FC2ブログ

2018年07月16日

        

神様じゃないんですから「もし、あの時・・・」は傲慢な言葉

category - 日記
2018/ 07/ 16
                 
今まで実母さんの介護の話と思って読んでいたブログが、
義母さんの介護の話だと判明。
私と同じ介護嫁さんだったのね・・・と感慨深いものがありました。

この方の義母さんは、「胃ろう」をつけておいでです。
「胃ろう」をつけるかやめるかという話合いで、実子さんたちが「つける」選択をしました。
有料老人ホームで暮らし、現在は入院中ですが、自宅介護ではないといえ、
家族にはいろいろ苦労がつきものです。
胃ろうは思いのほか、感染症を起こすことが多いそうですし、
胃ろうをつけた入所者さんはNGという施設も多いそうです。

この間、家族での話し合いの際に、「こんなことなら胃ろうにしなければよかった」と
ある肉親が言ったことで、胃ろうに伴った苦労の愚痴になりました。
このお嫁さんが、当時、自分が消極的な反対意見を言ったことを口にすると、
どうしてもっと強く反対してくれなかったのかと不満を示されたそうです。

嫁という立場で、強い反対意見など、言えないですよね。
胃ろうするかどうか選択を迫られるということは、
本人が口からの食事では、生きていくだけの栄養を摂取するのが困難なはず。
「嫁が強く反対したので、胃ろうはしませんでした。すぐに弱って亡くなりました。」
これが十分あり得る状況で、強く反対できるお嫁さんってどんな人?

実子さんたちにしても、本気でお嫁さん強く反対してくれなかったせいで・・・と
思っているわけではなく、八つ当たりのようなものなのかもしれません。
相手も辛くて弱音を吐いているわけで、被害者みたいに言わないでください、
自分の選択でしょう?とは言えません。
仕方ないわねとスルーするしかありませんが、そう言われたら辛いと思います。

そもそも、胃ろうするのとしないのと、どちらがいい結果につながるかなど、
神様じゃないんですから、わかるはずもありません。

ブログ主さんはブログの冒頭で、「もし、あの時・・・」の話は避けるべきだと書いていらっしゃいますが、
本当にその通りで、いい大人が口にすることではないと思いました。
まあ、私がそう思ったって、言う人は言うのですから仕方ないですが。

私たち人間は、今の行動が未来にどういう形になって現れるのか知ることが出来ません。
それを考えたら、「もし、あの時・・・」は傲慢な言葉だと思います。

でも私の思考回路にも、こういうの、あるんですよね。
あの時こうしていれば!って思ったこと、何度もあります。
もしそういう思考が浮かんだら、自分に静かに「それは傲慢ですよ」と言い聞かせようかな。
とりあえず、その時に出来る最善をしていくしかないです。

人生100年も珍しくない時代になって、介護の道は果てしなく長く感じます。
介護施設も介護保険もあってありがたいですけど、
それがなければ、乗り越えられない坂じゃないか?と思います。
            
スポンサーサイト