FC2ブログ

2019年01月15日

        

「男だからって、黙ってる気はない。わしはちゃんと注意するよ。」

category - 日記
2019/ 01/ 15
                 
施設の義母さんに面会に行くと、妙にキリッとした顔をしていました。
「はっきり言ってやった」と言います。ん?ケンカ?

入所者の男性が、机をドンドンと音を立ててたたき続けたのだそうです。

耳障りな音を立てる入所者さんというのは、施設あるあるのお話です。
机をたたく、壁をたたく、大きな声を出す。
大きな声もいろいろバージョンがあって、怒るバージョン、謝るバージョン、
家に帰るので迎えの電話をしてくれと繰り返すバージョンを見たことがあります。

呆けていて、こういう形で吐きだしたいものを吐きだしている方なので、
スタッフさんが「やめましょうね」と言って、なくなるものではありません。

その男性に、「うるさいっ!机をたたいちゃいかん!みんなの迷惑だ!」
義母さんは「きっぱりと」その男性に言ったと胸を張っていたのです。
「男だからって、黙ってる気はない。わしはちゃんと注意するよ。」

私は、いつもなら、「それはおばあちゃん、迷惑だったわねぇ。
でも、ああいう人は言ってもわからないみたいだよ。
頭の中で電話が鳴ってるみたいなものらしいよ。怒られると悔しかったり悲しかったりで、
余計にひどくなる人もいるらしいよ」などとなだめるんです。
この時もそうしようかなと思いました。もう習慣化してます。

でも、義母さんの誇らしげな顔を見て、気持ちが変わりました。
「本当にねぇ。男だからって、えばってちゃいけないよね。
男でも女でも、みんながイヤなことをしちゃいけないよね。」
義母さんは、しっかりとうなづいて、「そうだ!」と言いました。

義母さんは昭和一ケタ生まれ、しかも田舎生まれの田舎育ちです。
男は偉いと言われて育ち、男は偉いと従って嫁時代を過ごし、
男は偉いと子供にも言い聞かせて子育てしてきました。

親同居の農家の長男に嫁いだので、かなりの辛酸をなめて生きてきたはずです。
勝ち気で働き者の女性だった義母さんは、若い頃、
男が偉いなんてことはない!って、ずっと言いたかったかもしれません。
きりっとした顔で胸を張っている義母さんは、何だか可愛らしかったです。
スタッフさんからは話を聞いていないので、大したトラブルにはなっていないのでしょう。
大したケンカ?になった場合は、施設からご報告があると思います。

みんなにうるさいと言われながら、机をドンドンたたくなんて、
これは、自分のいらだちを言葉で説明できない幼児のすることです。
入所者のおじいさんは、元々がそういう幼児性の強いお人柄なのか、
そうではなかったのだけれど、子供返りしてそうなったのか、わかりませんが、
心穏やかな人のとる行動ではないので、不満と不安が溢れた結果なのでしょう。
感情のコントロールが出来なければ、行動で出すしかないのでしょう。

100歳が珍しくない時代を生きるのはなかなか大変そうです。
ピンピンコロリに近い、少しだけ寝込んでから逝くというのが私の理想だわ~。
少しだけ寝込むと、死ぬ側の覚悟の時間が出来て、看取る側の心の負担が減ると思う~。



            
スポンサーサイト