FC2ブログ
2019/06/16
2019/06/14
2019/06/12
2019/06/11
2019/06/10
2019/06/09
2019/06/09
2019/06/08
2019/06/07
2019/06/06

2019年06月

        

お休みなさい

category - 未分類
2019/ 06/ 16
                 
DSC_4499_(2)_convert_20190616223155.jpg

義母さんは無事に施設へ帰りました。
昨日の朝は、朝のトイレに連れていくタイミングが遅かったです。失敗でした。
大が出る時は、トイレに行きたいと言える義母さんでしたが、今回は訴え無しで、出ていました。
朝に出やすいので、こちらから行きましょうと言って連れていくべきでした。
おまけに軟便だったので、紙パンツの中にひどく大が広がってしまいました。

義母さんは、シャワートイレで洗うのが大嫌い。
一番弱い水流でも痛いと大騒ぎしますので、基本、シャワートイレが使えません。
空のペットボトル2本が常時トイレに置いてあり、こういう時にはそれにお湯を詰めて使います。
ずいぶん慣れてきたのですが、今回の広がり方はひどかったので、ペットボトル2本のお湯では足りず、4本分使って洗いました。おしりふきシートをたくさん使って仕上げしました。
暖かい季節なので寒くはなく、義母さんからはあまり文句も出ず、助かりました。

こういう時、義母さんを笑わせるいい言葉があるんです。
「おばあちゃん、よかったわねぇ、出るものが出て。摘便した時のこと、覚えてる?」
義母さんはひどい便秘になって、摘便していただいたことがあるんです。
「痛い~!やめてくださ~い!痛いよぉ!」と摘便の間騒いで泣いていました。

ずいぶん前のことですが、お尻を洗うような事態になると、私は摘便した時の話を持ち出します。
義母さんは「あれは痛かったなぁ。出てよかった。あの時は・・・」と思い出話になります。
トイレでお尻だけではなく、前の方も、太ももまで洗うのは不快でしょうけれど、
大が出るってことは、摘便しないで済むという事で、本当に良かった、と思えるみたいです。
まだらボケになりつつあるおかげで、自分も同じことを何度も言いますが、人からも、
同じ事を何度も言われても、また同じ話で嫌になる、とは思わないみたいで助かります。

昨日、一番ヒヤッとしたのは、義母さんが車椅子で部屋にいて、テレビを見ているときに、
多分、家族の誰かが部屋に呼ばれた時に、部屋の引き戸を少し開けたままにしたこと。

義母さんは、部屋の引き戸が空いていることに気が付いて、部屋から出ちゃったのです。
部屋から出ることに問題はないのですが、もしもそのまま玄関に向かったら、
車椅子ごと転落する可能性がありました。
我が家は古い家なので、玄関から廊下までに段差がありまして、車椅子で落ちると、
頭から落ちて大怪我する可能性もあります。
廊下にいる時に気が付いてホッとしました。
とにかく気を付ける事!と家族全員気を引き締めました。

とにかく、義母さんが、元気で、笑顔で、施設に帰れるようにしなくてはいけません。
私たちもアラカンなので、疲れが出てしまって、日帰り温泉へ行きました。
画像が何もないと寂しいかな?とリラックスルームから外を写しました。
外は足湯になっています。
ここで本を読んではうとうとし、岩盤浴してはうとうとしておりました。

義母さんは口呼吸しかできません。
皆さん、鼻呼吸って大事ですよ~!
年を取ってから、鼻呼吸できないと不便だから、口呼吸はやめましょう、なんて言っても、
もう無理みたいなんです。練習させようと頑張ったのですが、諦めました。
年寄りになる前に、鼻呼吸で深呼吸できるようにしておいた方がいいです。

口呼吸だと、のどがカラカラになるので、喉の渇きで朝早く目が覚めます。
自分で枕元の水分を取れるならいいですが、義母さんの場合、見守りなしでは無理。
一口分、口にお茶を入れ、ゴクンと飲み込むまでに時間がかかります。
その後、一口分のゲップが出ます。そのあとに次のお茶を口に入れないとむせるんです。
義母さんの観察の結果、それがわかってから、義母さんにも説明しているのですが、
一度にたくさん口に入れようとするし、ゴクンと飲み込まないのに次のを入れようとするし、
ゲップが出てからね、と言うのにゲップも待たないのです。
こちらの見守りと助言がないと確実にむせてせき込みます。
鼻呼吸できる人だったら、もう少し眠れるのにな~と思っても仕方ないけど思っちゃう。(苦笑)

明日は職場の検診で、朝ご飯抜きです。
忘れて食べないようにしないと恥ずかしいですね!

午後からのパートは、順番に仕事を抜けては、職場内に設置された検診会場へ。
検診が済んだ順に仕事に戻りますが、夕方6時までの仕事ですから、お腹が空きます。
おにぎりでも持参していって、ロッカールームでさっと食べないと。
6時間を超えるパートでないと、休憩時間がないんです。
でも、ロッカールームでの軽い飲食は許容されています。

検査結果が気になるお年頃になってきました。
若い頃は何とも思わなかったんですけどね~。

今から寝ます。
日帰り温泉で、かなりうとうと寝ていたんですが、まだ眠いのですっと眠れそうです。(笑)
                         
                                  
        

誉められても喜ばず、貶されても嘆かないように。風にビクとも揺れない巌を見習いたまえ

category - 未分類
2019/ 06/ 14
                 
義母さんは先ほど眠りました。
眠くなった頃に、下剤と睡眠導入剤の粉末を、服薬用ゼリーに溶かしたものを食べさせます。
普段の食事は、見守りながら本人が食べますが、薬に関しては、
こぼしてしまうと必要量の服用が出来ないので、必ず私がゼリーに溶かして食べさせています。

この2つの薬は、私が嫁に来るずっと前、もう40年ほど前からずっと続いて飲んでいます。
変わったのは、薬が粉末になったことだけ。
嫁いできた最初は驚いて、いろいろ工夫はしたのですけど、無駄でした。
お医者様が長年続けても問題ないとおっしゃる量で、もう40年飲んでいて問題ないですし、
くすりの量が増えるというようなこともありませんでした。
若い頃の私の心配は杞憂だったようです。


DSC_4498_(2)_convert_20190614214551.jpg


最近のお気に入りの本です。
小池龍之介 しない生活 煩悩を鎮める108のお稽古

「誉められても喜ばず、貶されても嘆かないように。風にビクとも揺れない巌を見習いたまえ」
お釈迦さまの言葉がいくつも紹介されていますが、これもそのひとつです。

人は評価で揺れますよね。
評価を自分の軸にするのは間違っていると思っても揺れます。
自分を振りかえると、自信がないからなんだろうな~って思います。
でもそういう煩悩を持って揺れるのが普通の人間だよね、と私は思います。
誉められて喜んでるな~とか、貶されて嘆いているな~とか、
自分の揺れを大らかに受け入れて、そんな自分を責めたりしない自分でいたいです。
「風にビクとも揺れない巌を見習いたまえ!」と自分を励ませたら、それで充分じゃないかな。

本のサブタイトルの「煩悩を静める」という言葉も好きです。
「なくす」んじゃなくて「静める」のが、人間の限界なんでしょうね。
(自分はいい評価を受けるに値する人間だ)と思えないと不安になるということは、
(私は悪い評価を受けても仕方のない人間かもしれない)という怖れがあるのかもしれません。
評価に振り回されると疲れちゃいますよね。
でも小心者だから、「風にビクとも揺れない巌」にはなれす、振り回されてます。
振り回されている自分を愛そう、と思います。
だって、そういう小心っぷりが、人間らしくていいじゃないですか。(笑)

睡眠薬がよく聞いて、義母さんが朝までぐっすり寝てくれますように。
途中で起きちゃうこともあるんですよ。

下剤を飲んでも、朝、排便がスッと出ないこともよくあります。
3日に1度あれば問題ないと聞いていますので、そう心配はしていませんが、
とりあえず、トイレで普通に出ますように。

紙パンツの中で出てしまったり、トイレでも、便器に坐る前に、途中で出ると大変なんです。
1人でつかまり立ちできないので、夫が立たせて、私が脱がせて、便器に座らせるという手間があり
少し時間がかかってしまうんですね。
でも、そうなったらその時です。
明日のことは明日対処すればいいですね。

とにかく義母さん、今月も無事に帰宅出来てよかったね。

                         
                                  
        

義母さんはもうすぐ帰宅

category - 未分類
2019/ 06/ 12
                 
DSC_4497_(2)_convert_20190612170356.jpg


百合の花が咲き始めました。
どこだかわかりますか?
後ろの方のジャングル(苦笑)に咲いています。

DSC_4495_(2)_convert_20190612170415.jpg


DSC_4496_(2)_convert_20190612170429.jpg

ほったらかしなのに咲いてくれてありがとう。



今日は、ケアマネさんとの面談日でした。
義母さんの施設でケアマネさんとお会いしました。

義母さんは髪が短くカットされていました。
最近、義母さんの弟さんご夫婦が来てくださったのね。
義母さんは、ここ数年は、そういうことをすぐ忘れてしまうので、
弟さん夫婦が来てくれたと私たちに話すことはなくなってしまいました。
髪を見て、あ、きてくださったんだ、とわかるんですけど。

義母さんの弟さんの奥さんは美容師さんで、以前から、カットバサミ持参で面会に来てくださり
カットしてくださるので、美容院に連れて行かずに済んでいるんです。

以前いた老健の時もそうでした。
老健では一度、指定の床屋さんが来てくださるシステムを利用したことがあるんですが、
出来栄えに義母さんは納得できないで、男みたいな頭にされた、なんて怒って。
それを聞いた弟さんの奥さんが、カットしてくれるようになったみたいです。

私から見ると、別に変わらない気がしましたが、そんなことを言ったら、
普段から男みたいな頭だって言いたいのか?!と怒られそうなので黙っていました。
でも、弟さんも多分80歳くらいじゃないかと思うんです。
車で来てくださって、万一のことがあったら・・・
しっかりした叔父ですが、最近のニュースを見ると怖いです。

ケアマネさんと義母さんと3人でお話ししていると、
少し呆けた入所者のおばあさんが、
時々、話しかけてきます。

「私は○○△△だったね」と自分の名前を聞いてきたり、
「昔はきちんと髪をきれいにセットしてたね」「きれいだったんだよ」
「朝になるときちんと服を着替えてね」などと話しかけてくるんです。
そのつど、笑顔で「そうですね」と答えると満足してくれるようです。
きれいなのが自慢だった方なのかも?

朝になるときちんと着替えて、というのは、説明がいりますね。
ここの入所者さんはほとんど指定のパジャマをレンタルしているので、
普通の服に着替えるのは、施設から出かける時だけです。
だからこの施設、お洒落を楽しみたい方には向きません。
義母さんのように、服を盗られたという妄想が起きやすい人にはすごくありがたいシステムです。

毎日は通えないですし、汚れるたびに服を替えますから、服はたくさん置いておきます。
でも家の服を全部持ってくるわけではありません。
義母さんが、あの服がない!と思う服が家のタンスにあったりします。
「あの服」が説明を聞いてもよくわからないことも多かったですが、ないないと騒ぐのです。

施設側も、盗られたと騒がれると、探したりしなくちゃいけないですし、
私に電話して、盗られたそうですが、そういう服を持ってきましたか?と聞いたり。
実際は、聞くというより詰問でしたし、苦情でした。
ボケ始めているようで申しわけありませんと何度も謝りました。

主任さんは厳しい方で、いつ出て行っていただいても結構です!と怒って電話してくるし、
義母さんにいくら説明しても、盗られたと騒ぐことはなくならず、辛かったです。
あの人はいつもいい服を着ている、なんていう羨みもあったようで、
新しい服を時々買ってあげましたが、すぐに汚してしみが出来てしまいました。

洗濯物も、尿が付いたパジャマなどはビニール袋に入れてくださるのですが、
取りに行った日の汚れではない場合も多く、すごく臭いし、大変でした。
この施設のパジャマレンタルのシステムで、そういう大変さが一気に解決。
義母さんも、盗られた妄想もなくなり、人の服が気になることもなくなって心が平和。

別にそれが目的でここを選んだわけではなく、結核性胸膜炎になってしまい、
入院のため、老健を退所せざるを得なかったんです。
老健では自由に医者通いが出来ないため、退院後は自由に医者通いのできる、
ショートステイ専門施設に入所したら、たまたまそこがそういうシステムだったんです。
ラッキーでした。

明後日は家に帰りますよ~と義母さんに言うと、そうか、と嬉しそうでした。
帰る日は金曜日で、天気予報は雨ですけど、仕方ない。
つかまり立ちできない義母さんの介護はちょっと大変ですが、2泊3日だけなので、大丈夫。
このまま平和に年を取って行ってほしいです。



                         
                                  
        

出勤前に猫と和む

category - 未分類
2019/ 06/ 11
                 
今日はとてもいいお天気なのですが、夜から雨が降るみたい。
私の仕事が終わるのは午後6時で微妙な感じです。
でも、雨が降った時の準備もしつつ、自転車で行こうかな・・・。

DSC_4494_(3)_convert_20190611111803.jpg

掃除機をかけていると、キャティオでこゆきちゃんを発見。
ちょうちょがキャティオの中に入ってきたので、追いかけて興奮してたこゆきちゃんですが、
その後、ちょうちょは無事、外に出ていきました。
未練たっぷりのこゆきちゃんでありました。

ナナちゃんは見えないけど・・・?
外に出てみたら…ナナちゃん、見っけ!

DSC_4488_(2)_convert_20190611111429.jpg


結構高いんですよ、ひさしの上。
気持よさそうに寝転んでいます。
寝ぼけて落ちることはないのかな?

DSC_4489_(2)_convert_20190611111600.jpg


こんな写真を撮っていないで掃除に励めば、きっと我が家はピカピカになるのでしょう。
でもねぇ、そういうがむしゃらな生き方は、たま~にしかできないわ。(笑)



                         
                                  
        

ナナちゃんのヘアスタイル

category - 未分類
2019/ 06/ 10
                 
DSC_4483_(2)_convert_20190610104412.jpg

ナナちゃん、お気に入りのお昼寝場所が変わったみたいです。
床の猫ベッドで寝ています。

DSC_4484_(2)_convert_20190610104430.jpg

ナナちゃんの頭のアップ。
ちょうど頭頂部からうなじにかけて黒くって、髪型みたいじゃないですか?

初めてナナちゃんに会って、この頭を見た時は、思わず、ワカメちゃんカット!と思いました。
猫バカなので、可愛い!のおまけつきです。

DSC_4485_(2)_convert_20190610110334.jpg

こゆきちゃんのお気に入りはまだ爪とぎダンボール。
ただいまお顔のお手入れ中でした。動きが早くて画像がちょっとボケてます。

DSC_4487_(2)_convert_20190610110354.jpg

今度はボケるどころか顔が見えない。(笑)
こゆきちゃんと一緒に写したかったのが、手前に見えるキャットタワーの柱。
猫の爪とぎになっている柱ですが、この柱の使用頻度が異様に高くてすごいことに。

土曜日に歩くために明治村に出かけ、しっかり歩きました。
お年のせいなのでしょうか、疲れが完全に抜けず、昨日の仕事後はクタクタ。
出掛けた翌日の仕事後、帰宅して夕食を作って食べ終わるころには、疲れがどっと出る感じ。
でも今日と明日、仕事に行けば、水曜日はお休みです。
朝10時に、義母さんの施設でケアマネさんとお会いするのですが、午後はのんびりできます。

ナナちゃんがぐっすり寝てるのを見たら、眠くなってきました。
あと1時間10分で出勤なのに~。(笑)

                         
                                  
        

明治村に行ってきました その3 最終です

category - 未分類
2019/ 06/ 09
                 

DSC_4454_(2)_convert_20190609002934.jpg

幸田露伴住宅 蝸牛庵

DSC_4451_(2)_convert_20190609002819.jpg


2階の部屋からは隅田川が見えたそうです。


DSC_4452_(2)_convert_20190609002844.jpg

昔の日本家屋は風通しが良いように作られていますね。

DSC_4453_(2)_convert_20190609002911.jpg

釘隠しの水鳥
昔の日本家屋のこういうところが好きです。

DSC_4455_(2)_convert_20190609002956.jpg

次に行ったのは、大阪の豪商が神戸に建てた芝川又右衛門邸宅
この壁がとても印象的でした。
しっくいの上に着色してあるのですが、面白いです。




DSC_4456_(2)_convert_20190609003016.jpg

大阪の豪商が兵庫で果樹園も経営することになり、管理のための別荘として果樹園近くに建てた洋館とのことです。

DSC_4458_(2)_convert_20190609003052.jpg

これは、神戸山手西洋人住居を横から見たところです。
右側は素敵な洋館、左側も外観は洋館なのですが、屋内は日本間でした。
こちらもガイドさんに案内していただきました。
左右の館を繋ぐのは2階の通路だけ。

DSC_4459_(2)_convert_20190609003114.jpg

通路はこんな感じです。


DSC_4460_(2)_convert_20190609003137.jpg

通路から外を写してみました。

まだまだ建物が多い明治村ですが、ガイドさんに案内していただける時間は終わりつつあります。

DSC_4463_(2)_convert_20190609003203.jpg

呉服座の客席の方まで入れるのはガイド時だけなので、残念ながら外から撮影。
大阪から移築されました。
「わろてんか」にはこの呉服座が撮影に使われていましたよ。
明治村は朝ドラの撮影に使われることが結構多いです。


次に行った聖ザビエル天主堂も「半分青い」に出てたっけ。

DSC_4465_(2)_convert_20190609003225.jpg

DSC_4468_(2)_convert_20190609003301.jpg


DSC_4469_(2)_convert_20190609003323.jpgDSC_4472_(2)_convert_20190609003345.jpg



DSC_4473_(2)_convert_20190609003422.jpgDSC_4474_(2)_convert_20190609003501.jpg

DSC_4475_(2)_convert_20190609003539.jpg

天井もステンドグラスもとても美しい教会です。
ここで実際に結婚式もできるんですよ。

DSC_4476_(2)_convert_20190609003639.jpg

いきなりこんなの見てぎょっとしました?
金沢監獄の官房で、囚人さんは人形です。

DSC_4477_(2)_convert_20190609003718.jpg

「まんぷく」のロケにも使われた帝国ホテル。
中でお茶やケーキをいただけます。
重厚で華麗で、素敵な建物ですよ。

DSC_4478_(2)_convert_20190609003743.jpg



DSC_4479_(2)_convert_20190609003804.jpg


DSC_4480_(2)_convert_20190609003830.jpg

この画像の右奥が喫茶コーナーです。


DSC_4481_(2)_convert_20190609003859.jpg

長崎から移築された聖パウロ教会。
まだまだたくさん建物がありますが、出口に向かって帰りがてら、
まだ回っていない建物を見ていきました。
かなり歩いたので疲れてきました。


DSC_4482_(2)_convert_20190609003917.jpg

この「明治探偵GAME」が人気のようで、園内でたくさんの人が謎解きしていました。

楽しみながら歩きたい!という当初の目的は達成いたしました。
最期までお読みくださった方、途中まででもチラッと見てくださった方、
お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

                         
                                  
        

明治村に行ってきました その2

category - 未分類
2019/ 06/ 09
                 
日本庭園を歩きました。
建築物は車寄せが1つあるだけなので、人は少なく手貸し切り状態。

DSC_4425 (2)


向う側には入鹿池があります。
この画像だと池が見えませんね。

DSC_4426 (2)


元々は農業用の池でしたが、ワカサギ釣りもできる大きな池です。
明治村では、元々川沿い、海沿いなどに立っていた建物は、この入鹿池をその水に見立てて、
川や海のあった方向にこの入鹿池が来るように建て直されています。


DSC_4429 (2)

ちょっと面白かったので撮りました。


DSC_4430.jpg

東山梨郡役所の2階から撮りました。

DSC_4431 (2)


外国の偉人コーナーにあった中で、とてもお気の毒だったエドモンド・モレル氏
蒸気機関車を日本に走らせるために来日、でも日本に来て約1年で病死なさったそうです。
尽力した鉄道の開通を見ることのないまま異国で死すとは。

DSC_4432 (2)

富岡製紙工場を作ったポール・ブリュナ氏

DSC_4433 (2)

こちらの観光ガイドを受けたかったので、定刻に集合しました。
名古屋の中心部で油屋を営んでいた東松屋住宅です。
電気の普及で油の売れ行きが落ちると、銀行業に転身しました。

DSC_4427 (2)

1階部分は江戸時代に作られた平屋だったそうです。
当時は身分制度が厳しく、商人があまり立派な家を作ることは許されていませんでした。
武家ならともかく、商人の家ですから、床の間の床もとても小さく、欄間も質素なデザインでした。
その後、身分による贅沢の縛りがなくなりましたので、2階、3階と増築されたそうです。
見事な吹き抜けで、2階にはお茶室がありました。


DSC_4436 (2)

お茶室に入るお客様の待合室にはこんな窓が。
この向こうにある扉が開いている間、この窓は暗いのですが、
お客さまが全員お茶室に入ると、最後のお客さまが戸を閉めることによって窓が明るくなります。
この明るさが合図になって、お茶会の準備を進めていい、というのがわかる仕組みだそうです。


DSC_4437 (2)

お着物の女性はこの住宅のボランティアガイドさん。
他にもいろいろある仕組みを説明してくださっています。


DSC_4438 (2)

これは2階にお茶室を作ったために、お茶室に向かう路地の雰囲気を再現した廊下。

DSC_4439 (2)

粋な日本建築を見せていただいて楽しかったです。

DSC_4440 (2)



DSC_4442 (2)


おなかが空いたのでランチを。
私は冷やし天ぷらきしめん、夫は味噌カツを食べました。
店内は満席だったので、屋外です。
冷房の効いた店内でゆっくり食べられるようなお店は並んで待っていたので諦めて、
さっと食べられるお店にしました。




DSC_4450 (2)

西園寺公望別邸「坐漁荘」
こちらもガイドが始まるまで少し待ちました。
ガイドに参加すると入れていただける場所も結構あるのです。

明治時代、10年も海外に学び、2度も日本の首相を務めた西園寺氏。
年を取ってから、政治に嫌気がさして、静岡県の海の前にこの別邸を建て、
これからはのんびり釣りをして暮らすのだと
そういう気持ちで移り住んだのが「坐漁荘」だそうです。

でもそれ程の実力者ですから、政治家たちがひっきりなしにこの邸宅を訪ねて、
訪問者が列をなす状態で、のんびり釣りをすることは1度もなかったとか。

DSC_4443 (2)

壁の中に金属製のはすかいがあるのが、建物を解体してわかったそうです。
こういう風に1箇所だけ見られるようにしてあるのですが、他の壁も同様だそうです。
重大な話をする部屋の前の廊下が鴬張りになっていたり、他にも大人物ゆえの工夫のある邸宅でした。

DSC_4445 (2)

若い頃、10年もフランスで暮らしていた方ですから、日本風の家はどうも暮らしにくかったらしく、
80歳の時に、好みの部屋を新しく作ったとか。
昔の80歳ですから、すごい話です。

DSC_4447 (2)

このサンルームもお気に入りの場所だったとか。
立派な庭園が見え、庭園の向こうは海。

DSC_4448 (2)


この立派な庭園、ポケモンGOのせいで、たくさんの人が踏み荒らして芝生が禿げてしまったとか。

DSC_4449 (2)

エジソン社の呼び出し盤。
用事があるからすぐに来なさいというボタンが部屋にあり、どこの部屋でご主人さまが呼んでいるか、使用人にすぐわかるようになっている機械です。

この呼び出し盤がある部屋に当番の者が寝泊まりし、呼ばれたらすぐに駆けつけました。

その3に続きます。
                         
                                  
        

明治村に行ってきました その1

category - 未分類
2019/ 06/ 08
                 
今日はお天気も良く、2人とも仕事休みでしたので、歩こう!ということになり
犬山市にある屁区物館明治村に行ってきました。
何度も出かけたことがある場所ですが、前回行ったのは多分7~8年前。(笑)

DSC_4412_(2)_convert_20190608204739.jpg

明治村にはボランティアガイドさんが何人もいらっしゃるので、
可能なら案内を受けたほうが10倍楽しめます。
ちょうど臨時のツアーをしてくださることになったそうで、ガイドさんについて行きました。

明治村の敷地はとても広大で、上の画像にあるような園内バスでも楽しめますが、
今日は歩く!がテーマでしたので、もちろんバスには乗りませんでしたよ。
上の画像の建物は三重県尋常師範学校。

園内には明治時代の建物や家具などがたくさん。
寄附をお願いしたことはないそうです。
壊すには惜しいので寄附しますという申し出で、解体、運搬、再組立てという運びになります。

DSC_4413_(2)_convert_20190608204759.jpg

これは大井牛肉店。
美味しい牛鍋が食べられますが、お値段が張ります。
食べたことがありますが、とても美味しくて、でも5000円くらいの牛鍋では肉はちょっぴり。
お肉は追加できますが、なかなかお高いです。

DSC_4415_(2)_convert_20190608204839.jpg

こちらは聖ヨハネ教会堂の中です。
明治40年に京都に建てられたものが移築されています。
ちょっとわかりづらいですが、天井には竹が使われていました。さすが京都の教会堂。

DSC_4416_(2)_convert_20190608204920.jpg

ステンドグラス。色使いも少し地味な感じでした。

DSC_4417_(2)_convert_20190608204945.jpg

オルガンがたくさん。寄付のお品でしょうね。


DSC_4418_(2)_convert_20190608205052.jpg

聖ヨハネ教会堂の外観はこんな感じです。

DSC_4421_(2)_convert_20190608211909.jpg

東京にあった学習院長官舎も移築されていました。
乃木大将、私たちの世代ではみんな知っていますが、若い方はあまり知らないそうです。
「乃木坂46の由来になった乃木という偉いおじさんがいたんだよ」と説明するらしい。

質実剛健、軍人で英雄である乃木希典大将がなぜ学習院の長官に?
昭和天皇が学習院に入るために、明治天皇が任命されたとのことです。

木坂DSC_4419_(2)_convert_20190608211831.jpg


学習院長官という立場での接客にはこのような部屋を用いたそうですが、
ご自身の住まいは丈夫でありさえすれば無駄なお金はかけなくてよろしい、という主義だったとか。
この部屋で、現在一番高価なものは、壁紙だそうです。
同じような壁紙を作れる職人さんがおらず、修復できないのだとか。

DSC_4420_(2)_convert_20190608211850.jpg


大変貴重な壁紙なので、接着剤でペタペタつけて、貼ってしまうわけにもいかないそうです。


さて場所を移動して、今度は森鴎外・夏目漱石住宅に来ました。

DSC_4423_(2)_convert_20190608212054.jpg

別にご一緒に暮していたわけではありません。
この住宅を、別々の時期にお2人が借りて住んだそうです。
鴎外はこの家で「文つかひ」を、漱石は「吾輩は猫である」を執筆したとか。

DSC_4422 (2)

夏目漱石は、朝、座敷に寝転んで新聞を読む習慣があり、その背中にはよく猫が載っていたそうです。
こういうマメ知識って楽しいですよね。

DSC_4424_(2)_convert_20190608212117.jpg

漱石の猫は、とってもいたずら好きだったようで、歩いていると後ろから足にじゃれついたり、
子どもたちが寝ていると手足を引っ掻いたりして、よく怒られていたそうです。
これは怒られますねぇ。

きょうはこの辺で。
その2に続きます。

                         
                                  
        

七日念仏、三七日(みなぬか)の日でした

category - 未分類
2019/ 06/ 07
                 

DSC_4408_(2)_convert_20190607230359.jpg

お念仏は夜7時からですけど、仕事は休みにしていただきました。
今、午後パートは人が多いので、休むのに支障ない情況なのです。
午後パートは1人がお産、1人が定年退職で、2人減ったので、その頃は忙しかったですが、
その前後で5人、新しく入りまして、その人たちが慣れてきたので、今は余裕。

今日は友人とランチしてから日帰り温泉へ。

メインを選ぶと、サラダ、パンorライス、フリードリンクがついています。
私はハンバーグランチにしました。
友人はポークのトマト煮。
画像の水は、お店自慢?のデトックスウォーターです。

DSC_4411_(2)_convert_20190607230423.jpg

半個室風になっていまして、なかなかお洒落なお店でした。

その後、日帰り温泉でまったりして、夕食の買い物をして帰りました。
夕食を作ったら、食べる暇はないので、着替えして、叔父の七日念仏へ。
今夜は三七日(みなぬか)で、死後3週間目、21日目のお念仏です。

叔父側の親戚は私一人で、叔母側の親戚は揃ってお参りに来ていたこともあり、
先週は少し嫌な思いをしたのですが、今日はとても感じよかったです。
来週は義母さんが帰宅する日で、来られなくて申し訳ありませんと言うと、
それに対しても気持ちいい応対をしていただけました。

お念仏の終わりには、和尚様が、お経の本を少し漢文読みして解説してくださり、
先週もでしたが、いいお話が聞けまして、いいお念仏の日になりました。

帰宅して、1人で食事をとりながら、ちょうど始まったテレビの「美女と野獣」を見ました。
さっき終わったばかりです。
アラジンの実写版が見たくなるようにという放映なんでしょうね。
美女と野獣の実写版もとても楽しめたので、アラジンも見たくなりますね。

そろそろにゃんこと寝ましょうか。
夫は「美女と野獣」の途中で帰ってきましたが、テレビの前でうたた寝中。
そろそろ起してベッドに移動しないと腰が痛くなりそうです。

お休みなさい。

                         
                                  
        

今日もおひさまはカンカン照り

category - 未分類
2019/ 06/ 06
                 
DSC_4402_(2)_convert_20190606100524.jpg

青い紫陽花が咲き始めました。
我が家の西側のはじっこにあります。

DSC_4403_(2)_convert_20190606100544.jpg

その近くにはヘビ苺。
ヘビがいそうな場所に生えるからヘビ苺って聞いたことがあります。
ヘビ苺を食べにくる小動物をヘビが狙うからヘビ苺なんだという説もあるらしいですね。
私が嫁いで来たとき、すでにこの場所に生えていました。



蒸し暑いので、出勤前のランチにはサラダうどんを作ろうかな~と思いましたが、
いいや、ここは踏ん張りどころだ(笑)と思い直し、あたたかいキノコうどんを作りました。
冷たい飲み物はやめられない暑い日は、胃腸を冷やし気味。
せめて今日のランチはあたたかいものにしようと作って食べて・・・汗かきました!

まだ6月の上旬なんだけど~。
先が思いやられます。
明日明後日はお天気が悪い分、気温は落ち着くみたいです。

皆さまも体調を崩しませんように。