FC2ブログ
2019/05/31
2019/05/30
2019/05/29
2019/05/28
2019/05/27
2019/05/26
2019/05/25
2019/05/24
2019/05/23
2019/05/22

2019年05月

        

ちょっとしたカルチャーショックだったかも

category - 未分類
2019/ 05/ 31
                 
DSC_4378 (2)

この画像、真ん中のレースフラワーを撮ったんです。
そこかしこに、ひとりばえのレースフラワーが咲きだしました、と書こうかと思って。

この黄色い花、ずっと以前からあるので、義母さんが植えたものと思っていました。
ブログを書くにあたって、さて、この黄色い花の名前は何ていうのかな?と調べてみたら、
「トウダイグザ」ですって。

群生して可愛いしとても丈夫なので、私はわりに好きな花なんですが、
毒があって、折った部分から出る白い液が手に付くとかぶれるとか。
知らなかった~。気をつけようと思います。

DSC_4375_(2)_convert_20190531070853.jpg

ランタナの間に咲くレースフラワー。
夫はレースフラワーを「雑草」と呼びます。
ずっと以前、私が他の場所に種をまいたのですが、群生したレースフラワーは夫の目には雑草が生い茂っている見苦しい場所と映ったようで、ある日きれいに刈り取られておりました。

DSC_4376_(2)_convert_20190531070912.jpg

でも、種が飛ぶんでしょうね、たくましく毎年そこかしこに芽を出して咲いています。

話は変わりますが、職場に中国の方がいます。
中国の方とはいえ、日本の大学を出て日本人と結婚した女性で、子供さんも日本の大学生、
すっかり日本になじんでいる方です。
ご両親も主だった親戚も、中国の土地、家は売り払って、好きな外国で暮らしているそうです。

その方が、割に新しく入った主婦パートさんがいつも笑っているので、
「あの人には、悩みごととか辛いことって何もないんだろうね。いつも笑ってるよね」
と言うのでちょっとびっくり。
辛いことが何もないからいつも笑っているという解釈、
多分、ほとんどの日本の大学生の親世代はしないんじゃないかなと思いました。

「辛いことはあるとは思うんだけど、笑っていようと思って笑っているんじゃないかな」
そう答えたら、とても驚いて「え?辛いことがあっても笑ってるの?そんなことってある?」

これは日本独特の感性なのかな?と私もびっくり。
「どんな辛いことがある?」と聞かれましたが、人のプライバシーなのではぐらかしました。
ただ、そういう情報を私から聞き出すためにそう言ったわけではなさそうです。

家に帰ってから、ちょっと考えちゃいました。
辛いことがあっても笑って生きているって、日本人的には美学じゃないですか。
明るく前向きに生きていこう、っていう、立派なポリシーじゃないですか。
でも視点を変えてみたら、ものすごく不自然でびっくりする人もいたんですね。

私はこの日本的ポリシー、好きなんです。
自分もそうありたいと思っています。

私は、テレビで外国の方が、悲しくて泣きわめいたり、頭にきて怒鳴ったりというのを見ると、
そんな過激な表現を人前でするなんて「はしたない」のではないかと感じてしまう方です。
でもそういう思いを持って生きるのは、自分の心に蓋をする傾向が高い生き方とも言えます。

とても辛いことが起きて、自分はこんなに辛いと思っているんだ、悲しくて泣きわめきたいんだ、
その心にきちんと向き合いつつ、笑って生きていけるならいいんです。
でも自分の素直な心に、「はしたない」という感性でぱっと蓋をしてしまうっていうのは、
ある意味、危険なことなのかもしれないと思いました。

私は日本的感性にどっぷりつかって生きているアラカンのおばちゃんなので、
辛いことがあっても笑って生きている、そういう姿勢が好き、という感性は強いです。
それでいいと思っています。
でも、自分の心に蓋をしちゃいけないなと思いました。

何かが辛い、悲しいと感じたら、自分に辛いね、悲しいね、と自分の心に言ってあげたい。
何かが嫌だと思ったなら、嫌だと言える立場なら嫌だって自分のために主張してあげたい。
自分の思いを素直に見つめて寄り添ってあげる気持ちを、自分の軸に持ちたいなと思いました。





            
スポンサーサイト



            
                                  
        

紫陽花

category - 未分類
2019/ 05/ 30
                 
庭の紫陽花が咲き始めました。
まだ咲いていない紫陽花の木が4本ありますが、そちらの色は青。
白とピンクの紫陽花が咲いています。

DSC_4369_(2)_convert_20190530121726.jpg


DSC_4370_(2)_convert_20190530121757.jpg

これは同じ「墨田の花火」で下の画像は花のアップ。

DSC_4371_(2)_convert_20190530121829.jpg



DSC_4372_(2)_convert_20190530121854.jpg



DSC_4373 (2)


梅雨が近い時期なのですよね。
天気予報では一週間はほぼ晴れ、一日だけ曇り。
今年の入梅は何日になるのかな?

                         
                                  
        

新聞紙の袋を作って、夫のカッターシャツを洗剤に浸ける平穏な朝

category - 未分類
2019/ 05/ 29
                 
DSC_4368 (2)

時間がある時に、新聞紙を使って紙袋を作っています。
最初はコーヒーのペーパーフィルターを捨てるのに、これを使うようにしていましたが、
最近は、ねこトイレの近くにも置いてあり、ねこのう〇ちを始末するのに使います。

こういうごみを捨てるのに、長い間ビニール袋を使っていました。
私の住む市の焼却炉は性能がいいものなので、問題ないだろうとは思いつつ、
ビニールごみをよく出す私は、申し訳ないという気持ちがずっとありました。
夫は、私の自己満足にすぎないからやめたら?と言いますし、その通りかとも思うけど、
自己満足でいいじゃない?と今朝も少し新聞紙の袋を作りました。
自己満足は大事だから。

58歳の今、責任という名の重荷はずいぶん肩から降ろしています。
田舎の主婦として生きてきただけですから、大した肩の荷は背負っていなかったはずですが、
それでもいろんなことがあり、歯を食いしばって頑張ったことも泣いたこともありました。
そういう世界を卒業したら、今度はもっと自分の心の声を聞いてあげる時期かなと思います。

こういう責任があるから○○したいけど出来ない、ってことがなくなるわけで。
さあ、今はすごく自由だよ?何がしたい?って自分に聞く時期かな~。

それでその答えが、新聞紙の袋でねこのう〇ちを捨てることですか?って自分で突っ込んでみる。
スケール小さすぎ!(笑)

またそこそこ暑くなりそうなので、今朝は、夫のカッターシャツをたくさん洗剤に浸けています。
「純愛」というすごい名前の酵素洗剤なんですが、最近のお気に入り。
40度~50度のお湯に洗剤を溶いて、長袖と半袖全部で12枚ほど浸けてあります。

あまりたくさん一度に洗うのも大変なので1度に12枚くらいがちょうどいい感じ。
長袖はもうしまう分、半袖は今から着る分です。
全部、洗ってあるものですけれど、しまう前の長袖とこれから着る半袖はもう一度洗います。
これがしたいこと?と言われると、誰でもしている普通のことだし、やっぱりスケール小さすぎ。

でも、こういう普通の暮らしが平和にできる事って、本当に有難いことです。

最近はいろんな事件があって、突然、哀しみの極みに突き落とされてしまう人もいて・・・
合掌することしかできません。



                         
                                  
        

小雨の日のにゃんこたち

category - 未分類
2019/ 05/ 28
                 
今日は雨。
連日のカンカン照り猛暑の中、土も乾いていたので恵みの雨です。
少し地面の熱も冷めるかな?
今のところ、時々雨が止む小雨という感じです。

こゆきちゃんを北側のキャティオで発見。
見苦しいけど、コンテナを使った猫用の階段があります。
ひさしまで上れるので、時々猫たちはひさしを走っています。
でも、雨の日はちょっとひさしが滑りそうで心配。
ひさしの上は屋根なので、大雨でなければひさしはあまり濡れないとは思いますが。

DSC_4362 (2)



DSC_4363 (2)


DSC_4364 (2)


DSC_4365 (2)

ひさしまであと一歩、というところで、こゆきちゃんの気が変わり、下に降りてきました。
ここまで来て降りるのはなぜ?猫の気持ちはわかりません~。

DSC_4366 (2)

その頃、ナナちゃんは北側のキャティオの、あまり濡れない場所にお座りしていました。
ナナちゃん!と呼んでも、私、聞こえませんけど・・・の知らんぷりポーズ。

DSC_4367 (2)

知らんぷりの視線の先に移動すると、今度は別の方向を向くナナちゃん。
もう一度「ナナちゃん!」と呼んでも、こんな感じ。
ツンデレ猫の極みのナナちゃんでありました。

                         
                                  
        

静岡に行ってきました その3 ドロフィーズ・龍潭寺 

category - 未分類
2019/ 05/ 27
                 
舘山寺温泉には小さな子供向きの遊園地「パルパル」がありまして、
子供たちの小さい頃は、何度か出かけたものでした。
もう少し大きくなるとこの「パルパル」では飽き足らなくなるので、
三重県の「ナガシマスパーランド」に行くのが定番でした。
愛知県民なのに、愛知にはないの?と言われると愛知県民として申し訳ないので、
愛知県犬山市の「モンキーパーク」にもよく行きましたと書き添えておきます。(笑)

舘山寺温泉の旅館の無料入浴券を使うべく、「パルパル」の近くの旅館に来ました。
お風呂は2階にありまして、これはその2階からの眺めです。
ロープウエイ乗り場と遊園地と浜名湖がすぐ近くという立地です。

DSC_4348 (2)

歩き疲れた後の温泉は気持ちよかったです~。

その後、ネットで調べて行きたいと思った「ドロフィーズ」に行きました。
私のイメージでは、芝生の中にお洒落な北欧風のお店が立ち並ぶ場所・・・だったのですが、
行ってみたら違いました。
オシャレな北欧風のお店が並んでいるのですが、住宅街で、あれ??っていう気持ちになりました。
家に帰ってから調べたら(遅い!)建築会社さんの経営で、お洒落なスポットが点在していたらしいです。

DSC_4349 (2)

インテリアショップのウオールアートもおしゃれなんですが、夫向きじゃないな~。
女同士で入ったらきっと楽しい。

DSC_4350 (2)

私がネットで見た画像はこれ↑なんです。
この庭に出るには、上の画像のインテリアショップに入って、
通り抜けなければいけないしくみです。

DSC_4351 (2)

こんな感じの住宅街で、歩くの楽しそうなんですが、夫向きではないし暑いしで、
「ごめん!移動しましょう!」と龍潭寺に行先を変更しました。
「ドロフィーズ」が悪いわけではありません。いいコンセプトだなぁと感じました。
どういう暮らしがしたい?と問いかけてくれるような場所じゃないかなと思います。

DSC_4353 (2)

さて、こちらは龍潭寺。直虎ゆかりのお寺で、井伊家の菩提寺です。
庭園が美しかったです。

DSC_4354 (2)

それ程混んではいなくて、坐ってこの景色を眺めて楽しめました。

DSC_4356 (2)

風格のあるお寺です。

DSC_4357 (2)

帰り道、井伊谷宮という神社に寄りました。
その前に、井伊家のお墓にお参りしましたが、お墓なので画像はご遠慮しました。


DSC_4358 (2)

これが「梛の木」です。
ドラマ見ていた方はご存知かな?

DSC_4360 (2)

「なぎ」は「凪」と発音が同じなので、転じて、「禍を避ける木」「良縁を結ぶ木」
「愛しいものの無事を祈る木」とされ、龍潭寺の庭先に植えられたものです。

DSC_4359 (2)

大木を見上げるのが好きです。
そしてドラマに出てきた井戸は、私のイメージでは森の中でしたが、
行ってみたら、田んぼの中にありました。下の画像です。
これで静岡のプチ旅行はおしまいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

DSC_4361 (2)
                         
                                  
        

静岡に行ってきました その2 竜ヶ岩洞

category - 未分類
2019/ 05/ 26
                 
なぜか急にFC2の画像縮小ツールで縮小が出来なくなってしまいました。
どなたかわかる方教えてください・・・。

方広寺から竜ヶ岩洞に向かう途中に「きじ屋」さんという道の駅がありました。
方向寺まで向かう途中に、何度も看板を見かけていたお店です。
何しろ山奥で、他の食事処もないかも?と思い、「きじ屋」さんに入ることにしました。

ジンギスカン鍋がありまして、メニューを見ますと、このあたりのとろろを使ったきじ汁付きの面のセットもありました。肉を食べるかきじ汁でうどんやおそばと、セットのとろろご飯を食べるか迷いました。
きじ汁というのを食べたことがないので、魅力的でしたし、山奥のとろろは美味しいに決まってます。でも、ご当地のお肉というのも魅力的です。
「きじ汁と麺ととろろご飯のセット、それに単品で肉をつけよう」というどっちも食べる選択に致しました。(笑)

DSC_4316 (2)

静岡産カルビと地元の(名前忘れました)なんとかポークを1皿ずつオーダー。
美味しかったです。

DSC_4317 (2)

麺は私はそば、夫はうどんにしました。
温かいきじ汁に麺をつけていただきます。
きじのお肉は少し硬いですが、しっかりしたお味でした。とろろもまいう~。

DSC_4343 (2)

竜ヶ岩洞、思ったよりも広い鍾乳洞でした。
予想通り涼しく、17度くらいらしいです。
上着を持って行って正解でした。

DSC_4329 (2)

これ↑は水が溜まっているところに植えの鍾乳洞が映っているところです。

DSC_4323 (2)

こんな道を歩くとき、ちょっとどきどきしますね。

DSC_4322 (2)

非現実体験って楽しいです。

DSC_4342 (2)

横を見ても非現実

DSC_4344 (2)

上を見上げても非現実

DSC_4338 (2)




DSC_4340 (2)



DSC_4336 (2)

このブルーはライトアップですが、とても効果的できれいな景色でした。

DSC_4330 (2)

ブルーの池は滝つぼです。
滝もなかなかの水量でした。

DSC_4335 (2)

ゆっくり歩いて30分くらいかな?
涼しく楽しい経験でした。

DSC_4346 (2)

鍾乳洞を出ると、こんな風に作ったんですよというジオラマがありました。

DSC_4347 (2)

たいへんな作業だったと思います。
おかげで楽しい経験が出来ました。作業者の皆さま、ありがとう。

さて今回のお出掛けは、たまたま温泉旅館の日帰り入浴券があるから浜名湖方面に行こう♪というせこい(方言?通じますか?けちっていう意味です)ことでした。
その温泉旅館は浜名湖湖畔で、ここから車で30分ほどかかります。
浜名湖は大きな湖でなかなか気持ちいい場所なのですよ。
その3に続きます。



                         
                                  
        

静岡に行ってきました その1 方広寺

category - 未分類
2019/ 05/ 25
                 
舘山寺温泉というエリアの某旅館の日帰り入浴券があったので、
ではそのあたりに出かけましょうかという事になっての日帰り旅行です。

最初に出かけたのは、静岡でも愛知県よりの、浜名湖北部にある方広寺。
駐車場横には立派な三重塔がありました。

DSC_4302 (2)


坂道を下って、本堂の方に進みました。
新しい感じでしょう?新しいんです。
何度も火災にあったそうで、古くから残っているものは少ないようです。

歴史は古く、「おんな城主 直虎」のロケ地にもなった、皇室ゆかりの名刹です。

DSC_4304 (2)

亀背橋という赤い橋を渡って本堂へ。

DSC_4305 (2)


一木彫の昇り龍、下り龍、素晴らしかったです。

DSC_4306 (2)



DSC_4306 (3)

龍の顔のアップ


DSC_4307 (2)

ネットで拝見したこのお寺のお宝、釈迦三尊像をぜひこの目で見たくて行きました。
撮影不可なので画像はありませんが、こちら↓で見られます。

ちょうどこちらで↓御祈祷依頼の方がいらしたようで、荘厳な声が響いていました。

DSC_4308 (2)

広い敷地の中には、そこかしこに5百羅漢の石像がありました。

DSC_4309 (2)


DSC_4310 (2)


DSC_4312 (2)


DSC_4311 (2)
 
この羅漢様の表情が好き。

DSC_4314 (2)

奥の院があるとのことで、こんな道を登って行きました。


DSC_4315 (2)

やや坂が急だったので、奥の院が見えて安心しました。

方広寺の敷地はとても広くて、まだまだ歩きまわる場所はあったのですが、結構歩いて、
おなかも空いてきまして、次の場所に移動することにしました。

次の目的地は竜ヶ岩洞という鍾乳洞です。
暑い日だったので、歩き回った後は涼しいところでと思って。
場所も近く、方広寺とのセット券がありました。

その2に続きます。





                         
                                  
        

ダンベル教室に行ってみたら、講師は懐かしのK先生でした

category - 未分類
2019/ 05/ 24
                 
真夏日ですね!
夏の花が咲き始めました。

DSC_4298_(2)_convert_20190524081511.jpg

アメリカンブルー

DSC_4299_(2)_convert_20190524081532.jpg

ポーチェラカ

これからどんどんお花が増えるのは楽しみですが、暑すぎるのは苦手です~。


昨日はダンベル教室に出かけていきました。
昔、ダンベルを持っていたのですけど、捨ててしまいました。
ヨガ教室で誘われた時に、ダンベルがなかったら500mlのペットボトル2本で大丈夫ですと言われたので、その言葉に従わせていただきました。
通うことに決めたら買えばいいかなと思ったのです。

行ってみると、講師の先生が、何と以前エアロビクス教室でお世話になったK先生でした。
何年も通ったのですが、あれは20年前?もっと?25年くらい経ってるかも?

先生も私の顔を見て「お久しぶりです~!お元気そうですね!」
「いつの間にか50代になってしまいました~。」とおっしゃるのでびっくり。
そういえばそうか。全然そんな風には見えないけど。
「私なんかアラカンですよ」と言うと、「そうなりますね。あの頃は私も若かった~」とおっしゃるので、そうそう、本当に若かったわ、エネルギッシュでパワフルで、といろいろ思い出しました。

ダンベルを効果的にするためには、体のあちこちを調整しないと体を痛めるしいい筋肉がつかないとのことで、ダンベルよりも調整の動きの方が時間が長かったですがその方が嬉しい~。

指導は以前同様というか、ますますきめ細やかになって、その動きで使う筋肉の説明も簡潔でありながら丁寧、ここが痛い人はこういう風に手を抜いてという説明も欠かさないK先生でした。
今の動きでここが痛かった人は○○に気を付けてくださいとか、運動量を上げたい人はここをこういう風にしてみてとか、細かな言葉も、エアロビ教室で以前受けた指導を思い出して懐かしくありがたかったです。

ヨガ教室は、第1と第3水曜日。今月はGWで変更になりましたが。
ダンベル教室は、第2と第4木曜日。両方とも午前中です。
私の仕事は水曜はお休みで木曜は出勤ですが、仕事前にダンベル教室に行ってもいいかな~。
ということで、月2回の運動教室は月4回に増やすことが出来そうです。
私の行っている地区の運動教室は、何種類参加してもお値段一緒というありがたい教室なんですよ。

                         
                                  
        

自己犠牲はストレスになる

category - 未分類
2019/ 05/ 23
                 
DSC_4297_(2)_convert_20190523075619.jpg

昨日の夕方、南のキャティオにいるナナちゃん(三毛猫)ととこゆきちゃん(白茶)です。
こゆきちゃんの目が光ってしまいました。ちょっと怖い~(笑)



昨日はヨガ教室の日でした。
「先日、ある生徒さんが、言ってくださったんですけど・・・」と先生が少しおしゃべり。
「私、ヨガ教室の日って、家族に優しくなれるんです」と言ってきてくれて嬉しかったそうです。

「ヨガって自分の身体の声をきちんと聴いて大事にしてあげることなんですよ。
主婦とかお母さんの仕事って、与える仕事じゃないですか。もちろんそれは大事な人のためで満足感もあるんですけれど、自己犠牲もあるんですよね。自己犠牲はストレスになるんです。」

「だからヨガで頑張っちゃいけないんですよ~。歯を食いしばったり、痛いのを我慢したりするのは自分の身体を大事にすることじゃないですよね。逆です。
自分の身体が一番気持ちよく伸びる場所を探してあげて、痛いと思ったら少し緩めてあげるとか、
ゆっくり呼吸する、その吸う息、吐く息を、丁寧に感じてあげる、それがヨガです。」

「内臓の中で、自分の意思で動かせるところが肺です。
胃や腸を、今から動きを激しくしようとか、止めようとか思って、それができますか?
肺は息を吸うことでふくらませることができますし、吐くことでその逆もできます。
吸う息、吐く息を意識して感じてみましょう。そういう時間は実は大切なのです。」

自己犠牲はストレスになる。
当たり前の言葉なのですが、はっとしました。
生きていくのに、自己犠牲ってつきものです.
それを我慢して人のために尽くすのが、古来からの日本の美学でもあったと思います。
それは間違いだと思ったのではありません。
我慢する経験も、尽くす経験も、大事な経験です。
それを経験しないで育てばどんなふうに育つか、想像しただけでぞっとします。
でもある程度までそういう経験を重ねたら、そこから卒業していくのも大事かなと感じました。

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし、って徳川家康も言ってますね。
私たち世代のDNAにはそういう言葉が刻まれているのかもしれません。
何だかそういう言葉が効きすぎちゃって、自分が楽しむことに後ろめたさを感じる人もいるくらい。

与えられている人生を、感謝と共に受け取って、いっぱい楽しみましょう!
昨日のヨガ教室で、明日の午前はここでダンベル教室がありますと言われたので・・・
仕事前にダンベル教室に参加しようと思います。私の仕事は13時から18時なんです。
ヘロヘロになっちゃうかしら~?(笑)
                         
                                  
        

地震雲??

category - 未分類
2019/ 05/ 22
                 
DSC_4291_(2)_convert_20190522091444.jpg

洗濯物を干そうと思って外に出たら、地震雲が見えてびっくり。

DSC_4292_(2)_convert_20190522091501.jpg

「雲は大気の、地震は大地の現象なので、地震雲なんて迷信」という人もいれば、
「エネルギーは影響しあうんだ」という人もいるのですが、ちょっと気持ち悪いですよね。

DSC_4295_(2)_convert_20190522091521.jpg

何もありませんように。

気分転換に今日も庭のお花の画像を撮りました。

今日は仕事はお休みで、月2回のヨガ教室の日です。
支度したら行ってきます。

DSC_4294_(2)_convert_20190522091428.jpg


DSC_4293_(2)_convert_20190522091410.jpg