FC2ブログ
2018/07/30
2018/07/30
2018/07/30

2018年07月30日

        

三重旅行1日目 タラサ志摩 その2

category - 日記
2018/ 07/ 30
                 

夕食は和食にしました。
お子さん連れの方は洋食かなと思って、静かに頂こうと思いました。
行ってびっくり。7時からの予約で、貸し切り状態でした。
夏休みは混むと口コミを読んでいて、覚悟していましたが、
台風でキャンセルが多かったのかもしれません。


















眺めのいいお席で、静かにお食事出来ましたけど、
貸し切り状態と知ってしまうと、少し落ち着かないですね。



奈良美智さんの絵におやすみなさい~と心で話しかけ、部屋に戻りました。



            
スポンサーサイト



            
                                  
        

三重旅行1日目 タラサ志摩 その1

category - 日記
2018/ 07/ 30
                 




義母さんを施設に送り届けて高速に乗り、鳥羽でランチしました。
旅行1日目のこの日は、夫の不調で観光なしでしたので、ホテルを旅行タイトルにしました。

漁協さんがやっている「魚々味」(ととみ)というお店で「鳥羽の海女どんぶり」を注文。



アワビが2つついてて、一つはお造り、もう一つは焼いたもの。
シェアして美味しく頂きました。
夏の三重のごちそうは何といってもアワビかな♪
ホテルでアワビを食べるととんでもなくお高いので、こういう食堂で食べるのが好き。(←ケチなの)
ただ、漁協さん、お刺身はみんな素晴らしかったのですが、コメが・・・。
日本人にとってお米の質は大事なので、出来たらいいお米をお願いします。



食事を終えて、ホテルに向かう途中で少し休憩してこんな景色を堪能。



台風の翌日で波は荒いのですけど、画像ではわかりませんね。



画像は、草間彌生さんのカボチャのオブジェとその奥のタラソプールです。

ホテルにチェックインして、夫はソファに腰かけました。
私たち夫婦は腰椎椎間板ヘルニアなので、時々腰が痛くなりますが、
今回夫は腰から右太もも前面に痛みが走り、腰の痛みは消えたものの、
右太もも前面は歩くと痛い状態でした。
出発直前にそんな風になるなんて、可哀想ですが、どうしようもありません。

このホテルを選んだのは、タラソプールがあるからでした。
夫も私も、地元の県の蒲郡市にあるタラソプールが好きなのです。
海水に浸かるって、身体にいい気がしてるし。
日頃運動不足の夫にいいと思って、温泉をあきらめてタラソプールを選んだのです。
しかしプールまで歩いていくのが痛いということで、夫はタラソプールに入りませんでした。

一人で遊んできて、と夫に放牧されたので、まずプールに行きました。
そしてこのタラソプール、プールからの景色が絶景で素敵ですが、
蒲郡のに比べたらとても小さくて、親子連れさんが遊んでいる邪魔もしたくないし、
少し泳いだだけで、出てきちゃいました。
いったん部屋に戻って、夫とおしゃべりして、今度はお散歩に出ました。



プールの入り口にはラッセンの絵が。
このホテルにはラッセンルームもあるんですって。



台風の影響で波が荒く、この日は遊泳禁止。
ビーチセットが海に通じる小道に片づけられていました。



波の音が心地よくて、しばらくここで休憩していました。



移動するとこんなビーチが。






ニキドサンファルの作品が、館内に!

このホテル、口コミを読むと賛否両論で、行ってみると、なるほどと思います。
私は読んだ口コミには、廊下の古いカーペットにシミが!とありましたが、
廊下も部屋もカーペットは新しく、口コミを読んでリノベしたんだと思いました。
お部屋も家具は古くても内装は新しくとてもきれいでした。

でもこのホテル、何度も経営者が変わっています。
今度は大江戸温泉物語が買収したらしいです。
今はアールビバンの子会社の経営です。
以前は星野リゾートが経営していたこともありました。
経営が大変みたい。

バブルの頃に、大きなリゾートホテルがたくさん建ちました。
ここも、鳥羽の市街地まで車で25分という辺鄙な場所に建っていますが、
かなり大きいホテルです。維持費がかかります。
加えて小さめといえどもタラソプールがあります。これも維持費がかかります。
タラソテラピーは16200円からとなかなか高額です。
優秀なセラピストのお給料も高いだろうなぁ。優秀でないと、固定客はつかないだろうなぁ。

この周辺、高級ホテルが増えたんです。
有名な高級宿の、御宿The Eirthも近いんですよ。

私はこのホテル、気に入りましたし、努力も感じましたけど、
プールの入り口近くにはホテルの人がいますけどプール内にはいないなど、
ちょっと残念なポイントもありました。
仕方ないとは思いましたけど。
人件費を減らすしかないですもんね。










ホテルの敷地を散歩しました。
この海がサンゴ礁で、熱帯魚がいっぱいいたらいいのに。(←無理難題)



ホテルの入口への道を通路から撮った画像。
ほとんど森です。






部屋から夕焼けを見て、夕食に行きました。
夕食はその2で。


                         
                                  
        

三重の一泊旅行

category - 日記
2018/ 07/ 30
                 



帰りの高速を走っています。
画像はホテルの部屋から見えた海。
楽しかったです。

義母さんを送り届けてそのまま旅行にというプランは、
私たちの年代にはきついから、
今後はやめようと意見が一致しました。(笑)

初日の朝、夫の腰から太ももに痛みが走り、
腰の痛みは消えたものの、太ももの前側が痛くて、
キャンセルしようかと言いましたが、
車の運転は 問題ないから行くとのことで出掛けました。
お昼の食事処からホテルに直行しました。

歩くと痛いから部屋で夕食まで座ってる。
一人で遊んでおいで〰️と夫に放牧されました。(爆)

翌日は少しよくなったので、仕事のリハビリ程度に歩きたい
そういう旅行プラン立ててと言われて、
そこそこ歩き回って遊んで、早めに帰って来ました。

また旅行記も書きたいと思っています。
もうすぐ家に着きます。
無事に帰って来られて感謝。