FC2ブログ

2017年10月21日

        

老人ホーム(特養)を見学してきました

category - 日記
2017/ 10/ 21
                 
シュウトメちゃんは今の施設に慣れてきたし、よく対応してくださる施設だし、
できたらずっと今の施設にお世話になりたいと思っています。
今のところ、それは問題ないと思います。

ただ、昨日、ケアマネさんから、老人ホームを今すぐでなくても視野にとの電話がありました。
いろいろ事情がありまして、なるほどと思いましたので、
さっそく今日、ご推薦の老人ホームの見学に行きました。
有料老人ホームではなく、特養です。

シュウトメちゃんは、他にすでに一つ、特養の老人ホームの予約がしてあります。
でもそこには個室がありません。
今までの過程で、シュウトメちゃんは個室でないと不満が爆発するとわかっています。
個室があって、シュウトメちゃんの年金に、私たちがプラスするお金が、
そんなに多くない老人ホームを探しておくのは必要でしょう。

結論から言うと、現実を見せつけられた感じ。
新しくてきれいな施設で、部屋も広く、窓も大きくて明るいです。
10部屋が1セットの作りになっていて、スタッフさんはその1セットに1人。

最初に説明を聞いたとき、1人では立てないので、トイレの補助に2人必要だけれど、
オムツでなくトイレでの排泄は可能ですかと質問し、夜間でなければ可能という
お返事をお聞きしましたが、これは現実的には、ほぼ不可能だとわかりました。

今の施設で、オムツにして下さいと言われた後の、シュウトメちゃんの状態を思い出し、
もしも今の状態でこの老人ホームに入ったら、どうなるんだろう?と思いました。

同じように10分おきにナースコールを鳴らし、
トイレに行きたいトイレに行きたいと言い続けたら。
混乱し、目が据わっていたシュウトメちゃん。
あの体験をシュウトメちゃんに再びさせるのも、
1セット1人しかいないスタッフさんを困らせるのも、
やってはいけないことだ、避けないといけない、と後でオットと話しました。

スタッフさんもきついだろうな。
10人を1人で見るより、20人を2人で見たほうが、
まだ楽な気がするけどどうなんでしょうか。

伯母の暮していた有料老人ホームとは居住費が月6万円ほど違います。
入所時の一時金も特養の老人ホームは不要みたいです。
その違いがスタッフさんの数にダイレクトに響くのは当たり前ですね。
でも、その安い特養でも、私たちが資金補助しないと入れないのでした。
シュウトメちゃんは全然貯金がなかったし、年金も少ないのでした。
結婚以来、生活費を全くもらわずに養ってきたので、それなりの老後貯金はあると思っていた
私がとても甘かったのです。

有料老人ホームは、特養よりスタッフさんが多いと思います。
トイレ問題もクリアできるでしょう。
おまけに、ホームからデイサービスにだって通えます。
(特養からでは通えません)
でも、毎月の高額の補助は、私たちには苦しいです。
自分たちの老後に、子供の補助がなくて済むように、貯金しておきたいですし。

今の施設になるべく長く置いていただけると、本当に有難いです。
老人ホームを見学して、改めて、今の環境のありがたさが身に沁みました。

今の施設にお世話になることができていて、大感謝です。
シュウトメちゃんはすぐ文句を言うけれど、現実がわかっていないからですよ・・・
今のありがたい状況は、当たり前じゃないんだと身にしみて感じました。

            
スポンサーサイト