FC2ブログ

2018年09月27日

        

人間はパイみたいなもの

category - 日記
2018/ 09/ 27
                 
「ライフ・レッスン」という本の中にある話です。

重い病気で苦しんでいる70代後半の女性が、
心配するお孫さんに言った言葉が好きです。

「あたしには何の不足もないんだよ。
あたしは充実した人生を充分に生きた。
おまえさんの目には満身創痍で、いのちのかけらしか
残っていないように見えるだろうが、あたしはね、
たっぷりの命をもらって生きてきたんだよ。
人間はパイみたいなものさ。
両親に一切れ与え、愛する人に一切れ与え、
子供達に一切れ与え、自分の仕事に一切れ与える。
だから死ぬ時には自分のパイがなくなっている人もいるだろうさ。
自分がどんなパイだったか、思い出せない人だっている。
でも、あたしは自分がどんなパイだったのかがよくわかってる。
これだけは誰もが自力で見つけるものだからね。
あたしは本当の自分の姿を知って、
この世から旅立つことが出来そうだ。」


この男性は、祖母の言葉に衝撃を受け、
全てがわかった気持ちになって言ったそうです。自分が死ぬ時も、
祖母のように、本当の自分の姿を知ってから死にたいって。
そしたらそのおばあちゃん、孫の耳元でささやいたんだって。
「自分がどんなパイなのか見つけるのに、
死ぬ時まで待つ必要はないんだよ。」

生きているって、パイを大事な人に配ることが出来るって言うことなのかもね。
今日も生きていたから、パイを配る機会が、パイを配る時間が、与えられた。
感謝!
そして、生まれてから今まで、たくさんのパイを配ってもらってきたことって、
それはなんて素敵なことなんでしょうね。
感謝!

パイはどんなに配っても、なくならない気がします。
            
スポンサーサイト