FC2ブログ
2018/05/26
2018/05/26
2018/05/26

2018年05月26日

        

友人と蒲郡 その3

category - 日記
2018/ 05/ 26
                 
まずは昼間に見たバラ園に行きます。
この素敵な橋がまるで貸し切りのような状態で歩けます。




時々人が通るのですけど、こんな人気のない画像が撮れる程度。
以前、冬のイルミネーションを土曜に見に来た時には人がいっぱいでしたが。




後ろにあるのは「変なホテル」という名前のホテルです。
世界初の、ロボットが働くホテルとしてギネス認定を受けています。
恐竜が「いらっしゃいませ」と言ってくれるらしいです。
ホテルの窓からはこの景色が見えるはず。




バラ園の中にあった、秘密の花園のような場所。
昼間見た時も素敵でしたが、夜はまた別の雰囲気で素敵でした。



まだ満月にはなっていないのですが、画像だと満月に見えますね。




ベゴニアのアーチからも、月を撮ってみました。



青い池がライトアップされているのに、お子さんが近づいて、
お母さんが「そこは水だから行っちゃダメ!」と止めている場面に遭遇。
青く光るきれいな丸い球、確かに触りたくなりますよね。
お子さんを2人連れたお母様、お子さんが池に落ちたら大騒ぎになっちゃう。



ベゴニアのアートを通リながら見える景色はこんな感じ。



日中はとても暑い日でしたが、日が落ちたら軽い上着が必要な気温になりました。
迷いましたが、上着を持参して良かったです。




お月様が気になってつい撮影。



橋から見ていたこの木の近くにも歩いて行ってきました。



どうも月が気になって。
お月様をじっと見上げることも、最近減っていたかもしれません。



最期は入り口近くのプロジェクションマッピングを見て帰りました。



空いているからと思い、開始時間3分前に来たら、
座れるところは埋まっていました。
私たちは2階に上がって立ち見しました。

楽しかった~と言いながら帰途に就きました。
お花もライトアップも綺麗で、食事も美味しくて、裸足で砂浜を歩いてと、
いろいろあったけれど、海辺で見かけたお子さんが、
気にアサリ取りしてるだけでよかったねと
それが一番心に残ったかも。

何気なく近づきながら、いじめられてても知らない人に打ち明けるはずないから、
私たちに見抜けるんだろうかと、不安があったので。

やっぱり海辺は素敵だね、また来ようねと友人と言い合った素敵な1日でした。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

友人と蒲郡 その2

category - 日記
2018/ 05/ 26
                 
義母さんの耳鼻科の予約は当日予約のみで朝8時から。
なかなか電話が繋がらず、繋がった時にはもう40番になっていました。
診察時間は昼過ぎかも。
9時にお迎えに行くと言ったのを、施設に電話して変更していただきました。

では旅行記の続きを忘れないうちに書いてしまうことにします。

************************************

ラグーナテンボスではバラまつりがギリギリ開催中でした。
日曜日まで開催で、この日は金曜日。

暑い日が続きましたから、バラには期待できないだろうと思って行きましたが、
思ったよりも咲いていて、バラの香りが心地よかったです。



左右のバラを眺めながら、ガラス張りの通路を歩きます。



通路の下にはマリーゴールドがあり、夜はライトアップされていました。



青く染めた池の右側には、画像には写っていませんが、水の流れる階段があり、
水音が聞こえていて爽やかでした。聴覚の効果って大きいですね。



水の階段の右には、ベゴニアの通路があってロマンチック。
通るのがおばちゃん2人組でごめんよ~。




ここも空いていましたが、平日ってこんなものなんだろうか。



こちらの通路を行くと、秘密の花園ような空間がありました。



中央の池に花が映るように設計されています。



アップにしてみました。
小さなバラとベゴニア。



一度外に出て、お散歩してみました。
海に出られることが判明したので行ってみることに。
これはワンピースファンの大好きなサニー号で、ちゃんと湾内をクルージングしてくれます。




海辺まで歩いていきました。
波の音が心地よく、おばちゃん2人は童心に帰って裸足で砂浜を歩くことにしました。
なかなか砂浜を裸足で歩く機会がありません。
とても気持ちよかったですよ。



美女2人(大嘘)の影です。
さて私はどっちでしょう。
(そんなもん、どっちでもいいという声が聞こえますが)

ここで1時間ほど過ごした私たちですが、ある出来事が。
3段ほどのコンクリートの階段に座って、海を眺めながらおしゃべりしていた時に、
犬のお散歩の主婦の方に声を掛けられたのです。
「あそこの子供さんたち、海に入って立ってますよね?ヘンだと思いません?
何かご存知ですか?」と聞かれました。

少し離れたところに、子供か大人かわからないくらいの体格の2人が、
海に足を浸けて立っています。そう言えば突っ立っているだけで不自然?
あそこに人がいるな、というくらいの認識だったので、
「いえ、何も知りませんが」とお答えしました。

朝も立っていたそうで、その前の日には何人も子供がいて、
ふざけているようにも、いじめられているようにも見えたことがあったそうですので、
もしかして、海の中にずっと立っていろと命令されたとしたら?と心配になったそう。
警察に言おうかとご家族に言ったら、数回見ただけで大げさじゃないかと止められたとか。

お話しを聞いて、びっくりして、「そうなんですか」と答えると、
主婦の方は会釈して行ってしまいました。

友人と顔を見合わせて、何気なく歩いて行って声を掛けようということにしました。
「海は冷たくない?何してるの?」と何気なく声をかけて、
表情と答えで判断しようと思ったんです。
歩きながら、「あの主婦の方に、一緒に行きましょうか?と声を掛ければよかったね」と
後から気が付いて2人で少し後悔しました。

声をかけてみたら、その子は明るい表情で、「足でアサリを取ってるんです!」と言いました。
手にビニール袋を持っていて、足でアサリを探って、つかまえたら袋に入れるとのこと。
「アサリが取れるんだね」「はい!」
うん、いじめではなさそう。ほっとしました。

あの主婦の方にも教えてあげたかったけれど、もうどこに行ったかわかりません。

さて、ラグーナのフェスティバルマーケットという場所に帰って、早めの夕食にしました。



夕方6時半くらいです。
他にもパスタ屋さんやステーキハウスなどのレストランがあります。



私たちはお刺身定食の上とメヒカリのから揚げを注文しました。
メヒカリは名前の通り、目が光っている深海魚で、唐揚げにすると美味しいんです。
一皿はいらないので、2人でシェアしました。
お刺身は新鮮でおいしく頂きました。

やや薄暗くなってきて、ライトアップを見るにはいい時間になりました。

                         
                                  
        

友人と蒲郡 その1

category - 日記
2018/ 05/ 26
                 
ランチは「中神」というお店に予約が入れてありました。
予約して正解!この日のランチは予約でいっぱいで、
普通に来店したお客さんが、申し訳ないとお断りされていました。
半個室で、坪庭が見える場所に案内されて、ゆっくり食事を楽しみました。



この他にも1品、鉢物が来ましたが、しんじょうと揚げ野菜の入ったトマト味の変わった煮もので、
目先が変わってなかなか良かったです。
身体によい食材で味付けも優しくて美味しかったです。盛り付けもきれいでした。



この日一緒に出掛けて友人とは、以前頻繁に出かけていたのですが、
お互いいろいろ忙しいことが増えて、この日は久々のお出掛けでした。
次の予約の方は1時からなので、ゆっくり食べておしゃべりして、ちょうどいい感じでお店を出ました。




次の予定は日帰り入浴。
蒲郡市にはいくつも温泉郷があり、ランチのお店の周辺のホテルの日帰り入浴は、
以前、この友人と制覇していました(笑)ので、隣の温泉郷へ移動しました。
「和のリゾートはず」というホテルの「営業部鳥」のコノハヅクで、
お名前は上がコハクちゃん、下がアズキちゃん。




おねむの顔がまた可愛いです。
こちらはあずきちゃん。



さて、ホテルの露天風呂はこんな感じで、見晴らしが素晴らしいですが、
見えちゃいそうなのと、日差しが強すぎて、パスかな~。
写しちゃっていいの?と思いますよね。
私と友人の貸し切り状態でした。
ちなみにお風呂の写真は、入浴前に服を着て撮影しました。



お天気はとてもよくて、最高気温予想は31度。
こんな景色が見えて、素敵ではありますが、日陰に避難しました。



こちらは半露天風呂で、風が吹き抜けて涼しくていい感じです。




この上にラウンジがあり、冷たい3種類のお茶が無料で飲めます。
宿泊客の方はコーヒーも無料、アイスやビール等も有料提供で置いてあります。
お風呂上りには冷たいお茶が一番ありがたくて、海を眺めながらいただきました。
ただ、この場所の方がエアコンのききがよくて涼しいので、ここでもすこしまったりと休みました。

このあたりのホテル・旅館は西浦温泉郷のエリアになりますが、
みんな古くからある建物ばかりです。
海を望む高台にある、大来なホテルが多いのですが、今は賑わっていません。
ここも、かつては高級ホテルだったのだろうという作りですし、
一生懸命リフォームなどしていて企業努力を感じました。

この後、ラグーナテンボスに向かいました。
今日は義母さんの右耳の処置の日なので、少々忙しくここまでのアップです。
お読みいただいてありがとうございました。