FC2ブログ

2018年07月29日

        

今朝の愚痴気分は消えました

category - 日記
2018/ 07/ 29
                 
今朝のブログは、自分でも、書いていて
アホなことをと思ったのですが、
その時の正直な気持ちを書いたのが3時間前。
書くとおちつきますよね。何故かしら。

3時間前を振り返って、アホな自分ではあったけど、
アホなことをぼやく自分は存在するのだから
そんな自分をいないことにはしたくないと思いました。

そんな自分はいないほうが立派だけど、
私はそんな理想的な嫁にならなくてもいいと
開きなおっております。

義母さんは機嫌よく施設に帰り した。
今は夫の運転で三重に向かっています。
夫が今朝、腰を痛めたのが心配ですが、
運転中は痛くないそうです。
どうなることやら。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

被害者意識はもういらないんだけど、依頼心があるから、なかなか消えない。

category - 日記
2018/ 07/ 29
                 
義母さんはまだぐっすり眠っています。
昨夜は台風が近づいていたためか、頭痛がして、就寝が遅かったのです。

午前中は、耳鼻科に行きました。
6月に、耳垢が溜まりすぎているのがわかり、薬で溶かして、
何とか耳垢は取っていただきましたが、耳の内側の皮膚が荒れていました。
まだ完治ではないものの、6月の様子よりはずいぶん改善が見られたそうです。
いつもは私が一人で連れて行きますが、夫がいるので、送迎してもらいました。

夫は「妻の仕事を手伝っている」気持ちなのですが、そのへんは、妻としては、
本当は親の介護って、子供が心を込めてするもんだよ・・・と思ってます。
義母さんの実子3人にはそんな気持ちがないので、それを言っても仕方ないなと
こういう発言をたまにはするけれど、ガツンとはもう言わないというのは、
私の選択なので、自業自得なんですけどね、人間が出来ていないので時々イラッとします。(苦笑)
義母さんが大好きだったらイラッとしないんだろうな、などと、頭の片隅で思います。

別に診察に連れて行くのがイヤだってわけじゃない、
介護は私の仕事よね~と実子3人に丸投げされてる感がちょっと気に障るだけなんですけどね。
夫は手伝ってと言えば手伝ってくれるし、病院送迎などは家にいれば当然のようにやっているので、
それでいいと思っているのですが、私、それにはたまに不平を言います。
親は子供とたまにはしゃべりたいんだから、親が和むような話をしたら?5分でいいから、などなど。

診察が終わると、お昼近く。
お昼は家族5人でお寿司を食べました。
義母さんは、家族みんなでご飯を食べてた頃が懐かしいので、
帰宅に、1~2回は、みんなでご飯タイムを作っています。

夫は食べ終わると、誰より先に、部屋に引き上げていきます。
義母さんの食事時間は、普通の人より長くかかるのですが、
食べ終わって、薬を飲み終わるくらいまでは、同室してなさいよというような、
非難の気持ちが湧きますが、私が非難することじゃないという気持ちも湧きます。
正義の味方みたいねぇ、koalaさんって偉そうねぇ、と自分に突っ込みます。

私は義母さんの食事の間、優しい嫁の顔で、義母さんの気持ちをほぐす努力をしていますが、
別に夫がそうしろって強要してるわけではありません。
義母さんが楽しく美味しく、喉に詰まらせることもなく食事できて、
今月も家族でご飯が食べられてよかったなぁと思えるようにすることが、
強要されてではなくて、自分でそうしたくてやっているだけです。
私の気持ちがもやっとするなら、それは自己責任です。

義母さんが見捨てられた高齢者みたいになるのは、私がイヤなんです。
だから私は自分の意思でこうしてるんですけど、
こっちに迷惑かけないでねと言い放った義姉たちにはもちろん、
手伝ってる感を出している夫にも、不満があるんですよね。
あなたたちが少しは協力してくれたら、私はもう少し楽なのにという、
これは依頼心というものなのでしょうね。
自分の依頼心が、自分をもやっとさせてる図。アホだなぁ。

金曜の夜、私は義母さんが車椅子から横になりたいって言ったので、
夫にやってもらおうと、夫を呼んできました。
私にもできますが、私がすると少し時間がかかり、義母さんは夫にやってもらいたがります。
夫は義母さんをお姫様抱っこして寝かせてくれるのです。

私は夫に、寝かせる前にトイレに行かせようと言いました。
そしたら夫は義母さんに「トイレに行きたいか?」と聞きました。
義母さんには自分の尿感覚がよくわからないところがあります。
長いことトイレに行っていないと思ったら、連れて行った方がいい、
「トイレに行こうね」と言ってほしいと何度も夫に言ってきたのに忘れてる。
「したくない。行かない」と言って寝かせた後では、変更は難しい。

ギリギリでトイレと言われると、間に合わなくて、私が手で受けることがあるんです。
いったん、ベッドに寝かせると、車椅子に戻して、トイレに連れて行って、立たせて、
ズボンと紙パンツをおろして、トイレに座らせるという順序が必要で、時間がかかります。
結局寝かせて10分もしないうちに、トイレに行きたいと義母さんが言い、
トイレで義母さんを立たせて、私が紙パンツとズボンを脱がせている最中に、
義母さんのおしっこが出てしまい、私の手とズボンを濡らしました。

トイレの床を拭くのは夫ですが、出たばかりの温かい尿が手にかかるのは私です。
尿で汚れたズボンを洗うのも私です。
これを避けたいという気持ちが違うよね。だから覚えてくれない。
大したことではないのですが、防げることなのにともやっとします。

大したことじゃないのにと思うことでもやっとしている時点で、アホだなぁと思います。
でも、だからこそ私は、そういうアホな私を、アホだと馬鹿にしないで、
「けっこう頑張ってるよね~。それでいいんだよ~。」と甘やかして人参をぶら下げてるわけで。

夫がトイレに行きたいかと義母さんに声をかけたって、
いいえ、トイレに行きましょうと主張すればよかったんじゃないの?
夫が守ってくれないなんて今に始まったことじゃあるまいし、
小さなことでも、自分で自分を守れたんじゃないの?
それをしないで被害者みたいに愚痴言って、それはかなりアホですよね。

私は被害者意識の強い義母さんがずっと嫌でした、
しかし今、自分を振り返ると、被害者意識がどっぷりじゃないの。
こっから抜け出したい。被害者意識はもういらない。
いらないんだけど、依頼心があるから、なかなか消えない。
夫は悪い夫ではないです。
台風が来るので、たくさんの雨戸を閉めて、今朝は開けてくれました。
私は手伝いもせずブログを書いてましたので、
夫は夫で被害者意識があるのかも。不満はあるでしょうね。
似たもの夫婦ってことなのかも。割れ鍋に綴じ蓋的な?(爆)

時々義母さんを見に行きながらブログを書きました。
もうそろそろ起こさないとね。
朝ご飯と目薬と飲み薬、着替えを済ませて、10時に施設に再入所です。
今回も、まだ断言はできないけれど、つつがなく一時帰宅が出来てよかったです。
次の一時帰宅は、ほぼ2週間後にあたるお盆になります。
2週間はきついんですけど、お盆は帰りたいよね。
でもそういう意識もだんだん義母さんから消えてる感じがします。

義母さんを施設に送り届けたら、夫婦で三重県へ1泊で出かけます。
台風の影響はまだ残っていそうですが、それなりにのんびりしてきます。