FC2ブログ
2018/05/18
2018/05/02
2018/05/02
2018/05/01

2018年05月

        

久し振りに干物を食べたらとても美味しかった

category - 日記
2018/ 05/ 18
                 
最近、ネット落ちしつつあるかも。
この画像は、一昨日のものです。

仕事が休みで、用事を済ませ、お昼時になりました。
さあ、何を食べようかと考えて、用事のあった場所から近いので、
とても久しぶりに、大府市のげんきの郷に行きました。
ここの屋外にある「魚太郎」の海鮮丼を食べようと思ったのです。

しかし、私がメニューを見て、オーダーしたのは、
最近ずっと食べていない「干物」の定食でした。




この野菜のなさと言ったらすごいよね。絶対に自分では作らない献立。
でも野菜のおかずなど添えていたら、単価が高くなるし、提供が遅くなるし、
洗いものも増えて大変ですから、そういうのはパス!っていうのもわかります。
野菜は干物に添えられている大根おろしと、お味噌汁の中のねぎだけ!
海鮮丼も野菜なし度は一緒です。でも野菜は家で食べれば問題無し。

夫がすぐに収まったものの、痛風発作を起こし、尿酸値の高いものは食べないようにしています。
干物やちりめんじゃこ、たらこに明太子など、好きなんですが、避けています。
今はそういう食事にしてから、多分2ヵ月くらい経っていますが、
「干物定食 脂のってます」の言葉に、海鮮より干物に心惹かれました。

とろさばの干物は、とても脂がのっていて、美味しかったです。
夫も食べたいと思っているかもしれませんけど、献立を考える時にそこから除外するというステップはなく、
これなら大丈夫という食事が目の前に出てくるだけなので、そうストレスはないのでは?と
勝手に考えていますけど、これ食べたら、うまいなぁ!と言うだろうなと思いました。

可哀想?う~ん、でも今までの不摂生がたたってしまうのが成人病。
夫の場合は、プリン体の過剰摂取というよりは、食べ過ぎと運動不足が原因と思われます。

今年の2月から、同じ会社内ですが、配属が変わり、職場環境が激変した夫。
好きで変わったので、全く後悔はないのですが、慣れるまでは大変でしたし、
慣れてきたので、責任ある仕事がどんどん増え、かなり忙しくなっています。
余暇に運動という余裕がまだ持てそうにありません。
むしろ、余暇にはなるべく休養を取って、リラックスさせてあげたいです。



このお店は、別に定食をこの場で食べなくても、焼いた干物も、焼いていない干物も売っています。
他の海鮮もたくさん売っていまして、新鮮で安いので、賑わっていました。

外に置かれているガーデンテーブルで定食を食べますが、
ここ、いいですか~?とお座りになったおじ様は、海鮮丼とビールでした。
「ここはいい風が吹き抜けるねぇ!」と言いながら、美味しそうにビールを飲んでいました。
近くの病院に時々通っているので、帰りにここに寄るのが楽しみなのだとか。
「そうなんですか~。今日は暑いからビールが美味しいですよね」と答えると、
「ああ、最高だねぇ」と嬉しそうでした。
私は車だからビールはご法度でしたぁ。(笑)

夏日でしたが、日陰で風が吹き抜けると、とてもいい気持ちの1日でした。
まだ5月なのに、ここ数日、真夏のような暑さですよね。

こちらは田植えの時期で、我が家の前のお家の庭先の畑では苗床が育っています。
この苗が田んぼに定植されるまでは、念のため、猫たちは外に出しません。
ナナちゃん、相当ストレスたまってます。
もう数日の我慢だよ、ナナちゃん&こゆきちゃん。

                         
                                  
        

高齢者の耳垢に注意 「あの時こうしていれば」というセリフは何の役にもたちません

category - 日記
2018/ 05/ 15
                 
義母さんの施設に会いに行ったら、スタッフさんがおっしゃいました。
「耳垢が溜まってすごいことになっているので、耳鼻科に行かれた方がいいと思います。」
「もう耳垢はカチカチになっていて、普通に取ろうとしても無理だと思います。」

え?!耳の中なんて、見てなかった。
前にいた施設では、耳掃除もしてくださっていたので、ここもそうだと思い込んでおりました。
しかし、この施設に入ったのは、2016年の8月です。
それから一度も耳掃除なしだったということ?

おばあちゃん、耳の聞こえが悪くなったなって感じたとしても、
年で耳が遠くなったとしか思わなかったんだよね、きっと。
そもそもそう感じてたかどうかもわからないんですが。
不覚でした~、全然耳は気にしていなかったです。
義母さん自身も、耳が痒いなどの症状があれば、私たちに言っただろうし、
それより早くスタッフさんに言っただろうと考えると、痒くはなかったのでしょう。

皆さま、高齢者のご家族の耳チェック、たまになさってくださいね。
するのが当然と思っていらっしゃる方はいいですが、見落としちゃうと大変ですよ。

耳の中を見もしなかった私たちが悪いけれど、施設の方も、
もっと早く教えてくれてもいいんじゃない?
耳掃除はご家族でお願いしますと言われていたら有難かったけど。
それとも今まで耳チェック皆無だったのかもと思うと、少し不信感が出ます。

耳の中を覗いてみて、ぞっとしました。
オリーブオイルでふやかして、ピンセットで取る?
ネットで調べたらお医者様では生理食塩水でふやかして取ってくれるみたい。
とりあえず耳鼻科の予約を取って、やっていただいた方が安心。

幸い、自宅近くの耳鼻科に電話して聞いてみたら、車椅子で入れるとのこと。
予約は当日の朝、電話の音声案内でとることができるそうなので、
今週末、帰ってきたときの土曜日に予約して、耳垢を取っていただくことにしました。

私たちがたまたまうっかり者過ぎるのかもしれませんが、
施設を変わる際、案外、耳掃除の有無って、盲点かも?と思いました。
義母さんの前の施設も、伯母の有料老人ホームも、耳チェックしてくれていたので、
今まで気にしたことがなかったのです。
耳垢栓塞といって、耳垢が大量に詰まって耳の穴を小さくしたり塞いでしまう症状があるそうで、
聞こえにくくなるほか、耳鳴りやのどや胃の不快感、吐き気を起こす人もいるらしいです。
義母さんは耳垢栓塞にあたると思われます。

健康な人で、幼児や高齢者でない場合で、乾性耳垢の人は、
耳掃除はほとんど必要がないそうで、やり過ぎの害の方が大きいらしいのですが、
義母さんのように、乾性耳垢でも高齢者は、2~3か月に1度の耳掃除が必要と、
ネット情報で知りましたが・・・1年9か月、いや、その前に1か月入院してますから、
少なくとも1年10ヵ月、耳掃除無しで来ちゃいました。

そのせいで聴力が落ちたかもと思うと、可哀想です。
でも、何事でもそうですが、「あの時こうしていれば」というセリフは何の役にもたちません。
その時の自分にはそういう気付きがなかったのだからどうしようもなかったのです。

とりあえず、現在の義母さんは難聴というほど、耳の聞こえは悪くありません。
それはとても大きな救いで、ありがたいと思います。


                         
                                  
        

昨日は友人と夜の温泉

category - 日記
2018/ 05/ 11
                 
昨日は友人からメールがありました。
急だけど、仕事が終わってから、温泉に行きませんか?というお誘い。
ありがたくオッケーの返信をしました。
この友人とはたまに、夜の温泉に出かけます。

彼女の仕事が終わり、夕食が済むのは夜の9時くらいです。
支度が出来たら我が家までお迎えに来てくれます。
温泉で体を癒しながらおしゃべりする時間が大好きです。

私も友人も、ちょっと大雑把な性格です。
「私たちが神経質だったら、ノイローゼとか鬱とか、大変なことになってたかもね?
私たちの運命にちょうどいい大雑把さを、神様からもらってきたんだよね。」
こんなこと言って、大雑把さを正当化しております。(笑)

いつも夫と行く日帰り温泉は、人工温泉ですが、施設がきれいでリラックスしやすい場所で、
この友人と出かけるのは、そこそこ古いけれど、お湯のいい天然温泉の場所。
夫と行く場所は、疲れた時にうたた寝する場所としては最高ですが、
お湯に浸かるという面では、やはりお湯のいい天然温泉が最高です。
ここは夜の11時半に蛍の光が流れますので、そこでお風呂から出ます。

温泉の近くには24時間営業の西友があります。
食材を買うのに、いつも行かないお店って、商品のラインナップが違うから楽しいです。

平凡な田舎のおばちゃんの私たちの人生も、それなりに波乱万丈で悲喜こもごも。
今日も生かされていることに感謝して、猫のおでこにキスして(爆)
自転車こいで、仕事に行ってきま~す。
                         
                                  
        

残酷な事件

category - 日記
2018/ 05/ 09
                 
新潟で殺されてしまった女の子のニュースをテレビで見ました。
7歳、小学校2年生の女の子が、首を絞められた後に、線路上に置かれ、
列車に轢かれて、死亡が確認されたそうです。

帰ってこない娘さんを心配して学校に問い合わせたお母様にとって、
最悪の結末になってしまいました。

こういう残虐な事件のニュースはなくなりませんね。
ご両親の苦しみ、嘆きはどれほどのものかと胸が痛みます。

                         
                                  
        

義母さん、今日のご機嫌は普通でした

category - 日記
2018/ 05/ 06
                 
先週、被害者モードになっていた義母さんですが、
今日は、御機嫌ではないものの、普通で、安心しました。

幸せか不幸かは、自分が決めることなので、義母さん自身が不幸だと思えば不幸。
逆に、不幸ですねぇと言われても、自分が幸せだと思えば幸せなんだと思います。

立てなくなった87歳の身体で生きていくのは、私の想像以上にストレスが大きいのでしょうが、
一昔前なら、介護保険などなくて、老人病院で寝たきりだったに違いないと思うと、
幸せの種はいろいろ探せるんじゃないかと、そちらに期待しています。
人の振り見て我が振り直せ。
私は今自分に与えられた幸せに、ちゃんと向き合って感謝できているかな?

義母さんの施設から帰って、元気に仕事に行きました。
家族も元気ですし、2匹の猫も元気。
私は幸せ。




                         
                                  
        

私の心はまだ半分、長野に漂っているのかも

category - 日記
2018/ 05/ 03
                 
旅行から帰ってきて、特に心に残っているのは、泊った宿の温泉と、
夜の散策時に見た、いくつもの、廃業して放置された温泉旅館の建物です。

採算が合わない、後継者がいない、そうなると壊すこともお金がかかるので、
そのまま放置されて荒れていってしまう。
日本中にたくさんこういう光景があるのだろうと思って歩いていましたが、
風情ある素敵な温泉街の佇まいよりも、放置旅館の方が、後から心に残るなんてね。
いえ、素敵な佇まいだったからこそ、惜しい気持ちが強く湧いたのかもしれません。
営業していらっしゃる旅館はきっと、後継者が熱意をもって、
今の時代に合った経営をと頑張っていらっしゃることでしょう。

長野オリンピックで湧いた土地で、スノーモンキーは世界的に有名になりました。
地獄谷野猿公苑はこの近くなんです。

湯量の豊富ないで湯の郷。
これからも盛り上げて行ってほしいと思いました。

私は、子供がみてくれるとはいえ猫を飼っているし、まだまだ働かないといけないしで、
いつも駆け足の旅行ばかりしているので、こういうひなびた温泉でぼ~っと過ごすのに憧れます。
でも多分、そうなったらぼ~っとはしていないだろう性格で・・・ないものねだりですね。(笑)

小布施の北斎館もとてもよかった・・・。

70歳までに描いたものは取るに足らぬものばかりだと本人が語っていたそうです。
90歳ともなると奥義を極め、100歳に至っては、神妙の域に達するであろうかと語り、
言葉通り、80代の作品も、少しも衰えを感じさせないばかりか、美しく力強く、
進化を遂げていく天才画家の面目躍如です。
どんどん新境地を切り開いていく北斎は天才中の天才だと思いました。
北斎は数え年90歳で亡くなりましたが、絶筆と言われた、富士山の上の空に登る龍の絵、
展示されていましたが、気力体力の衰えも感じさせず、素晴らしかったです。

最期の言葉は、もうあと5年長生きできたら、本当の画工になることができたものを、
という意味の言葉だったそうです。
常にもっと上を目指して描き続けた天才画家だったのですね。

私は特に成し遂げたいこともなく、寿命まで生きていればそれでいいと感じています。
画家としてのもっと高みを目指せなくなったのが残念だった北斎さん
(隣のおじさんみたいに呼んででごめん)に、
私の5年を分けてあげられるものなら分けてあげたかったかも。
う~ん、でもやはり、北斎さんには、90歳がちょうどいい寿命だったのだと思い直しました。
人間は万能ではないのだから、もっと高みを目指したかったと感じて亡くなるのは、
幸せな亡くなり方だったことでしょう。

昨日旅行から帰ってきて、普段の日常生活に戻っているのですが、
私の心はまだ半分、長野に漂っているのかも。
13時から仕事開始なので、そうなればすぐ戻るでしょうけどね。(笑)


                         
                                  
        

湯田中温泉1泊旅行 2日目

category - 日記
2018/ 05/ 02
                 
長野と言えばリンゴ畑。
そこかしこにリンゴ畑がありました。
リンゴの花は可憐です。






ホテル豊生さんのバスで、小布施に向かいました。
小布施に行ったら、北斎館に行きたいと思っていました。



ツアーなので自由時間は決まっていまして、一時間でした。
北斎館をしっかり見る時間はありました。
浮世絵はよく美術館でも見るのですが、晩年の天井画が見られてよかったです。



北斎館を出て、少し散策する時間はありました。
きれいな牡丹の花があったので写しました。



小布施と言えば栗ですよね。
栗のソフトクリームを買いました。




塩尻駅に着いて解散しましたが、電車発車まで1時間ありました。
駅近くのお蕎麦屋さんへ向かったら、水曜定休でお休みでした。
駅の横にあったお店に入ったら、薬膳粥が3種類もある不思議なお店でした。
ちょうどアレルギーなのか、喉の調子が悪かったので、私は、喉に聞くという銀耳粥を注文。




大すすめ蜂唐揚げというメニューにかなり反応してしまいましたが、
食べられる自信がなくオーダーは見送ってしまいました。
鹿唐揚げとか、いのしし唐揚げなどはよそで見かけたことがあるのですが、
すずめ蜂は初めて見ました。



これは銀耳粥。思ったより食べやすくて、身体が内側から温まる感じ。

この後、JR特急電車で名古屋に向かい、名古屋からは名鉄特急で最寄り駅に帰りました。

温泉は堪能できたし、夜の渋温泉そぞろ歩きも楽しかったし、北斎館にも行けたし、
なかなかいい2日間でした。
こんなに下調べしないで出かけた旅行は初めてかも。(笑)

明日から仕事です。
最後までお読みいただいてありがとうございました。
                         
                                  
        

湯田中温泉1泊旅行 1日目

category - 日記
2018/ 05/ 02
                 
名古屋発12時のJR特急で長野県の温泉に出掛けるプランを申し込んでありました。
駅で旅行会社の方からチケットを受け取ります。

チケットを受け取る際の説明で、降りる駅から宿までは1時間半かかると知りました。
送迎バスが来るのは知っていましたが、時間の問い合わせもせず、
自分で調べもせず、そんなにかからないんじゃない~?なんて思ってたアホな私でした。

送迎バスは、宿のバスでした。
私は勝手に旅行会社のバスが来ると思っていたんです。
1時間半の送迎を日常的にこなしているなんて、大変な企業努力だと思いました。

このツアー、すごく安かったんです。GW平日価格で1人16500円。
交通費+2食付きの宿泊+駅までの送迎+観光少々でそのお値段。
夫には苦情を言われる前に、間際になって探したからツアーの選択肢がなかったこと、
とにかく宿にも食事にも期待しないで欲しいと言ってありました。



安くして、ホテルへの送迎も観光地への案内もして、生き残っていく。
企業努力を感じました。



そしてこのホテルの温泉は、なかなかよかったのでありました。
源泉が74度と高温なため、源泉かけ流しの温泉はかなり熱かったのですが、
ホテルのスタッフさんが湯もみして下さり、水で温度を下げて下さり、
入っているうちに、熱めではありますが、なかなかの適温になりました。
お湯はなかなかいい感じで、私は出たり入ったりして、温泉を堪能しました。

温度調整して下さるスタッフさんに、湯めぐりについて聞いてみると、
出来ないことはないのですが、GWは湯めぐりNGの宿も多く、
OKの宿でも、その時宿泊客が多ければ、せっかく行っても断られてしまうとのことで、
そりゃそうよね、とすんなり諦めました。
ホテルの温泉は、内湯と露天で源泉が違う温泉で、十分楽しめましたし。

夕食ですが、前にも書いたように、交通費+2食付きの宿泊+駅までの送迎+観光少々で
16500円ですから、今回の旅行は最初から、グルメは諦めておりました。
特に残念ではなく、夫の尿酸値が上がらないで済むわ~くらいに思っていました。

食後は運動を兼ねて25分歩いて、渋温泉の温泉街に行きました。
ここには千と千尋の神隠しのモデルとなったと言われる、
金具屋さんという旅館があって、ライトアップされていてきれいだということでした。

渋温泉はなかなか風情のある温泉街で、夕食後の散策にはぴったりでした。



GWなのに、ほとんど人が歩いていない~。
でも、多少はいるのよ。ちょうどいい感じ。



 温泉街ですが、ところどころに廃業したと思われる真っ暗で荒れた建物がありました。
(ここには写っていません)



射的のお店も2軒ほど見かけましたが、誰も入っていませんでした。



丸いポストが似合う景色です。



これがお目当ての旅館、金具屋さんです。
この建物を目当てに集まった人が10人ほどいました。



雰囲気があって素敵でした。


宿に帰って、また温泉に入って、部屋でだらだらと過ごしました。
そう、私はこれがしたかったんだもん。
本当は3日くらいそんな生活がしたい感じなのですが、そうなったら飽きるかな?


                         
                                  
        

お休みなさい

category - 日記
2018/ 05/ 01
                 



夕食後、隣の渋温泉まで歩いて行きました。
画像は、金具屋さんという旅館のライトアップです。
宿泊先のホテルから歩いて25分。
渋温泉の温泉街は風情があって、歩くのも楽しかったです。

泊まった宿の温泉がとても気に入りました。
こんなにいいお湯なのに、GWでも空いています。
明日は天気がくずれそうでちょっと残念。
                         
                                  
        

今日は湯田中温泉(長野)に1泊

category - 日記
2018/ 05/ 01
                 
本当は富山に一泊のツアーに参加予定でしたが、「GWだけどそれほど混まないようなところで」と
プランを選んだのが裏目に出まして、人数が集まらないので催行中止になりました。

催行中止のお知らせをいただいてから探したので、よさそうなプランは満員御礼。
12時の電車で長野の温泉地に向かい、翌日、一か所だけ寄り道して、
14時の電車に乗って帰ってくるというまったりプランが予約出来ました。
特急電車で名古屋駅から2時間。

自分で電車のチケットと宿を予約する手間をかければ、もっと長い時間滞在できるような時間の
電車に乗ることが出来たかもしれませんけど、ぽちっとするだけで完了の手軽さを選択。
義母さんの一時帰宅や大舅さんの五十回忌、伯母の家の片づけ、その合間には仕事で、
いろいろ忙しかったので、ぽちっとするだけで手配できちゃうのは本当に有難いです。
家をゆっくり出ればいいので、朝ドラも普通に見て、普通の家事はこなして、
今もまだ、家でコーヒー飲んでまったりしています。

GW中ですが平日ですし、湯田中温泉は、多分それほど混まない気がします。
近くの観光地は、地獄谷野猿公苑くらいしか思いつきません。
そこでも別に徒歩圏内というわけでもないし。

2日目に寄る小布施は、混むかなと思いますが、
あとはただ、温泉に浸かってぼ~っとしてくる事になると思います。
私の身も心も、疲れたから休みたい~と言ってます。
その声をきいてあげなくちゃねぇ。