、なかなかお高いです。

DSC_4415_(2)_convert_20190608204839.jpg

こちらは聖ヨハネ教会堂の中です。
明治40年に京都に建てられたものが移築されています。
ちょっとわかりづらいですが、天井には竹が使われていました。さすが京都の教会堂。

DSC_4416_(2)_convert_20190608204920.jpg

ステンドグラス。色使いも少し地味な感じでした。

DSC_4417_(2)_convert_20190608204945.jpg

オルガンがたくさん。寄付のお品でしょうね。


DSC_4418_(2)_convert_20190608205052.jpg

聖ヨハネ教会堂の外観はこんな感じです。

DSC_4421_(2)_convert_20190608211909.jpg

東京にあった学習院長官舎も移築されていました。
乃木大将、私たちの世代ではみんな知っていますが、若い方はあまり知らないそうです。
「乃木坂46の由来になった乃木という偉いおじさんがいたんだよ」と説明するらしい。

質実剛健、軍人で英雄である乃木希典大将がなぜ学習院の長官に?
昭和天皇が学習院に入るために、明治天皇が任命されたとのことです。

木坂DSC_4419_(2)_convert_20190608211831.jpg


学習院長官という立場での接客にはこのような部屋を用いたそうですが、
ご自身の住まいは丈夫でありさえすれば無駄なお金はかけなくてよろしい、という主義だったとか。
この部屋で、現在一番高価なものは、壁紙だそうです。
同じような壁紙を作れる職人さんがおらず、修復できないのだとか。

DSC_4420_(2)_convert_20190608211850.jpg


大変貴重な壁紙なので、接着剤でペタペタつけて、貼ってしまうわけにもいかないそうです。


さて場所を移動して、今度は森鴎外・夏目漱石住宅に来ました。

DSC_4423_(2)_convert_20190608212054.jpg

別にご一緒に暮していたわけではありません。
この住宅を、別々の時期にお2人が借りて住んだそうです。
鴎外はこの家で「文つかひ」を、漱石は「吾輩は猫である」を執筆したとか。

DSC_4422 (2)

夏目漱石は、朝、座敷に寝転んで新聞を読む習慣があり、その背中にはよく猫が載っていたそうです。
こういうマメ知識って楽しいですよね。

DSC_4424_(2)_convert_20190608212117.jpg

漱石の猫は、とってもいたずら好きだったようで、歩いていると後ろから足にじゃれついたり、
子どもたちが寝ていると手足を引っ掻いたりして、よく怒られていたそうです。
これは怒られますねぇ。

きょうはこの辺で。
その2に続きます。

            
スポンサーサイト