FC2ブログ

2018年02月11日

        

自衛隊ヘリが墜落した件で父親のコメントに非難投稿があふれたんだって

category - 日記
2018/ 02/ 11
                 
佐賀県神埼(かんざき)市での自衛隊ヘリ墜落事故で、家を失った住人が
ネット上で罵声を浴びている。沖縄で相次ぐ米軍ヘリの不時着や部品落下の事故では
「それで何人死んだんだ!」と国会でやじが飛んだ。
基地のそばで不安を抱え生きる人びとへの想像力が、失われかけていないか。
【福永方人、和田浩幸】

自衛隊ヘリが墜落した際、家に一人でいた女児(11)は軽傷で奇跡的に難を逃れた。
翌日、父の「許せないですよね」というコメントが新聞で報じられると、
ツイッター上に非難の投稿があふれた。

 <何様? 墜落して亡くなった隊員の事考えねーのかよ>

 <わざと落ちた訳じゃないし、許せないの意味が分からん>

 <死ななかっただけいいじゃないか>

記事を途中まで引用しました。

ヤジの件は論外です。
巻き添えで死ぬ可能性は充分ある事故が多発したとしても、
結果として死んだ時だけは問題で、死ななければ問題ないのか?という話です。
こういうヤジを飛ばすような政治家に多額の税金を払っているのは苦々しいです。

しかし、私が反応したのは、何様?とか意味が分からんという非難でした。
私はワイドショーなどはほとんど見ないのですが、ツイッターに限らず、
とにかく相手を非難する人が多いことに閉口しています。
と書けば、この言葉も人を非難する人に対する非難なわけですが、
人はみんな完全じゃないよ、瞬時に、あらゆる立場に自分を置いて思考できる、
誰一人も傷つけない発言のできる人なんていないよ、と思ってしまいます。

 <何様? 墜落して亡くなった隊員の事考えねーのかよ>

最近流行りの芸能人の浮気バッシングだって、私には異常に思えますが、
この方は、家に突然、自衛隊ヘリが落ちてきて、
たくさんの物を失って、途方にくれている被害者さんです。
自分だってそんな目にあったら、どんなに動揺するだろうかと、
共感のある視点を持ってもいいんじゃないか?
それがない社会は、あまりにも生きにくいのではないか、と感じました。

亡くなった隊員の方のことを真っ先に思い浮かべ、お悔やみの声が出るのは理想です。
それができなかった被害者というだけで、非難の声を上げるなんてやめようよ。

 <わざと落ちた訳じゃないし、許せないの意味が分からん>

自分の家の上に自衛隊のヘリが落ちてきて、家にいた娘がものすごく怖い思いをした。
今まで暮してきた家も燃えて、その日からそこでは暮らせなくなった。
命は助かったが、大事にしてきたものも、なくなったら困るものもなくなった。
事故の翌日、そういう状態で頭がいっぱいの時に、心境を聞かれたら、
誰だって、もしかしたら、許せないですよね、とつぶやくかもしれません。

わざと落ちたわけじゃないのはもちろんで、その方たちだって死にたくなかったし、
死の間際に、出来たら住宅に落ちてくれるな!と強く願ったかもしれません。
でも、基地がそばにあるということは、こういうことが起きる可能性が常にあるわけで、
いつヘリが落ちてくるかわからない恐怖を抱えながら暮らす気持ちは、
そんなの他人事~という人の想像を絶することかもしれません。

 <死ななかっただけいいじゃないか>

もちろん、最悪の事態は、家にみんないて全員死亡というシナリオです。
この事故では、家の方は全員無事で、娘さんが軽いけがをしただけで済みました。
死ななかっただけいいじゃないか、と感じるのが悪いとまでは言いません。
そう感じるけど、こんなことが起きて気が動転しちゃうよね、くらいに思えれば、
もっと別の言い方ができるでしょう。


コイツの言うことはおかしい、自分は正しい、それを主張しよう。
そんな人が、本当に、いっぱいいるとは思いたくありませんが、そうなのかな。

考えること、意見を持つことは大事です。
なるべくいろんな視点から物を見られる方がいいです。
大きな声で罵ったものが勝ち、みたいな風潮はどうしたら減るのかな。

私たちは、この世で、同じ時代を生きている、
ある意味、チームメートなのにね。

さて、今日から出勤です。
そろそろ行ってきます。




            
スポンサーサイト