FC2ブログ

2018年05月15日

        

高齢者の耳垢に注意 「あの時こうしていれば」というセリフは何の役にもたちません

category - 日記
2018/ 05/ 15
                 
義母さんの施設に会いに行ったら、スタッフさんがおっしゃいました。
「耳垢が溜まってすごいことになっているので、耳鼻科に行かれた方がいいと思います。」
「もう耳垢はカチカチになっていて、普通に取ろうとしても無理だと思います。」

え?!耳の中なんて、見てなかった。
前にいた施設では、耳掃除もしてくださっていたので、ここもそうだと思い込んでおりました。
しかし、この施設に入ったのは、2016年の8月です。
それから一度も耳掃除なしだったということ?

おばあちゃん、耳の聞こえが悪くなったなって感じたとしても、
年で耳が遠くなったとしか思わなかったんだよね、きっと。
そもそもそう感じてたかどうかもわからないんですが。
不覚でした~、全然耳は気にしていなかったです。
義母さん自身も、耳が痒いなどの症状があれば、私たちに言っただろうし、
それより早くスタッフさんに言っただろうと考えると、痒くはなかったのでしょう。

皆さま、高齢者のご家族の耳チェック、たまになさってくださいね。
するのが当然と思っていらっしゃる方はいいですが、見落としちゃうと大変ですよ。

耳の中を見もしなかった私たちが悪いけれど、施設の方も、
もっと早く教えてくれてもいいんじゃない?
耳掃除はご家族でお願いしますと言われていたら有難かったけど。
それとも今まで耳チェック皆無だったのかもと思うと、少し不信感が出ます。

耳の中を覗いてみて、ぞっとしました。
オリーブオイルでふやかして、ピンセットで取る?
ネットで調べたらお医者様では生理食塩水でふやかして取ってくれるみたい。
とりあえず耳鼻科の予約を取って、やっていただいた方が安心。

幸い、自宅近くの耳鼻科に電話して聞いてみたら、車椅子で入れるとのこと。
予約は当日の朝、電話の音声案内でとることができるそうなので、
今週末、帰ってきたときの土曜日に予約して、耳垢を取っていただくことにしました。

私たちがたまたまうっかり者過ぎるのかもしれませんが、
施設を変わる際、案外、耳掃除の有無って、盲点かも?と思いました。
義母さんの前の施設も、伯母の有料老人ホームも、耳チェックしてくれていたので、
今まで気にしたことがなかったのです。
耳垢栓塞といって、耳垢が大量に詰まって耳の穴を小さくしたり塞いでしまう症状があるそうで、
聞こえにくくなるほか、耳鳴りやのどや胃の不快感、吐き気を起こす人もいるらしいです。
義母さんは耳垢栓塞にあたると思われます。

健康な人で、幼児や高齢者でない場合で、乾性耳垢の人は、
耳掃除はほとんど必要がないそうで、やり過ぎの害の方が大きいらしいのですが、
義母さんのように、乾性耳垢でも高齢者は、2~3か月に1度の耳掃除が必要と、
ネット情報で知りましたが・・・1年9か月、いや、その前に1か月入院してますから、
少なくとも1年10ヵ月、耳掃除無しで来ちゃいました。

そのせいで聴力が落ちたかもと思うと、可哀想です。
でも、何事でもそうですが、「あの時こうしていれば」というセリフは何の役にもたちません。
その時の自分にはそういう気付きがなかったのだからどうしようもなかったのです。

とりあえず、現在の義母さんは難聴というほど、耳の聞こえは悪くありません。
それはとても大きな救いで、ありがたいと思います。


            
スポンサーサイト