FC2ブログ

2017年12月13日

        

今日はおばあさんを連れて病院へ

category - 日記
2017/ 12/ 13
                 
今日はおばあさんの検査の日、異常なしでした。

昨年の7月、結核性胸膜炎で入院、治療、今年の4月に治療終了。
普通の病気ならそれでおわりですが、結核菌による病気なので、
国の管理下のもと、治癒後の再発がないかレントゲン検査してくださいと、
保健所から連絡が入りました。

病院への予約は保健所がしてくださり、検査結果も病院が保健所に送付、
私はおばあさんを連れて検査に行くだけで済みました。

車を病院の玄関横づけにして、おばあさんを車椅子に乗せ、病院内に連れて行きます。
玄関には常に警備の方がおいでなので安心。
多少呆けつつあるとはいえ、「ここで待っていてね。駐車場に車を止めてから
迎えに来るからね」という言葉はきちんと理解して待っていてくれるので、
私一人でも病院に連れていくことができます。
本当は夫の車で私も行って、私がおばあさんを連れて行き、夫は車を駐車場にという
分業体制が一番安心ですけど、今のところは私一人でも大丈夫。
ある日車を置いて来たら、おばあさんが一人でどこかに行ってしまっていて・・・
などということが起きないとは限らないので、安心し過ぎないのも大事ですけど。

今回のレントゲン技師さんは、おばあさんを立たせて撮影した方がいいとの判断で、
技師さんと私でおばあさんを支えて、立たせての撮影に成功しました。
おばあさんは疲れるのでいやがっていましたが、2人で、脇を支え、
お尻の下に手を入れて、体重を支えて、レントゲン撮影。
座って撮るのとどう違うんだか、素人の私にはわかりませんけど、
技師さんはとても親切でテキパキした方でした。

レントゲンを写してから診察で呼ばれるまで1時間ほど。
お医者様が「レントゲン検査で結核菌の有無はわかるわけじゃないんですよね」とおっしゃるので、
それは確かにそうだろうと思いつつ、返答に困りました。
そんなこと言われても~と思いつつ「そうなんですか」とマヌケな答え。

「レントゲンを見る限り、肺に水はたまっていません。微熱も息苦しさという自覚症状もない。
問題ないでしょう。だいたい、レントゲンに異常が出るより先に、自覚症状が出ますね。」
またもや、お医者様は、そんなこと言われても~というようなことをおっしゃる。
結核菌撲滅のための経費なんでしょう、検査代も診察代もすべて税金です。
自覚症状があっても病院に行かない人のための対策なんでしょうか。

通常の診察室ではなくて、人間ドッグなどを行う健診センターでの診察待ちだったので、
待っている人も少なくて、疲れもやや少なかった気がします。

ふだんお昼寝なんてしないのですが、おばあちゃんを施設に送り届け、
遅めのランチを施設近くのラーメン屋さんで済ませ、買い物して帰宅しました。
このラーメン屋さんは丸源というチェーン店で、とても店員さんが感じよくて、
女性一人でも入りやすいので、助かってます。
白ごま担々麵とニンニク抜きの餃子のセットにしました。
ニンニク入りの方が美味しいけど、明日仕事だし、と思って。

この丸源ラーメンの横は、豆蔵というお豆腐屋さんの小売店があります。
そこで食材のお買物をして帰りました。

ナナちゃんは、私が帰ると、熱心に散歩をねだったので外に出しました。
睡魔に襲われて、小雪ちゃんとお昼寝しました。
毎晩、ナナちゃんを抱っこして寝るんだけど、小雪ちゃんもゴロゴロ鳴いて可愛い。
1時間もお昼寝してしまいました。

おばあちゃんも施設でぐっすり昼寝しちゃったのでは~?
            
スポンサーサイト