FC2ブログ
2018/07/31
2018/07/31

2018年07月31日

        

三重旅行 2日目 その2 伊雑宮

category - 日記
2018/ 07/ 31
                 



このすごい木があるのは、伊雑宮。
「いざわのみや」と読みますが、「いぞうぐう」とも言うそうです。

内宮の別宮ですが、神田を持つ唯一の別宮です。
神田の画像はもう少し後です。

外宮も内宮も結構歩かなければいけませんので、足の痛い夫には無理。
伊雑宮は歩く距離がとても短く、それでいて神聖な空気感がある場所です。



実際に見ると、ちょっと圧倒されますよ。↑



ここから本殿に向かう途中、さあっと日差しが差して、とても神々しいものを感じました。
夫はそう?別に?と言ってたので、私の個人的感覚です。(笑)



本殿です。扉は閉ざされているので写真はOKかな。



伊雑宮の入り口に、近辺の見どころ案内がありまして、倭姫命の旧跡地とありました。
美内すずえさんの「アマテラス」のファンである私は、すぐに行きたくなりました。
夫の足は大丈夫だろうか?
ひとっ走り言ってくるからちょっと来るまで待っててもらおうか?
夫に聞くと、近くなんだから大丈夫と言いましたので、2人でてくてく歩きだしました。
ゆっくり歩いて5分でした。
上の画像は伊雑宮の斜め向かい側にある鰻屋さん。風情のある建物ですよね。



伊雑宮から少し歩くと、倭姫命旧跡地がありました。
倭姫命は、古墳時代以前の皇族。第11代垂仁天皇の第4皇女です。
斎王は、天皇に代わって伊勢神宮に仕えるため、倭姫命の後も、天皇の代替わりごとに
皇族の未婚女性から選ばれて、都から伊勢に派遣されました。

倭姫命は、天照大御神をいただいて、天照大御神の鎮座にふさわしい土地を探して旅をしました。
最期は、伊勢は美しい国なのでここに鎮座しようとの天照大御神のご神託を受けて、
伊勢の内宮である現在地に祠を建てて天照大御神をお祀りしました。



倭姫命が引水されたと言われる千田の御池。
現在は10坪歩かないかという大きさ。



倭姫命の遺跡。天井石と呼ばれる石と、鏡楠の根元が祀られています。

大正末期に、樟脳の原料として楠を切り倒した時、木の下に石室が発見されました。
その石室から鏡や勾玉などが出土し、倭姫命のものではないかとされました。
いろいろ出てきたようですが、官憲に没収されてしまいました。
このへん、ネットで調べるといろいろ凄い説があって面白いのですが、きりがないのでこの辺で。
石室の蓋となっていたのが、この天井石とのことです。




昔はここから清らかな水が湧き出ていて、
参拝の前のみそぎに使われたそうです。
歩いて5分の伊雑宮に戻り、車に乗ってすぐの神田(地名じゃなくて神様の田んぼ)に行きました。



車に戻って神田へ。右に見える森は伊雑宮の森です。
(森部分には参拝者は入れません。)

伊勢神宮には御料の米を作る神田が2つあるそうで、ここがその1つです。
神田も、2000年前に倭姫命がお定めになったと言われています。




内宮には天照大御神、外宮にはその天照大御神と一緒にお食事なさるという豊受大御神をお祀りしています。
お食事は外宮でなさいますので、毎日2回、お食事の用意が成されています。
空襲の日も、伊勢湾台風の日もずっと欠かさずに、
神饌と呼ばれる神様のお食事のお供えが続いています。

伊勢神宮で使われるものは、お米にしろ木材にしろ、特定の定められた場所で育てられ、
儀式と祈りが繰り返されたのちに伊勢神宮で使われます。

神田では多くの品種の米が育てられていますし、田植えの時期もずらして行われるそうです。
天候不順や台風などの被害を最小限にとどめるためです。

稲に詳しくないので、見てもわかりませんけど。



その年に収穫された新米は、神嘗祭で大御神に奉られます。

今日の内容はマニアック過ぎましたか?(笑)
その3に続きます。

            
スポンサーサイト



            
                                  
        

三重旅行 2日目 その1 石神さん

category - 日記
2018/ 07/ 31
                 
夫の太もも前側の痛みが心配でしたので、2日目は早く帰って、
病院で受診した方がいいと思っていました。
夫もその案に乗り掛かっていたのですが、一晩寝たら少し改善していました。

朝起きたら、明日からの仕事に備えて、ちょっと歩いた方がいいなと言いだしました。
病院に行っても、レントゲン撮って、異常ないのでMRIの予約を取ってくださいと言われて、
湿布と痛み止めをもらうだけだろうから、あんまり意味なさそうと言います。

数日で収まるのかもしれない、様子を見たほうがいいと思う、
たくさん歩かないでいい旅行プラン作ってと、朝になって言われました。


 
               部屋の窓から外を撮影しました。
               台風一過で快晴、台風の影響の風も吹いて、暑すぎない感じでした。


妻としては、病院に行ってくれた方が安心ですけど、夫にしたら、
気分転換に旅行に来たので、少しは観光もして、それがリハビリになれば一番いいのでしょう。
旅行前は二見浦、外宮、倭姫宮、神宮徴古館、内宮、朝熊金剛證寺と周るつもりでした。
これ、倭姫宮、神宮徴古館を除いて、テッパンの順番なんですよ。

倭姫宮、神宮徴古館には行ったことがなくて楽しみにしていましたが、
地図を見る限り、倭姫宮は結構歩きそうです。神宮徴古館以外は、徒歩時間でNG.

初日に行こうと思っていた、ホテルから近い、石神さんに行こう!
その後は内宮の別宮である伊雑宮に行こう。
以前私は行ったことがあり、少ししか歩かないでよかったはず、と記憶を手繰りました。



朝のバイキング。あおさパンが有名なので、画像にはないけれどいただきました。
口コミで、混むと待たされるとあったので、旅行プランを考えつつ遅めに行きましたが、
やはり台風のキャンセルが多かったのでしょう、席はとても空いていました。





チェックアウトして、パールロードを相差方面に進みます。
途中の見晴らしのいい場所で休憩して眺めた景色です。
ああいう入江、いいねぇと言いながら、ズームで撮りました。



石神さんというのは、近年人気急上昇の、女性の願いを一つだけ叶えてくれる神様です。
相差海女文化資料館の駐車場に止めて徒歩で行きます。
少し驚いたのが、駐車場には係員さんがいて、でも、無料なんですよ。
暑い中、お疲れ様です、と夫が挨拶すると、笑顔でお辞儀してくださいました。
相差海女文化資料館も小さいけど無料。この方ってボランティアさん??

この松は昇竜の松と呼ばれる立派な黒松で、相差海女文化資料館の横にあります。



神明神社の入り口の鳥居です。
本殿は一番奥に、その前に稲荷神社と石神さんが。
駐車場からここに着くまでの沿道には、カフェやお土産店、宿がありました。
この相差地区、宿がいっぱいあるのには驚きました。
海鮮と温泉目的?伊勢神宮観光も兼ねてかな?



稲荷神社の入り口は2か所あり、それぞれ赤い鳥居がありました。



石神さんを写し損ねました~。
お祈りごとを書く紙があって、一つだけ書いて記名して祈ります。
写真を忘れても、きちんと祈ってきましたよ。



本殿は左側。工事中のコーンが左側にありますが、ご神木に向かう通路を建設中の様子でした。



奥には神木の一部が祀られていました。




相差海女文化資料館で夫は少し休憩。
小さいですが、中に椅子はあるし、エアコンはきいているし、トイレもあって、入館無料です。
上の画像は海女さんがアワビをとっている模型です。



素早く海底に着くために、海女さんたちはこの石の重りを使ったそうです。



アワビを取る感触を味わうための模型が置いてありました。
強力磁石でくっついていますが、道具を差し入れててこの原理でアワビを岩から外す模型です。




海女さんたちの昔の写真もありました。



漁が終わって、海女小屋で談笑しているのでしょうか。
いい写真です。



このあたりの観光地図を見て、遊歩道に行ってみました。
この先に相差の海女小屋があるという看板がありましたが、
海女さんが通路をお掃除中でした。
お昼時だったので、きっと予約客のためにお掃除しているんだねと夫と話して、
話しかけて邪魔しない方がいいねとここを去りました。




波は少し荒いけれど、見晴らしのいい遊歩道で、波音と海の香りがよかったです。
帰り道、白人の男性ガイドさんと案内されているカップルの3人とすれ違いました。
遊歩道入り口に置いてあった、海女さんが海に潜る時に使う石の説明をしていて、
カップルの女性が石の写真を撮っていました。
この後、海女小屋で、海女さんの話を聞きながらお食事するのでしょう。
きっといい記念になりますよね。

その2に続きます。