FC2ブログ
2018/03/14

2018年03月14日

        

こゆきの散歩

category - 日記
2018/ 03/ 14
                 
実はこゆきは、日曜日に木登りを経験しました。

リードだけだと短いので、長いロープを結び付けて散歩していました。



こんな風に散歩しているのは平和なひととき。



日曜日、リードをつけたまま走って木に登ったこゆきに私はびっくりしました。
どうしよう?!と焦りました。
リードが絡まったら?降りられなくなったら?
私は登って助けには行けません。

こゆきはどんどん高いところに登ってしまいます。
ナナちゃんが来てくれましたが、降り方を教えてあげて~という私の声には応えてくれず・・・
見守ること1時間。(涙)

足が痛くて、痛風だとは思わないので休日診療の外科に行った夫が帰ってきました。
夫に言われて、とりあえず慌てて脚立を持ってきました。
近くに来た時、なんとか夫がリードを外してくれました。



                      右上にこゆきがいるの、わかりますか?

こゆきはまだ子猫で軽いので、どんどん上に登って行けちゃうのですが、
上の枝は細くて、折れたら大変なことに。

エサ入れを持ってきて、下の方で見せて降りるように誘いますが、
降りるのは怖いみたいで、途中まで下りてもまた登ってしまいます。

でも何とか脚立の届くところまで下りてきたので、確保して家に連れ帰りました。

懲りてくれたらいいけど、と思っていましたが、
こゆきにはこの冒険がとても楽しかったようです。(涙)

今日も、ものすごく外に出たがりまして、リードをつけて散歩に出ました。
最初は、一番最初の画像のように、のんびりお散歩を楽しんでいたのですが、
また柿の木の方に走っていくので、覚悟を決めて、リードを外して、
柿の木に登らせました。

やはり、前回と同じく、こゆきは降りるのが怖いみたいです。
怖いもの知らずの性格なんですが、以前高いところから落ちらことがあったのかな?
自宅でも、屋根裏に登ってたりしたのですが、降りたいときは鳴いて私を呼びました。

木から降りるのが上手になってきたら、さっと逃げだしちゃうかもしれません。
よそのお宅に迷惑をかけることをする確率が、ナナよりも高そうなのと、
注意深い性格ではないので危険が大きいことを思うと、逃がすのは怖いです。

でも、こゆきは、すごいおてんば猫。活発な子です。
先住猫のナナちゃんが、自由に家を出入りしているのを見ていて、
自分は窓から外で遊ぶナナちゃんを見たりしています。

出たい出たいとねだる気持ちもわかります。
万一帰ってこなかったら、どんなに心配になるかも想像がつきます。
よそのお宅に迷惑を掛けそうだというのも、かなり気になります。
飼い主の心は揺れに揺れるのでありました。



疲れて寝ちゃったこゆき。
あなたが家に来て、5月で1年ですね。
掌に載る大きさで、生後3週間とか言われて。
哺乳瓶でミルクが飲めなくて、スポイドを使って飲ませていた小さかったこゆきちゃん。
元気に育ってくれてありがとう。
このまま元気に成長してほしいのだけど。

            
スポンサーサイト