FC2ブログ

2017年12月19日

        

シミの付いた服

category - 日記
2017/ 12/ 19
                 
お店のレジをするようになって知ったことはいくつもあるけれど、
「食べこぼしジミのついた服を着ている人が思ったより多い」のもその一つ。

小さな子供とか、その親ごさん、かなり高齢な方などは、
不可抗力的にそういうこともあるとは思っていましたが、
私と同年代~やや上くらいの年代(アラカン)でも、時折見かけるのには驚きました。

まれに同年代の女性の方もおられます。
セーターにシミがついているのが見える時などは、
(セーターにシミがありますよ~、上着のボタン閉めれば見えませんよ~。)と
心の声で教えて差し上げたくなります。
もちろんそんな余計なこと言いませんが。

でもまあ、数から言えばそれは少なく、高齢者の男性に多いです。
職場の上の階にお食事処があるので、たった今ついちゃいましたという方もおいででしょうが、
そんなの気にしないという雰囲気の方も。

男性の1人暮らしだったりすると、洗濯機に入れて干して乾けばそれでよし!と
シミのチェックなど全くしない方もいるのかもしれません。
主婦だと洗う前にチェックしますものね。

シミに気がついても、洗濯機で落ちなかったか、という解釈で、
どうやったらこのシミは落ちるのかな?という方に思考が向かわず、
洗ってあるから清潔、捨てるのはもったいない、という思考になるのでしょうか。

誰にも迷惑かけるわけではないのだけれど、シミの付いた服を着ているよりも、
いつもこざっぱりした格好のおじいさんの方が信用されそう。
もちろんそんな思いは、余計なお世話に違いないです。

おじいさんだけじゃないです。おばあさんでもシミの服のお客様はおいでです。
気も使わない、目も悪い、シミを落とす努力も面倒、そんな風になる時期が、
私自身にも来るのだろうな、

もうすでに、注意力が落ちて、何かに気を取られていると何かを忘れるとか、
そんな事はしょっちゅうあって、将来が怖かったりしております。

今朝は夫の上着のコーヒーのシミを落としました。
夫と私は同年です。
ホント、他人事じゃないの。
シミが付いた服を着ているお客様を見ると、明日は我が身と思う一瞬が。(爆)





            
スポンサーサイト