FC2ブログ

2019年01月20日

        

義母さん、快方に向かっています

category - 日記
2019/ 01/ 20
                 
義母さんの熱は、まだ油断はできませんが、下がったようです。
夫は無事、飛行機に乗って出かけたようです。
とりあえず、この2点だけでも、ひと安心かな。

私一人での介護看病、どうなる事かと思っていましたが、
とりあえず、熱が出た日にインフル確定で服薬しているので、
とんでもないことはまず起きない、普通は1週間くらいで治る、
その間は大変でも何でもやるしかないと腹はくくっていたので、
思った以上ではなかったです。

一番恐れているのは、やはり排便のことです。
今日はちょっぴり便が出ました。
すっきりしたのか、疲れが出たのか、義母さん、夕寝してます。

出るからどうしてもトイレに行く、と義母さんが言うので、
オムツの中でしてくれたら、きれいに拭いてあげるよ~、
そんなに固形物を食べていないから、義母さんが恐れるほどは出ないはずだよ~
そんな風に説得を試みましたが、どうしてもベッドでは出ないと泣かれ、迷いました。

でも私もね、オムツの中で広がっちゃった便を一人できれいにできるか自信はなく、
まだトイレの便座でお尻を洗う方が安心ではあったんです。
問題はトイレの便座で、オムツを取った状態にしてあげられるかどうか。

便座に座らせてあげるまではできると思うけれど、
座った後、オムツは外せないかもしれないんですよ。
1人でつかまり立ちできれば問題ないですが、できません。

そしたらオムツの中でしてくれる?と、これも何度も念を押し、
いいというので、車椅子に移動、トイレに行って便座に移動。
少しお尻を浮かせる努力をしてもらって、少しずつ、オムツを移動させましたが、
肌がすれて痛いと言います。

痛くしたくないけれど、オムツを取るためには多少は肌がこすれてしまいます。
でも、オムツしたままではあっても、ベッドで寝たきりよりも、
便座に座った方が、腹圧がかかって、便が出そうな気がします。
義母さんは涙声を出すんだけど、そんな声出しても、
少し肌がこすれるのを我慢するか、オムツの中でするか、2択しかないというのを
冷静に説明して待ってたら、諦めたようで、少し痛くても我慢するって。
縟瘡予防用のワセリンは毎日お尻に塗っていますが、皮膚は弱っているだろうから、
我慢するって言われても、お尻の皮膚は心配なんですけどね。

便はひとかけらしか出ませんでした。
まだ続きが出るのかもしれません。
その時はどうするか。

他のことはずいぶん慣れました。
寝たきりの着替えとか、食事とか、食べられそうな食事作りとか、
オムツのパッド交換とか、水分をこまめに与えるとか、そんなのはもうセミプロよ。(笑)

期間限定だから頑張れるんだと思います。
普通の介護って、期間限定じゃないどころか、いつまで続くのか全く不透明。
そしてまだ義母さんは、それほど呆けていないので、会話が通じます。

かまってちゃんの義母さんは、寂しいからもっとそばにいて欲しいと言います。
毎日3食の食事は1回40分ほどかかるし、水分・栄養補給を兼ねたおやつも毎日2回各20分。
その他、喉乾いていない?とか、目薬さしましょうね、とか、尿取りパッドを替えましょうねと
何度も部屋に行って、感染するのが怖いけれど、結構義母さんとの密着時間長いのですが。

昨日は長女を呼んで、「寂しいから部屋に一緒にいて」と頼んだとか。
「おばあちゃん、インフルエンザが治るまでは我慢してね」と断ったとか。
うつると困るんからごめんねと毎日言ってるけど、意味も伝わってるけど、
元々が自己中さんだから、寂しい方が勝つみたい。

「長女がインフルエンザになったら、高い熱出して、寝込んでしまって、可哀想じゃない?
仕事も長いこと休まないといけなくなるし。
私だって、インフルエンザになったら、おばあちゃんの看病が出来ないんだよ。
寝込んじゃうから、ご飯作る人いなくなるね。(可哀想じゃない?とは聞きません。苦笑)
だから我慢しようね。もうあと3日もしたら、すごく元気になるんじゃない?
怖い病気も多いけど、おばあちゃんのは、そんなに怖くない病気なんだよ。(実際は死ぬ人もいるけど)
いい薬があって、早く治る病気なんだよ。良かったと考えようよ♪」
素直にうんとは言いませんでしたが、おとなしく寝ちゃったからいいかな。

そんな毎日を送っております。


            
スポンサーサイト